日本文化に対する外国人の反応を翻訳してお届けしています。超訳で世界と繋がろう!

超訳コネクト
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/
海外反応系ブログ 最新記事



山下達郎を愛する海外の人々はYoutubeのコメ欄にどんなことを書き込んでいるか?【海外の反応】

2020/08/21 15:55|日本文化TB:0CM:67

200821_01.jpg


 今回は山下達郎「Magic Ways」の海外反応を翻訳しました。



 竹内まりや、山下達郎、角松敏生といった80年代を中心に活躍されたミュージシャンの音楽「シティポップ」がここ数年、海外でも人気を博しているのは、海外の反応系サイトをご覧になる皆様ならよくご存知のことでしょう。
 
 今回はその中からYoutubeにアップされた山下達郎「Magic Ways」(1984年のアルバム「Big Wave」収録)のコメント欄を翻訳してみました。再生回数589万回、コメント数2,094件(2020年8月21日現在)と、かなりの人気動画になっています。今回、久しぶりに山下達郎の曲をいくつか聴いてみましたが、全体の完成度の高さはもちろん、極力無駄を排した作りに改めて驚かされました。海外では山下達郎の音楽のどんなところが好まれているのか、どうかコメントを読んでお確かめ下さい。なお、各コメント後のカッコ内の数字はそのコメントに対する高評価の数です。

 
↓では、翻訳をどうぞ。

翻訳元: Youtube







僕は今までこの曲を知らなかったのに、不思議と甘美な懐かしさを感じるんだよね。まるでずっと前からこの曲を知っていたかのようだ。本当に魅力的な曲だと思う。この曲がリリースされた時、僕はこの世に存在していなかったのに、この曲は僕の中に存在しているように感じられるんだから。(+3)

クリスマスソングみたいだね。ただし夢の中を歌っているような感じだな。(+299)

真剣に恋愛している時のような気持ちになる曲ですね。心から幸せでありながら、どこかソワソワと落ち着かなくなる感じが似ています。(+3)

なんとも…説明し難い気持ちにさせてくれる曲だ…。ただ、本当に素晴らしいね。(+4)

この曲はボーイフレンドに教えてもらいました。聴くたびに気持ちが温かくなって、自然と笑顔になれます。こんな家を出ていって彼の元に行けたら、そして永遠に抱き合っていられたらなあ…。(+1)

この曲は1984年、世界でNo.1になるべきだった!(+64)

↑そのとおり!アメリカでもヒットしていたはずだが、残念ながら当時は誰にも知られてなかったからねえ。当然、ビルボードのチャートに顔を出すこともなかったんだよな。こんなにキャッチーかつソウルフルな曲なのにね。(+11)

日本のシティポップには、どうしてこれほどの力があるんだろう?達郎は素晴らしい!それはわかる。でも、なぜか?と聞かれるとそれはわからない。誰か教えてくれ!あと、達郎も絶対的に優れたアーティストだけれど、小田和正も良いよ。彼の「ラブストーリーは突然に」を強くおすすめしたいね。

↑僕が個人的にこの曲を好きな理由なら、楽器の使い方が素晴らしいこと、そして歌詞だね。シティポップ全体に関しては、穏やかな曲が多いこと、そして歌詞にちゃんとした意味があるのがこのジャンルを好きな理由ということになるだろうな。

達郎のボーカルには僕らをひざまずかせる力があるよ。まったく、なんという歌声なんだろう。

この曲を懐かしく感じるのは、達郎がビーチボーイズのような1960年代ウェストコーストの曲に強い影響を受けているからかもしれない。(+2)

恋愛したい気持ちになれる曲だ。(+1)

誰かに恋したくなるというよりは、この曲に恋しそうだよ。(+837)

美しい曲だ…。80年代はとても美しい時代だったんだね。この時代に生まれてみたかったよ。(+109)

↑みんな80年代を実際の姿より良かったように言っているだけだ。僕を信じろ。(+15)

彼の曲は決して古臭く感じないね。(+67)

オールドだがゴールドってところかな。(+1)

ジョージ・マイケルの曲かなと思ったよ。(+383)

↑本当にそうだよね!(+22)

ふと、この曲は英語で歌われてるんだということに気づいた。(+6025)

↑Engrishだけどね。(+168)

↑彼の英語はかなり良いよ、だからEngrishじゃない。(+432)

↑ああ、日本語の訛りがまるでないね。

↑2つのケースを混同しちゃダメだ。1つ目のケースは日本人が英語で歌う場合、これは本当の英語で歌ってるという意味だ。達郎や細美武士などがこのタイプだけど、アニメでもちゃんとした英語で歌う人はいる。彼らは日本人だけど、ちゃんとした英語の発音で歌っているよ。もう一つのケースがEngrishだね。クールに聞こえるからという理由で英語の歌詞を歌う日本人がいるんだけど、訛りがキツすぎて、何を歌っているかほぼ理解不能だ。大半のアニメソングもそんな感じで、うまく歌う人もいるけど大半はEngrishで、歌詞を読まなければ何を歌ってるのか分からない。この歌の場合は最初のケースだね。達郎の発音はかなり上手だよ。

明らかな訛りが見当たらないのは驚きだ。

ワオオオ!当時の日本人は今の世代より上手く英語を話せたんだねえ。(+1)

シンガーの名前を見るまで、80年代アメリカンポップの歌手かなと思ってたよ。(+5)

僕は黒人歌手かと思ってた。(+31)

ところで、達郎は竹内まりやの夫なんだぜ。これは1982年、彼らが結婚したときの写真だ。(+9555)


200821_02.jpg


↑ワオ。本当に?(+477)

↑達郎はまりやのプラスティック・ラブまでカバーしたことがあるんだよ。まさに世紀のカップルだな。(+843)

↑パーフェクトなカップルだ。(+114)

↑今、僕は満面の笑みを浮かべてるよ。最高に素晴らしいことだね。(+4)

↑素晴らしいね。でも、プラスティック・ラブは達郎のことを歌った曲だとは言わないでくれよ?

↑本当に才能に恵まれた夫婦だよなあ。(+3)

↑まりやと達郎は世界が必要としているカップルだ…。(+4)

この曲は彼が奥さんと出会う前に書かれたの?(+3)

↑この曲が書かれたのは1984年、彼らが一緒に暮らし始めたのは1980年だね。

↑僕が言いたかったのは、竹内まりやのようなかわいい奥さんがいれば、僕にだって最高のラブソングが書けただろうってことさ!(+175)

僕は90年生まれだけど、70年代の曲を聴いて育ったんだ。この曲もコレクションに追加したよ。この曲の場合、Likeボタン(いいねボタン)じゃなくてLoveボタンが必要だね。

前のガールフレンドを思い出すよ。彼女も魔法のような子だった…。(+2)

アジアの音楽を嫌う人たちは、自分たちが経験しそこねたのがどれほどのものかをわかってないのさ。(+6)

ありがとうインターネット。ありがとう、ありがとう。

こんな曲を僕も作ってみたいもんだよ。(+7)

↑うまくいくことを願ってる。今の世代の奴らは歌とも呼べないようなバカバカしいヒップホップばかり聴いてるんだからなあ。

この曲を聴いていつも感じるのは、この人に出会えて良かったなということですね。歌詞には私の気持ちが完璧に表現されてます。この広い世界でこんな素晴らしい人に巡り会えて本当に幸せです。不安や憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる素晴らしい曲を作ってくれた達郎を愛してます。(+8)

↑同じ気持ちだね。達郎の歌は僕を穏やかな気持ちにしてくれるし、憂鬱な気分を和らげてくれる。僕のガールフレンドもね。彼女にも感謝しているよ。(+2)

80年代の日本に生まれてみたかった。(+3)

↑僕もこの時代に生まれてこの曲をリアルに味わいたかったよ。この曲は本物だ。素晴らしすぎて泣いてしまう…。(+1)

僕は生まれるのが遅すぎたようだ…。(+3)

この曲は夏のクリスマスという感じがするね。(+8271)

↑ワオ、完璧な解説じゃないか!ここニュージーランドではクリスマスは夏だから、そのときには大音量でこの曲を流さないとね!

↑まさに正確な説明だ、驚いたよ。

↑ここブラジルでもクリスマスは夏だよ、ハハ。(+138)

↑オーストラリアでも同じだ。(+43)

↑僕は南半球(ブラジルだ)に住んでるから、毎度クリスマスは夏に迎えてるんだ。それに、この曲が夏のクリスマスっぽいってのはそのとおりだね。

↑ここはチリだ!夏のクリスマスは最高だぞ!(+21)

↑アルゼンチンでも同じだよ!夏のクリスマスとこの曲は最高のコンビネーションだ!(+20)

↑僕にも参加できそうな話題だな。ここニュージーランドでは、いつもクリスマスは家族みんなが集まってバーベキューと冷たい飲み物でお祝いするんだ。楽しい時間だね。(+2)

↑南半球へようこそ

↑クリスマスといえばスイカだよね。

80年代の日本で暮らすためだけにタイムマシンを作りたい。そして、この甘い雰囲気に浸りたい。(+20)

これはYoutubeからおすすめされた曲なんだけど、おかげで日本のポップスに引き込まれてしまったね。(+13)

↑僕の場合はプラスティック・ラブだったよ。

どうやら僕は流行りに乗り遅れてしまってたようだ。もう40年近くも気づかなかったよ。

日本もアメリカもお互いの文化や音楽に夢中なのに、双方とも自分たちの文化にはさほどの価値を感じてないように見えるのが面白いね。恐らく、隣の芝生は青いとかそういった状態なんだろうな。実際には内のものも外のものも両方が自分たちを豊かにしてくれているんだけれどね。音楽は共通言語であり、愛でもある。そして僕らはお互いの音楽を愛している。それって力強いことだよ。(+12)

この曲を同僚に聴かせたら、みんな「ああ、Wham!の曲だね。」と言うんだよなあ。

なんで、こんな素晴らしい曲があることにこれまで気づかなかったんだろう?(+3)

とっても素敵な曲だ。夏のビーチで過ごすカップルが思い浮かんでくるよ。(+5)

歌詞もいいね。彼は英語が母国語じゃない。しかも英語圏の観客に向けて書いたわけでもない。なのにうまく韻を踏んでるじゃないか。これってすごくないか?(+4)

↑まあ、達郎が書いた歌詞ではないんだけどね。

今のところ特に好きな女の子がいるわけではないんだけど、恋愛したいという気持ちにさせてくれる曲だよ。

達郎と竹内まりや。完璧なカップル。(+7)

どうしてこの曲はこんなに良いんだろう。僕はまだ14歳だけど、今のほとんどの曲よりこの曲のほうが良いよ。(+10)

良い曲なんだけど、聴いてるとすごく落ち込んで泣いてしまうんだよ。僕だけかな。(+4)

↑昔を懐かしむ気持ちでそんな風になってしまったんだろうと思うよ。

この曲は僕を笑顔にしてくる。それは認めざるを得ないね。

親友に教えてもらった曲だ。彼には感謝してるよ。僕らは音楽を交換しあってるんだけど、彼からは80年代のプレイリストを大量にもらった。彼が僕の親友である大きな理由の一つだね。(+1)

竹内まりやと山下達郎は二人ともラッキーだよね。彼らが結婚していること、そして娘さんがいることを知って、僕はとても嬉しい気持ちになった。娘さんには、あなたはとても幸せな人なんですよと伝えたい。(+2)

80年代でテクノロジーの進化が止まってくれればよかったのに。(+2)

Wham!の「ラストクリスマス」を思い出す曲だね。

これはまりやのために作った曲なの?(+1)

この歌は立ち上がって踊りだしたい気分にしてくれる、そしてただただハッピーな気持ちにしてくれるね。

達郎が音楽を発明した。彼の登場前に音楽は存在しなかった。(+533)

↑彼が音楽を発明したとまでは言わないけど、彼(と彼の愛らしい奥さん)がJ-popと日本のシティポップを発明したということなら言えるんじゃないかな。彼らはこのジャンルの神と女神だ、彼らに全能の神からの祝福があらんことを。

なんてシンガーだ!最初聴いたときは90年代のアメリカ人ポップスターが歌ってるんだろうと思ってたよ。でも日本人だったなんて!本当に良い声だし、日本人としては英語も素晴らしいね!(+8)

彼の英語はとてもクリーンだ。それに聴いていて楽しい。(+21)

もし誰かがこの動画を削除したら、俺達は暴動を起こすぞ。

少なくとも、Youtubeの「おすすめ」機能は自分の仕事をちゃんとやり遂げてくれたよ。(+1)

真の愛は80年代にしか存在しないの?(+1)

↑悲しいことだけど、そのとおりだ。

なぜかわからないけど、彼の声を聞くとジョージ・マイケルを思い出すね。

魔法のように私を元気づけてくれる曲。日本大好き。(+5)

この人の曲を聴いたのは今日が初めてだけど、彼の他の曲も含めて聴きまくってしまったよ。いや、この音楽は素晴らしいね。

この曲にはポジティブな雰囲気がギュッと凝縮されている感じだ。(+6)

経験から言わせてもらうと、恋愛中はこの曲を聴かないほうがいいね。その恋が終わってからこの曲を聴いた時、心のダメージが破滅的なレベルになってしまうから(+108)

Spotifyがこの美しい曲を消してしまった!僕は嘆いている。想像してみてくれよ。朝の通勤時、さあ大好きな曲を聴こうと思ったら、どこにもなくなってしまってるんだから!(+1)

もし達郎の音楽をまたSpotifyで聴けるようにしてほしければ、ワーナーとSpotifyに我々の希望を伝えるべきだよ。日本国外のファンからプレッシャーをかければ変化があるかもしれないからね。僕もすでに伝え終えたところだ。(+16)

この曲は私をとても幸せな気持ちにしてくれます。スキップして街に出たくなるんです!(+5)

年令を重ねるごとに良くなっていく曲だね。まるでワインのようだ。

日本の80年代はすごいね。(+4)

英語が完璧だから、誰かのカバーなのかなと思ってたよ(+2)

繰り返し聴いているうちに、ふとすべての歌詞が英語だということに気づいた。なんですぐに気づかなかったんだろう?(+3)

↑僕も気づくのに2分ほどかかったな。(+37)

こんなエピソードがある。彼が若かった時「君は歌手に向いてないのかもしれないが、外国人の客にはウケていたから諦めるな。」と言われたそうだ。彼の魅力に最初に気づいたのは日本人じゃなくて、外国人だったというわけさ。(+1)

↑でも、彼は日本でビッグな存在だぞ。

2020年は僕らにとって良い年じゃなかったね。でも、この曲に巡り会えたからハッピーだよ。(+1)

大音量でこの曲を流しながら、車に乗って友達と海沿いを旅したい。そんな気持ちになる曲だ。

3回聴いてようやくWham!の曲じゃないことに気づいたよ。(+1)

どうして英語圏の国でリリースされなかったんだろう?大ヒットしてただろうに。

僕が初めてタツの曲を知ったのは日本のドラマ「GOOD LUCK!!」を見た時で、そこではタツの「RIDE ON TIME」が使われていたんだ。その二年後、僕は職場で音楽の趣味が良い女性と知り合うことになる。ある時、僕の携帯電話から流れてきた着信音を聞いて、その彼女は驚いた顔を見せた。彼女は「山下達郎を知っている人なんてすごく珍しかったから。」と言う。でもその次は僕が驚く番だった。彼女は続けてこう言ったからだ。「私が将来結婚する時はタツの歌を結婚式で使いたいの。」でもその後、僕はタツの曲を調べてみて彼女の言葉の意味がわかった。タツは時代を超えた名曲をいくつも作っていることに気づいたからだ。彼の作品を知ることができて、僕は幸運だった。

ちょっと信じがたいほどパーフェクトな曲だよ。本当に魔法のような曲だ。(+16)

時には僕に生きる力をくれる曲だね。

とってもかわいいガールフレンドとファーストキスをしたばかりだ。とっても嬉しい気分だし、彼女にもとっても感謝している。彼女を送っていった後に聴いていたのがこの曲だ。神様って本当にいたんだな、そんなふうに思えたよ。(+1)

この曲を聴くと「自分は孤独なんだ、でも同時に希望もあるんだ。」という気持ちになれる。すごく良い曲をありがとう、山下達郎。(+3)

達郎の曲で出来が今イチなのを見つけた人っているの?僕はまだ見つけたことないよ。(+1)

涼しくて気持ちのいい朝、サンタモニカのビーチでローラースケートしているような気持ちになる曲だ。

達郎が英語で歌っている曲は他にもあるの?

↑アルバム「Big Wave」は全部英語だよ。あと「For You」も英語だったね。彼が歌うクリスマスラブソングは英語と日本語の両方を使ってたな。

「ビッグウェーブ」って、良いスタンド名になりそうじゃないかな?(+1)

アメリカ人が話すよりちゃんとした英語に聞こえるね。

僕の少年時代は90年代だが、今は自分たちより前の時代の音楽を勉強してるんだ。この曲はマジックだね。

もう一度、初めてこの歌を聴けたらなあ。(+1)

いつかこのジャンルの音楽が復活してくれることを願うよ!(+2)

日本がアメリカンポップカルチャーを愛してくれたのと同じくらい、みんなが何かを愛するべきなんだ。(+881)

↑日本文化とアメリカ文化の繋がりは深いよ。お互い深く愛し合っているんだ。(+218)


(翻訳終わり)






 なお、次回の更新は 11月27日(金曜日)です。よかったら、また見に来て下さいね。





↑ランキングに参加しました。記事を気に入って下さった方、クリックして頂けると嬉しいです!





Twitterで更新情報をお届けしています。
海外反応系ブログ 最新記事



 ■ 人気記事
5 「君の名は。」を観た海外の人々は何を感じたか? 5 「天空の城ラピュタ」を観た海外の人々は何を感じた?
5 米西海岸で「カレーハウスCoCo壱番屋」が人気店に。 ココイチにハマったアメリカ人の声を聞こう! 5 全米をヤケドさせた? 象印製水筒の保温力に驚くアメリカ人続出!
5 「火垂るの墓」を観た海外の人々は何を感じたか? 5 アメリカのシェフたちを驚愕させたメイド・イン・ジャパンの包丁「旬」。その驚くべき切れ味とは?


コメント
言われてみると、確かにワム!っぽいんだよな。
ワムのクラブ・トロピカーナなんて、山下達郎の歌と言われても
違和感ないし。
No Name #-|2020/08/21(金) 16:15 [ 編集 ]
オンザストリートコーナー123も是非聴いて欲しいな
No Name #-|2020/08/21(金) 16:16 [ 編集 ]
小田和正もシティポップ枠なのか…
No Name #-|2020/08/21(金) 16:21 [ 編集 ]
どうにも山下達郎は好きになれんかったな
あの変な日本語が耳障りでムカついてた
多分、俺だけじゃ無いと思うけどな
No Name #-|2020/08/21(金) 16:27 [ 編集 ]
カラパナっぽい。
No Name #-|2020/08/21(金) 16:29 [ 編集 ]
管理人さん、お忙しいでしょうけどこれからも頑張ってくださいね
  #-|2020/08/21(金) 16:37 [ 編集 ]
ただのミームだぞ
No Name #-|2020/08/21(金) 16:47 [ 編集 ]
翻訳したコメント数がすごいw
大変だっただろうにw
お疲れ様ですw
No Name #-|2020/08/21(金) 16:52 [ 編集 ]
山下達郎は曲も良いけど声が本当に素晴らしい
もう一つの楽器って感じ
No Name #-|2020/08/21(金) 16:52 [ 編集 ]
ジョージ・マイケルの声の方がはるかにいい声
No Name #-|2020/08/21(金) 16:54 [ 編集 ]
夏の歌なのになぜクリスマス?と思ったけど、Aメロが、「赤鼻のトナカイ」に
微妙に似てるかもw
No Name #-|2020/08/21(金) 16:58 [ 編集 ]
>80年代の日本に生まれてみたかった。(+3)

80年代に生まれても大したもん聞けないだろ
50年代に生まれてたら六本木ピットインとか狭いライブハウスでやってた頃の山下達郎を見る事が出来る
自分もその辺りに生まれたかったよ
No Name #-|2020/08/21(金) 16:58 [ 編集 ]
40年経っていても世界中から良い曲と評価されてるのは凄いね。
No Name #-|2020/08/21(金) 17:09 [ 編集 ]
初めて買ったレコードがこれだった

サーフィンのドキュメンタリー映画のサウンドトラック

誇りを持って初めて買ったレコードだと言えるのは幸せだ
No Name #-|2020/08/21(金) 17:51 [ 編集 ]
いい歌だな
もうこいゆう歌でてこないだろうな
No Name #-|2020/08/21(金) 17:51 [ 編集 ]
達郎の変質的ともいえるソングライティングへの拘りが数十年の時を超えて評価されるとはね
当時はより未来的な解釈をしたBeachBoysぐらいにし思ってなかったけど完成度は高かったな
No Name #-|2020/08/21(金) 17:54 [ 編集 ]
大瀧も達郎もフィル・スペクターの露骨なパク・・・影響受けてるからねw
No Name #-|2020/08/21(金) 18:10 [ 編集 ]
どこにでも朝鮮人は現れるんだなw
No Name #-|2020/08/21(金) 18:31 [ 編集 ]
RIBORNを聴いて泣いた。
No Name #-|2020/08/21(金) 18:48 [ 編集 ]
ポップスなんてのはベースさえ良けりゃいいんだよ
だから達郎は余裕で合格

名無し #-|2020/08/21(金) 19:01 [ 編集 ]
メリー・ゴー・ラウンドもお願いします!
昔は山下達郎ってクリスマスイブとかのヒット曲のイメージしかなかったけど、最近それ以外の曲をきいてめっちゃいいと思った。
才能と職人気質がすごい。
No Name #-|2020/08/21(金) 19:02 [ 編集 ]
音楽に尋常じゃない拘りを持った人だよね。
ラジオで佐野元春本人に直接ダメ出ししてたのには笑ったけど。
No Name #-|2020/08/21(金) 19:02 [ 編集 ]
大学浪人中に寮から歩いて1キロくらいの海水浴場で達郎の曲を友人がでっかいラジカセで鳴らしてた遠い記憶・・・、その年の年末にジョンレノンが殺されたのもラジオで聞いた・・・いまだに海外で達郎が人気で嬉しいね♪
No Name #-|2020/08/21(金) 19:47 [ 編集 ]
管理人さんLove talkinの反応もお願いします。
No Name #-|2020/08/21(金) 19:49 [ 編集 ]
外人は勝手に人の名前を略すなよ。
名前で呼ばれるだけでもムカつくのに喧嘩売ってるのかと思う。
ちゃんと姓と敬称で呼べや、何度言っても直さないのが余計ムカつく。
No Name #-|2020/08/21(金) 20:31 [ 編集 ]
シティポップが海外で流行っている中、山下達郎の名曲に対する外国の方の反応を見れて嬉しいです
アメリアだけでなくブラジルやニュージーランドの人まで聞いてくださってると知って驚きました
ありがとうございました。
No Name #-|2020/08/21(金) 21:06 [ 編集 ]
歌の中に当人たちの人生を垣間見たい欲求はわからないでもないけど、
この人たち夫婦は日常生活と創作を分けて仕事してると思う
No Name #-|2020/08/21(金) 21:19 [ 編集 ]
ワイは駅の歌い方は中森明菜ちゃんの方が好きやで。
No Name #-|2020/08/21(金) 21:39 [ 編集 ]
え、ワム?ジョージ・マイケル?そんな事考えた事も無かったわ
山下達郎は山下達郎以外の何者でもないもんなあ
No Name #-|2020/08/21(金) 21:48 [ 編集 ]
このアルバムが発売された時はちょうど高校生の時で、中学生くらいの頃から音楽を聴くようになり、WALKMANⅡとかが流行って、ヘッドホーンもインナーイヤー式が出始めたりして、小遣いやバイト代でオーディオを少しずつ揃えたりしてた時期にあたる。このアルバム「BIG WAVE!」は、ちょうどサービスが勃興し始めた頃のレンタルレコード屋で借りてカセットに録音したものだ。
そのカセットは何処かに行ってしまったが捨ててはいないはずなので探せば出てくるかも。でも流石にその当時の録音されたカセットテープは上手く再生できるのか不安だ。
このアルバムは、大学生になって車を運転する様になってからしばらくカーステレオでドライブの時に聴いていた。久々にiPhoneからこの曲を聴く事ができて、気づいたら顔がにやけていたw
懐かしく、青春の思い出が蘇る一曲。
ありがとう、YouTube!ありがとう、インターネット!そしてありがとう翻訳のスレ主!
時代を超えて、国境を超えて、世界のみんなと共感を得られました。本当にありがとう!
No Name #-|2020/08/21(金) 21:52 [ 編集 ]
このアルバムが発売された時はちょうど高校生の時で、中学生くらいの頃から音楽を聴くようになり、WALKMAN Ⅱとかが流行って、ヘッドホーンもインナーイヤー式が出始めたりして、小遣いやバイト代でオーディオを少しずつ揃えたりしてた時期にあたる。このアルバム「BIG WAVE!」は、ちょうどサービスが勃興し始めた頃のレンタルレコード屋で借りてカセットに録音したものだ。
そのカセットは何処かに行ってしまったが捨ててはいないはずなので探せば出てくるかも。でも流石にその当時の録音されたカセットテープは上手く再生できるのか不安だ。
このアルバムは、大学生になって車を運転する様になってからしばらくカーステレオでドライブの時に聴いていた。久々にiPhoneからこの曲を聴く事ができて、気づいたら顔がにやけていたw
懐かしく、青春の思い出が蘇る一曲。
ありがとう、YouTube!ありがとう、インターネット!そしてありがとう翻訳のスレ主!
時代を超えて、国境を超えて、世界のみんなと共感を得られました。本当にありがとう!
No Name #-|2020/08/21(金) 21:53 [ 編集 ]
つーか、まず、歌手、楽器奏者として高い能力があって、ギター、ベース、キーボード、ドラムを演奏して一人バンドが可能、コーラスワークも得意で一人アカペラを多用
ソングライティングもアレンジもコンポーザーもできる
音楽の様式、スタイルではなくて、こういう稀なオールラウンダーがすべてを自己管理下に置いて実現できる緻密な工芸品を思わせる高い完成度が山下達郎のオリジナリティなんよね
それは欧米圏でもそうそうない
名無しさん #-|2020/08/21(金) 22:27 [ 編集 ]
下達郎は当時海外のポップスを模範にして作ってたんだろ。
それが半世紀経って海外の方で「新しい」なんて受けるなんて皮肉なものだね
No Name #-|2020/08/21(金) 22:38 [ 編集 ]
たぶん違法アップロード?の動画で素晴らしいだの幸せだの書かれても素直に受け止められんわ
これ書いてる内の何%がちゃんと買う所まで行くんだろうな
No Name #-|2020/08/21(金) 23:22 [ 編集 ]
海外のコメント全部読んでしまった。やっぱり達郎ってすげーなぁ
竹内はあまり好きじゃないんだけど
達郎はインテリだよね。英語もうまいし、あの当時売れてた元春も大滝も大体インテリだった集合体
No Name #-|2020/08/21(金) 23:48 [ 編集 ]
面食いじゃなかった竹内は実力重視で達郎を選んで浮気もされず自分も天才の旦那にプロデュースしてもらって幸せに人生を謳歌している。やはりインテリは見た目重視のアホと違い人生の選択も最善を選ぶ。
No Name #-|2020/08/21(金) 23:57 [ 編集 ]
達郎の曲を取り上げるのは分かるけどなんでMagic Waysとかマイナーな曲をw
でもその曲がそんなに再生されてこんなに外国のコメが付いてるとは驚き。
達郎は元々英語の発音に不安があったけど
このアルバムで作詞家の外人さんにシゴキとも思えるほどの特訓を受けたそうだから
このコメ欄見たら喜ぶだろうなぁ
No Name #-|2020/08/22(土) 00:40 [ 編集 ]
>外人は勝手に人の名前を略すなよ。

基地害発見!
お前はピカソの名前をフルネームで呼んでるのか?w
No Name #-|2020/08/22(土) 01:29 [ 編集 ]
>これ書いてる内の何%がちゃんと買う所まで行くんだろうな

YouTube動画で、例えばQueenを知ってベスト盤を買うとか普通だろ。
大貫妙子のヴァイナルを買いに、わざわざ来日する物好きなファンもいる。
プラスティック・ラブなんて何度も削除されて、あの再生回数なんだぜ。
ネットの動画削除しまくってたら、今みたいにシティポップ・ブームなんて起こってないだろ。
そんな考え方だから、日本の音楽業界は斜陽になってんだよ。
まあ、洋楽好きの俺にはどうでもいいけどね。w
No Name #-|2020/08/22(土) 01:41 [ 編集 ]
今のJPOPはジャスラックが削除しまくるからね
ネットに残るのは(戦略的に残している)韓国ばかりという悲劇
No Name #-|2020/08/22(土) 03:23 [ 編集 ]
違法動画埋め込んで翻訳されてもねえ…
No Name #JalddpaA|2020/08/22(土) 05:04 [ 編集 ]
山下達郎、大瀧詠一、竹内まりやはドライブの必需品だった。
No Name #-|2020/08/22(土) 07:14 [ 編集 ]
> どこにでも朝鮮人は現れるんだなw

この手の楽曲のクラブイベントに朝鮮系の客大量に居るしな
No Name #-|2020/08/22(土) 07:24 [ 編集 ]
山下達郎も竹内まりやも洋楽に似た曲があったりするよね。
わざとじゃないだろうけど、洋楽の影響を受けてるんだろうな。
No Name #-|2020/08/22(土) 08:32 [ 編集 ]
アニメでもPOPSでも違法動画に不寛容なのは日本文化の拡散が妬ましい、代わりにK文化を拡散したい連中なんね。
No Name #-|2020/08/22(土) 10:05 [ 編集 ]
結婚式の写真の達郎がミスチルの桜井に似てる
No Name #-|2020/08/22(土) 11:40 [ 編集 ]
この曲からプラスティック・ラブに話題が移行して
歌ってた竹内まりやの夫が達郎だと知ってて
なおかつ達郎がライブでカバーしたことまで知ってて
そもそもあの曲があの曲たるゆえんである編曲を達郎が手掛けた事に言及しない?
No Name #gCcBwZa2|2020/08/22(土) 11:45 [ 編集 ]
山下達郎も竹内まりやもいい作品がいっぱいあるんだけど、
この時期はYMOのBGMばかり聴いてたんだよなw
名無しのかめはめさん #-|2020/08/22(土) 11:56 [ 編集 ]
凄い量のコメントだけど 俺がオミットして来たジャンルだからな
でも 嬉しいことは嬉しいね日本人として


イノコさん #-|2020/08/22(土) 11:59 [ 編集 ]
80年代の日本のポップスは英語の発音を聴くのがつらい

上に書いてる人いるけど、大瀧詠一と佐野元春、山下達郎のラジオの鼎談なんか、音楽が好きで教養豊かな人同士の知的な会話が聴けたよね。
No Name #-|2020/08/22(土) 12:49 [ 編集 ]
> この時期はYMOのBGMばかり聴いてたんだよなw

BGMはこの数年前のリリースだよね。
ちょっと時期遅れで聴いたのかな?
自分はBGMも達郎のビッグウェイブとまりやのバラエティも
ガッツリ聴いてたw
No Name #-|2020/08/22(土) 14:15 [ 編集 ]
山下達郎のアルバムは年代ごとに別人です。
私は年代ごとの山下達郎を楽しんでいます。
No Name #-|2020/08/22(土) 22:37 [ 編集 ]
たった「再生回数589万回」 で海外で日本の「シティポップ」が人気を博している、ってどうしていえるんだ。極東の35年近くも前の田舎音楽だぞ。
No Name #-|2020/08/22(土) 23:00 [ 編集 ]
俺は80年代に高校と大学を横浜と東京で過ごしたんだよ。
都心の大学に通う先輩の大学生達はみんな山下達郎を聞いていたんだ。
俺がそうした先輩たちに最初に教わったのはアルバム“For You”。
これを聞け!と。
自動車免許を取得して車に乗るようになると、横浜新道を通って湘南海岸をドライブする時の音楽は山下達郎以外にありえなかった。
夜のディスコはディスコミュージック、ドライブは山下達郎って感じだったな。
夏の海、ちょっと箱根までドライブ、冬のスキーに山下達郎は欠かせなかった。
もっともユーザーに派閥争いのようなのがあって、佐野元春派みたいのがいたのよ。
爆笑問題がそうだよね。
だけど、俺は佐野元春の曲は村上春樹文学のような女々しい歌謡曲で、山下達郎は誰が聞いても山下達郎とわかる、流行を追わないオリジナル性の強い音楽だと当時から思っていたので、俺は佐野元春を絶対聞かない派だった。
しかしその後、歌謡曲界はチューブという夏専門歌手が90年代を席巻した。
湘南海岸のドライブと言ったら山下達郎だろうよ!と信じてる自分達が遅れて行くような気がしたものだね。
それでも俺は山下達郎しか湘南ドライブのBGMはありえないと思っていたけどね。
チューブなんて何が良いのか未だにわからないんだわ。
と、そうこうしているうちに30数年経って、世界が山下達郎ワールドに気づいたってわけさ。
だから言ったろ、本物は山下達郎だけで、佐野元春もチューブも流行だってさ!と当時の友人にドヤ顔してやりたいわ!!
はま #JVwkRIxU|2020/08/22(土) 23:07 [ 編集 ]
こういう英語を聴くと高卒のネット民は「発音がwww」とか書き込むんだよなw
外人にも認められてるのに

a #HfMzn2gY|2020/08/23(日) 01:47 [ 編集 ]
>>まあ、洋楽好きの俺にはどうでもいいけどね。w

これ最高に面白いわ
どっかのテンプレ?
No Name #-|2020/08/23(日) 07:44 [ 編集 ]
Japanese Funk なのか?
No Name #JDUwZfwQ|2020/08/23(日) 15:50 [ 編集 ]
山下達郎がJpopを発明したとか、外人ってホント視野が狭いというか世界が狭いというか、自分が知らない物事は存在しないっていう発想が根底にあるんだよな。で、急にいいものを発見すると、それが急にこの世に現れたみたいに言う。いやいやお前が今まで何も知らなかっただけだから。井の中の蛙ってことだよ。
だから日頃から日本人みたいに外には自分達の知らない大きな世界があるんだっていう感覚をもって世界のことを好奇心をもって知るよう努めろよ。
そうすりゃ上質のものを40年も50年も経ってから知るなどという人生の損失を経験しなくてすむからな。
No Name #-|2020/08/24(月) 20:31 [ 編集 ]
青山純、伊藤広規、山下達郎ってすごいメンツだよなあ。
No Name #-|2020/08/29(土) 19:14 [ 編集 ]
ヤマタツは凄いよな、長生きしてほしいわぁ〜
大瀧詠一が死んだ時はショックだった・・・
名無しのかめはめさん #-|2020/09/08(火) 01:14 [ 編集 ]
俺が学生だった頃、達郎はデートで聴くような音楽だったけどな
それが嫌でちゃんと聴いてこなかった
でも何年か前CDボックスが出て友達が車でかけた時、ほぼ全部聞いたことがあった
拒絶してるつもりが聴いてたんだな
No Name #-|2020/09/08(火) 23:44 [ 編集 ]
コメントしてるのアジア系ばっかで草
黒人と白人の独壇場であるポップミュージックにおいてアジア系は肩身が狭いんだろうな
名無しさん@Pmagazine #-|2020/09/15(火) 05:56 [ 編集 ]
マヌケ外人のマヌケなコメントを楽しんでね
知ったかぶりのマヌケ外人が多数登場!
ご期待下さい
笑い🤣
No Name #-|2020/09/21(月) 13:41 [ 編集 ]
俺は高気圧ガールが好き!
No Name #mzKH8oVQ|2020/09/26(土) 09:10 [ 編集 ]
自分たちの音楽背景を徹底的に理解分析して出て来た音楽
大滝詠一と山下達郎が双璧
A面とB面の構成もすごく良かったな


No Name #-|2020/09/30(水) 21:57 [ 編集 ]
>なお、次回の更新は 11月27日(金曜日)です。よかったら、また見に来て下さいね。
管理人、出稼ぎにでも行ってるんか?w
No Name #-|2020/10/16(金) 01:20 [ 編集 ]
ダウンタウンにでも繰り出しているんだろ?
11月28日(土曜日)の夜は賑やかになって君もウキウキするさ
No Name #-|2020/10/21(水) 03:49 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/tb.php/260-6dbf6f88

次回更新


次回更新は11月27日(金)です。


人気記事

サイト内検索


最新記事一覧

山下達郎を愛する海外の人々はYoutubeのコメ欄にどんなことを書き込んでいるか?【海外の反応】 Aug 21, 2020
映画「天気の子」を観た海外の映画ファンは何を感じたか? 【海外の反応・レビュー翻訳】 Jul 17, 2020
海外の「ドラゴンボールZ」ファンたちが、作品の思い出を語り合う!【海外の反応・レビュー翻訳】 Jun 11, 2020
海外の映画ファンは、黒澤明監督の「羅生門」から何を感じたのか?【海外の反応・レビュー翻訳】 Apr 10, 2020
映画「AKIRA」(1988年)を観た海外の人々は何を感じたか?【海外の反応・レビュー翻訳】 Mar 14, 2020
映画「用心棒」を観た海外の映画ファンは何を感じたのか? 【海外の反応・レビュー翻訳】 Feb 14, 2020
映画「たそがれ清兵衛」を観た海外の映画ファンは作品のどこに惹かれたのか?【海外の反応・レビュー翻訳】 Jan 17, 2020
映画「ゴジラ」(初代)を観た海外の人々は何を感じたか?【海外の反応・レビュー翻訳】 Nov 22, 2019
映画「タンポポ」(伊丹十三監督)を観た海外の人々は何を感じたか? May 17, 2019
日本人経営の居酒屋がサンフランシスコで連日大行列のできる人気店になっていた!お客さんたちの声を翻訳しました【海外の反応・レビュー翻訳】 Apr 26, 2019

カテゴリ一覧

お知らせ



相互リンク・RSS募集中です!

詳しくはこちらへ↓
 このブログについて

管理人への連絡ご希望の方はこちらの
メールフォーム
からお願い致します。




_

リンク

このブログをリンクに追加する

逆アクセスランキング

RSSリンクの表示

QRコード

QR


 |  日本の食事 | 日本製品 | 日本文化 | スタジオジブリ関連 | 日本の映像作品 | 日本の観光地・宿泊施設 | 日本人アスリート | ゲーム:任天堂 | ゲーム:ソニー | ゲーム:他ハード | ゲーム業界 | 未分類 | 当ブログについて | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 超訳コネクト
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
アクセスランキング