日本文化に対する外国人の反応を翻訳してお届けしています。超訳で世界と繋がろう!

超訳コネクト
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/
海外反応系ブログ 最新記事



外国人の議論:家の中で靴を脱ぐ派 vs 脱がない派

2018/10/26 15:55|日本文化TB:0CM:44

181026_01.jpg


 家の中で靴を脱ぐことは、日本らしさを象徴する生活様式の一つですね。では海外、特に欧米では家の中で靴を履いたままなのかといえば、実はそうでもありません。必ず脱ぐという人もいれば、状況によって脱いだり脱がなかったりという人もいますし、もちろん全く脱がない人もいます。
 
 この件について議論しているスレッドがあったので、今回はこれを翻訳してみました。もともとは「日本人はなぜ家の中で靴を脱ぐのか?」というテーマのスレッドだったのですが、実際の投稿を見ると、自国での「屋内靴事情」を語ったり、「脱ぐ派」の人が「脱がない派」の人を説得しようと試みたりと、本来の主旨からは少し脱線しているようです。ですので、海外の人々が家の中で靴を履くことをどのようにとらえているのか、ということを知る手がかりとしてお読みいただければ、と思います。
 
↓以下に海外からの書き込みを翻訳してお伝えします。

翻訳元: japan-guide.com







● 僕の妻は家の中で靴を脱がない文化で育ってるんだ。だから、彼女は靴を履いたままソファーに寝転んでテレビを観ていたりする。それを見ると、僕の方は気が狂いそうになる。彼女の言い分としては「いちいち靴を脱いだり履いたりするのは面倒」とのことなんだが、当然ながら家の中は汚れるわけだ。

 どうして気にならないんだ?と聞くと「なんで気になるのよ!」と、ケンカになってしまう。冬や雨の多い季節だと、彼女も家の中では靴を脱ぐ。でも、乾燥している季節では脱がないので、僕は毎日イライラするハメになってしまうんだ。

 僕としては、外で一日中靴を履いて過ごした後、家に帰って靴を脱ぐときに、「ああ、ようやく家に帰ってこれたぞ。」と実感できるんだよね。それに、誰かの家に行ったときも、靴を脱ぐことで「あなたのお住まいを大事に思っていますよ」という敬意を示すことにもなるし、「あなたのことを大事に思っていますよ」というメッセージを示すことにもなると思う。「それに、あなたと一緒にじっくり長い時間を過ごしたいから来ましたよ」というメッセージにもなるんじゃないだろうか。人の家でコートを脱ぐのと同じだね。





● 私達は家で靴を脱ぐよ。少なくともドイツの人々は当然のように玄関で靴を脱いで室内用のスリッパに履き替えるね。私の知り合いも、ドイツを訪れる人々もみな同じだ。そうしないと、外を歩いている時に靴についた汚れを部屋の中に持ち込むことになってしまうからね。だから私としては、日本人が玄関で靴を脱ぐのは別に特別なことじゃないと思う。

 家に入る時に靴を脱ぐのは、衛生的な理由もあるだろうけど、外の世界と家の中をハッキリ区別する上での象徴となる行為なんじゃないかとも思うね。





● ボスニア出身ですけど、家の中ではみんな靴を脱ぎますよ。私達にとっては自然なことです。すでに書かれているように、その方が清潔ですからね。なぜ家の中で靴を脱がない人がいるのか、正直なところ、よく分かりません。どうせ、寝るときやシャワーを浴びる時は靴を脱ぐんだから、どうして家に帰ってきた時に脱がないんでしょうね?




● 靴のまま家の中に入るのが汚いだって?ハハハ、そんなわけないよ!カーペットは毎日掃除しているんだし、家に入る時だって、靴が汚れているかどうか確認した上で、ドアマットで靴の裏を拭くんだから。それに、そこまで過剰に清潔さを気にするなら、それこそ数分ごとに手を洗ったり、外で何も触らないように気をつけたりする必要もあるんじゃないかな。

 みんな、靴を履いたままで僕の家に入るけど、それで家が汚れることなんてないよ。外で泥遊びしてから家に来るわけじゃないんだから、ハハハ。





● ↑申し訳ないけど、靴の裏についた泥だけが不衛生な要素だと本気で思っているのかい? 人通りの多い道の路面を手のひらでこすったとしよう。その後にタオルで手を拭いたとしても、それだけで食品を手に持ってもいいと思えるほどキレイになったとは感じられないだろう?

 もしかすると、君は本当に毎日カーペットを掃除しているのかもしれない。でも、誰もがそれほどの時間やお金があるわけでもない。現実を見よう。好きか嫌いかに関係なく、玄関で靴を脱ぐほうが清潔であることは間違いないんだよ。もちろん、足だって汗をかいたりはする。でも、普通の舗装道路を歩いた靴の裏に比べれば、はるかに清潔だ。

 実際に家の中で靴を履くか履かないかは、自分で判断すれば良いことだ。ただ、「家の中で靴を履いても清潔だ」という主張は正しくない。こういう主張をする人に対しては、自らの怠惰や無知を正当化したいだけとしか思えないね。





● スウェーデンでは、自分の家に入るときも他人の家に入るときも、靴を脱ぐのは常識だね。むしろ、なぜそうしないのかが分からない。ただし、職場や学校(幼稚園は除く)では脱がないけどね。




● アメリカ人だけど、今は東京に住んでいる。今のマンションに入居する時に管理会社と契約を交わしたんだが、その中には家の中で靴を脱ぐことも含まれていたんだよね。そんなわけだから、今では家で靴を脱ぐ習慣がついたよ。もう慣れたし、家の中が清潔になるから快適だね。




● 家にいる時、靴を脱いだほうがいいということは認めるよ。ただ、僕が自分の家で靴を履いている事に対して、お客さんのほうが金切り声をあげるというのは日本以外で経験したことはないね。イングランドでは「イングランド人にとって、我が家は城である。」ということわざがあって、これは自分の家の中では自分のやりたいように振る舞えるという意味だ。

 でも、日本だと、僕が自分の家でちょっと靴を脱ぎ忘れただけでも、大騒ぎされてしまうんだ。まるで靴を恐れているかのようだったね。それに日本への帰化を申請すると、担当者が家庭訪問してきて、家で靴を脱いでいるかどうかチェックされることもあるそうだ。

 そんなわけだから、家の中で靴を脱ぐのは単なる習慣ではないと思うね。恐らく、神道と何らかの関係があるんじゃないだろうか。





● ↑「日本への帰化を申請すると、担当者が家庭訪問してきて、家で靴を脱いでいるかどうかチェックされる」というのはジョークかい?家で靴を脱いだ方が良いというのは同意するよ、僕も日本人の妻から12年間訓練を受けたからね。ただ、靴を脱がなきゃ国籍が取得できないというのはジョークだろう。僕の妻がイギリス国籍を取りたければ、彼女はクリケットを観なきゃならないのかな?




● ↑日本への帰化を申請すれば担当者が家庭訪問してきて、申請者が日本式の生活に馴染んでいるかどうか、チェックするというのはジョークじゃないよ。そして、近所の人たちへも聞き取り調査がなされるそうだ。個人的にそれを批判するつもりはないけど、興味深いやり方だとは思うね。




● まだ東京で暮らし始めてそれほど長いわけじゃないんだけど、この靴問題について、僕の印象も記しておきたい。僕は普段、家の中では靴を脱いで、裸足で歩き回ることが多い。ただし、家に帰ってきてすぐに靴を脱ぐというわけじゃない。たいていの場合、僕が家に帰る時は、色々と荷物を持っている。バッグであったり郵便物であったり弁当であったりね。だから、まずそれらを家の中に運んで服を着替え、その時に靴も脱ぐということが多いんだ。

 家に入る時に脱げばいいじゃないかと言われそうだね。ただ、もちろん家に入る前に靴の裏はマットで拭うんだよ。それさえやっておけば、靴を脱いで家に入るのと、清潔度は大して変わらない気がするんだ。

 そう言えば、僕にとってちょっと面白く感じたことがあった。ラッキーなことに、僕は無料で冷蔵庫をもらえることになったんだが、こいつを家の中に運んでもらう時、業者の人たちは冷蔵庫を運びながら外からやってきた。ただ、冷蔵庫を持った状態のままなのに、みんなどうにかこうにか玄関で靴を脱ごうとするんだよね。重い冷蔵庫を持ったままバランスを取りつつ靴を脱ぐのはかなり難しそうだった。そこで、僕は靴を履いたままで良いですよと言った。玄関から冷蔵庫を置く場所までは、わずかな距離しかなかったしね。
 
 僕にとっては、なかなか興味深い経験だった。これほどまでに家の中で靴を脱ぐことにこだわるものなんだと思ったね。





● アメリカに住んでるけど、僕らも家で靴を脱ぐよ。靴のまま中に入っても無礼にあたらない家というのは、個人的には経験したことがないなあ。家の中がタタミやカーペットの場合はもちろん、どんな状況であれ、家の中では靴を脱ぐことが当たり前のように思うよ。




● 僕が日本にいた時は小さなマンションに住んでいたんだけど、家で靴を脱ぐのは好きだったよ。ドアを開けて部屋に入ると玄関のスペースがあって、そこは床から14インチ(約36cm)ほど低くなっている。靴用のキャビネットもあって脱いだ靴をしまっておくのにとても便利だった。

 でも、欧米の家では、最初からそんな風に設計されていないんだよね。設計の違いが大きいんだと思う。欧米の家もこんな風に設計されていれば、玄関で靴を脱いだり履いたりするのがずっと楽になるんだろうけどね。
 
 あと、バスルームに関しても不満があるよ。日本にいた頃のトイレは小さかったけれど、風呂場とは別のスペースにあったんだ。これは良かったよ。欧米の設計者たちは目を覚ましてくれ。トイレと風呂は別の場所にあるべきだよ。これは、別に大邸宅じゃなくても実現できることなんだから。
 
 靴の話に戻ると、今はアメリカに住んでるんだけど、靴は基本的には脱いでるよ。ただし例外もあって、両手いっぱいに食料品を買って帰ってきたような時は、まず靴を履いたままキッチンに行き、荷物を置いて、それから靴を脱ぐことにしているね。あと、お年寄りに対しては靴を脱ぐよう強制することはできないな。





● ↑本当?両親の家は「欧米式」に設計されているけど、カーペットが敷かれたスペースに入る前のエントランスホールで靴を脱ぐようになっているよ。他の人も指摘していたけど、これは西洋 vs 日本の問題じゃないね。一口に「西洋」と言っても、実際にはその中に色んな文化が含まれているわけだから、一括りにはできないよ。




● ↑私もそう思う。私はニュージーランドで育ったけど、私の家では風呂とトイレは別々だったよ。でも、今私が住んでいる日本の小さなマンションでは、風呂とトイレが同じ場所にあることを意味する「ユニットバス」だからね。




● イングランドに住んでるけど、誰かの家に入る時は靴を脱ぐし、その家のオーナーですら靴を脱いでるよ。




● ヨーロッパ人は家の中で靴を脱がないと言われることもあるけど、それには強く異議を唱えたいね。そもそも、ヨーロッパというのは一つの国家ではないし、多くの異なる文化を含んでいる。さらに、世界中から多くの人々がここへ来て暮らしているしね。僕の家族は1000年以上、ヨーロッパの同じ地域で暮らしてきたけれど、昔からずっと家の中では靴を脱いでいるよ。僕の知る人々も、全員がそうしているね。

 家の中ではスリッパを履く。それだけじゃなくて、外から帰ってきたときには服も部屋着に着替えるよ。家の中で靴を履くのは、あまり知らない人の家を訪問する時だけだね。その場合は、僕らも出迎えてくれるホストもフォーマルに装っていて、普段はそこの家族もあまり使わないリビングルームに通されるんだ。靴の裏は玄関の外にあるマットで丁寧に拭き取るから、家の中の床やマットが汚れることはあまりないんだよ。

 仲の良い友達や親戚の家に行く場合は、靴を脱いで家から持参したスリッパに履き替えるのが普通だ。ここでは大半の人達が築200年以上の古い家に住んでいて、床は木だ。頑丈だけど、靴を履けば、床に傷をつけることにもなるしね。床がタイルの家もあるけど、敬意を示すためにも、靴を脱ぐのが普通だ。
 
 お客が玄関で靴を脱ごうとした時に、ホストが「靴のままで結構ですよ」なんて言う場合もあるけど、そんな場合でも、実際には脱いだほうが結局ホストにも喜ばれるんだ。僕はその地元を離れて暮らすようになったし、当時と今とでは変わったことも色々あるけれど、家で靴を脱ぐ習慣は今も健在だよ。





● 私はアメリカ人で、母国の自宅では靴を脱いでいませんでした。そもそも、私の家では木の加工をやっていましたので、家の中は木くずだらけでしたから、靴を脱ぐ気にはなれなかったんです。ただ、屋内で靴を脱ぐアメリカ人はいましたし、個人的にそういう人も知っています。今は私も日本に住んでいますので、自分の家であれ他人の家であれ、靴を脱いでいますが、基本的には問題ありませんね。タタミも大好きです。

 ただ、一つだけ困ったことがあります。私は今学校で働いていて、3つの学校を回っているんですが、どこへ行っても、私の足に合うスリッパがないんです。どの学校でもサイズは一種類だけで、私の足には小さすぎるんですよね。立ち仕事ですので、これはけっこうな負担になります。トイレ用のスリッパはさらに小さいので、仕方なく屋内用のスリッパでトイレに入るんですが、特に年配の女性からは驚いた顔をされます。でも、どうしようもないんです。私の足に合うスリッパはどこにも売ってませんしね。





● 僕はサンフランシスコに住んでるけど、古い家はトイレと風呂が分かれているよ。

 家の中の靴問題に関して言えば、最近、僕がバスタブの修理に行った中で、家では靴を脱いでほしいと頼んできた夫婦がいたね。恐らく日本人だろうと思う。当然ながら、彼らに敬意を示すために僕は靴を脱いだ。ただ、修理作業の中には靴を履いていた方が安全なものもある。そして水道設備の修理のときにはバスタブに入るのが必要になる時もある。靴下が水に濡れるのはイヤなんだよね。だから、ちょっと困ったよ。





● カナダに来てもらえればわかるでしょうけど、ほぼ全ての人が自分の家でも他人の家でも靴を脱ぎますよ。清潔にするためというよりも、自分を招待してくれた人に対して尊敬の念を示すためにそうしてるように感じます。あるいは、自分の家に対する敬意ですね。




● 気候の問題も関係しているでしょうね。私が育った西ヨーロッパでは、冬に大雨が降ることが多いので、泥のついた靴で家の中を歩きたいとは誰も思いません。だから学校でも靴を脱いでスリッパを履いてましたよ。カナダみたいに、冬の降雪量が多い地域も同じだろうと思います。やっぱり汚れた雪の中を歩いた靴で家の中に入ろうとは思いませんよね。カナダでは、オフィスビルの中ですら靴を脱いでますよ。




● オーストラリアだと、大半の家では頼まれない限り靴は脱がないね。それで問題ないよ。ただ、個人的に靴を脱ぐようお願いされたことはあるけど、その後にスリッパを渡された経験はないね。単に靴を履かないだけだ。まあ、普通は家に入る前に、ドアの前にあるドアマットで靴の裏の汚れを落とせばそれで大丈夫だ。僕としては日本スタイルの方が好ましいんだけどね。




● オランダで誰かの家に招かれた場合は、靴を脱ぐ方が喜ばれるよ。母親も、僕が靴を履いたまま家に入ると良い顔はしないね。友達の親では、かなり厳格に靴を脱ぐことにこだわる人もいる。恐らく、日本ほど社会共通のルールとして定着しているわけではないだろうけど、靴を脱ぐのが普通である、ということは確かだね。




● 僕はアメリカに住んでるけど、ここでも靴を履いたまま他人の家に入って、変な目で見られる場合はあるよ。家に入る時には靴を脱ぐほうが明らかに快適だし、家も綺麗だと思う。言うまでもないことだけど、僕自身も靴を履いたまま自分の家に入ってこられると無礼だなあと思うし、敬意を払ってもらえてないように感じるね。




● 僕は中米の国出身なんだけど、そこでは僕の知る限り、みんな靴を脱がなかったよ。快適だからという理由でスリッパに履き替えることはあり得るけど、少なくとも裸足になることは絶対になかったね。それは不衛生だからだ。

 分かってほしいんだけど、僕の母国では北半球の多くの国々と違って、ちゃんとした家ばかりじゃないんだ。だから、外のゴミやホコリなんかが風に乗って家の中に入ってきやすいんだよね。床が汚れていることに加えて、床が冷たいという事もあって、家の中を裸足で歩くと病気になると考える人たちもいるんだ。だから子供の頃、僕が家の中を裸足で歩いたりすると、いつも母親に怒られたもんだよ。
 
 今ではアメリカに住んでいて家の中ではスリッパを履いているけど、癖になってしまったせいか、裸足で歩くことはほぼないよ。たとえカーペットの上でもね!家の中で靴を脱ぐのが当たり前のように言う人は、ヨーロッパと北米からの投稿者が多いようだ。僕としては中南米の人たちの意見も聞いてみたいね。



(翻訳終わり)



管理人より:次回の更新は 再来週の金曜日(11月9日)です。



↑ランキングに参加しました。記事を気に入って下さった方、クリックして頂けると嬉しいです!





Twitterで更新情報をお届けしています。
海外反応系ブログ 最新記事



 ■ 人気記事
5 「君の名は。」を観た海外の人々は何を感じたか? 5 「天空の城ラピュタ」を観た海外の人々は何を感じた?
5 米西海岸で「カレーハウスCoCo壱番屋」が人気店に。 ココイチにハマったアメリカ人の声を聞こう! 5 全米をヤケドさせた? 象印製水筒の保温力に驚くアメリカ人続出!
5 「火垂るの墓」を観た海外の人々は何を感じたか? 5 アメリカのシェフたちを驚愕させたメイド・イン・ジャパンの包丁「旬」。その驚くべき切れ味とは?


コメント
日本は湿気が酷いからね。泥でも家に入ればばい菌が繁殖しやすいから、
家の中を清潔に保つためには靴を脱がんとね。
その清潔というかケガレの意識が宗教的にさえなるのもまあ当然かなと。
乾燥してる国なら靴履いててもいいんじゃないの。
        #-|2018/10/26(金) 16:10 [ 編集 ]
欧米人のなかでも
様々な意見があるのは興味深い。
日本人の場合、元々の伝統や習慣の上に
西洋化が進んできた経緯があるから、
靴を履いたまま暮らす習慣のある人々には
とても不思議に映るのかもしれない
No Name #-|2018/10/26(金) 16:30 [ 編集 ]
足の汗の量は1日でコップ1杯分になるのを知らないんだろうな
  #-|2018/10/26(金) 16:31 [ 編集 ]
湿気云々の前に日本は畳文化だから土足で上がらない習慣がついたんだよ
板の間の座敷などでは土足で上がることもあった
武家がサムライというより政治家として移行する時代の変遷の中で、
板の間よりも畳敷きの屋敷が多くなり草履を脱いで室内に入ることが定着したらしい
あと、日本は床が土間よりも一段高くなっているのも履き物を脱ぐ習慣を後押ししたらしい

らしい、ばかりですまんけどそういう歴史らしい
No Name #-|2018/10/26(金) 16:33 [ 編集 ]
家では脱ぐけど場所によっては履いてる場合もあるという合理的な判断だけど
家でも履くよって人の判断も当人にとっては合理的なのかもしれない
No Name #-|2018/10/26(金) 16:35 [ 編集 ]
犬の糞や酔っ払いの吐瀉物などがついた靴で、
部屋に入りソファやベッドに上がる
ああ気持ちが悪い、と素直に思う
だからホテルに入ってまずするのは、
ベッドランナーを外すこと
勿論洗濯はしてあるだろうけど不潔っぽく見えるので
No Name #-|2018/10/26(金) 16:39 [ 編集 ]
靴を脱ぐのが比較的一般的な国でも
日本のような上がり框がないのは興味深い事だ
気候の問題で靴を脱がなければ足が蒸れるのと同様に
縁の下を大きく作らなければ家が湿気るという複合要因が影響したのかね
名無し #-|2018/10/26(金) 16:48 [ 編集 ]
小さい子供をどうやって育てているのかすごく気になる
子供部屋だけは土足厳禁なのか?それともハイハイするような赤子がいてもお構いなしなのか?
もしそうなら農薬を使ってない芝生の上で裸足で子育てした方がまだきれいな気がするな
No Name #-|2018/10/26(金) 17:13 [ 編集 ]
昔のアメリカは靴のままのイメージだったけどな
向こうでアパートを借りる時、日本人だと喜ばれた
靴を脱ぐ習慣と台所を汚さない事が高評価
(某近隣国人が使うと油汚れや異臭が尋常で無いらしい)

契約時に床カーペットを張り替えてくれている事が多いが
安い所はそのままで入口は真っ黒、そこからグラデーションで
薄くなっていくカンジだったから、「靴の裏を拭えば大丈夫」は怪しい
No Name #-|2018/10/26(金) 17:18 [ 編集 ]
改めて考えると家の中を裸足でペタペタ歩くのは
それほど衛生的では無い気がしてきた。
No Name #-|2018/10/26(金) 17:24 [ 編集 ]
靴のままベッドに横たわるとか、机に足を投げ出す行為にも驚いた
靴のまま以前に、せめて部屋着に着替える、礼儀として机に足を乗せないのが当たり前と思っているので潔癖症の人だったら卒倒してると思う
No Name #-|2018/10/26(金) 17:27 [ 編集 ]
>● オーストラリアだと、大半の家では頼まれない限り靴は脱がないね。それで問題ないよ。

お前ら何処でも裸足じゃん。靴履いてる文明人なんて数えるほどしか見なかったぞ。
   #-|2018/10/26(金) 17:30 [ 編集 ]
最近の賃貸物件は、貸主側もコストがかかるからと畳の部屋が少なくなってきているのに、フローリングの上を裸足で部屋を歩くなんて、温かい国でないと床が冷たくて歩けないわw スリッパか靴下を履かないと無理。
No Name #-|2018/10/26(金) 17:33 [ 編集 ]
イタリアで男性の家に遊びに行って強姦されたというニュースがあった
オチがなんと無罪、その理由が「靴を脱いでいた」
あちらの文化では異性の部屋で靴を脱ぐのは裸になるのと同然らしい
「あちらから誘惑してきた」で男は無罪、女はふしだらの烙印という結末
No Name #-|2018/10/26(金) 17:34 [ 編集 ]
そもそも、欧米では最近になって靴を脱ぎ出す人が多くなったんだろ?
昔から靴を脱いで生活をしていた文化圏ならまだしも、昔からの習慣で生活している人からしたら、「何故、靴を脱ぐのか?」って当然なるんじゃないの。靴を脱ぐような玄関の作りでもないから境界線が無いと分かりづらいのはあるだろ。

中国に駐在していた時も、今では中国でも靴を脱ぐ人も多くなったが、家で脱ぐ習慣のない人は、靴を脱ぐ家に入るときも頑なに靴を脱がないで、靴の上にビニールをかぶせてまで入って来てたわ(主に業者さんとか)。まあ、靴にビニールを被せるだけマシだけど、作業中に滑らないかと、業者さんの怪我の心配してハラハラしてたわ。
No Name #-|2018/10/26(金) 17:47 [ 編集 ]
外人が靴を脱ぐ事に躊躇する理由
・足が異常に臭い
・靴下が汚い、穴が開いている
No Name #-|2018/10/26(金) 17:56 [ 編集 ]
外国も玄関に上がり框をちゃんと作れば良いのに…
No Name #-|2018/10/26(金) 18:37 [ 編集 ]
この間、工事中の店舗のテナントへ視察にいったさい、靴を脱げと言われたのはかなり不快だった。
店舗だから工事後は、そのまま靴で入る場所だったし、工事中だったから当然ホコリまみれ。
工事業者は、内ばきで彷徨いてた。

工事中に汚したらいかんのは分かるが、なら来客用にスリッパでも用意しとけや!
って思った。
No Name #-|2018/10/26(金) 18:46 [ 編集 ]
現在の大概の日本の家は玄関で靴を脱いで家に上がって過ごすかたちだけど、私が小さい頃の田舎の家では、家に入ってすぐは広い土間と呼ばれる広いスペースがあり、奥には土間続きで広い台所があるスタイルでしたね。 だから食事もその土間にある台所脇のテーブルとそこから上がれる部屋の2種類あり、屋内と言っても口を履いたままでもゆっくり過ごせる土間と、そこから靴を脱いで居間に上がり、客間や床の間へ通じる、どちらも可能なスタイルでしたね。 盆・暮れ・正月などの祭事やその準備の際に大勢集まるのでこんなスタイルになったんだろうけど、結構好きな間取りではありましたね。
  #qqWZzzqQ|2018/10/26(金) 18:49 [ 編集 ]
靴を脱いだら開放感が有るだろ、しかも履き続けると足が臭くなるし・・・
靴を履いてベッドに上がる外国人には見てられん
中国の銀行員がお札を数えるのに素手で枚数を数えて梅毒に成ってる
目に見えるだけが清潔とは言い切れないんだぞ


              v-217
嫌韓じゃ #-|2018/10/26(金) 18:53 [ 編集 ]
土人かそうでないかの違いだ
議論するまでもない
No Name #-|2018/10/26(金) 18:58 [ 編集 ]
屋内に靴のまま入っても、比較的支障が少ないのは、やっぱり雨が少なくて乾燥した土地だろう。
USAでも、北東部よりは西部や西海岸ということになる。

ところで、文章媒体ではいちいち書かれないことでも、映像媒体では当然のごとく目に入るわけだが、劇場映画だけでなく、例えば「ホームドラマ」の発信地も、そもそもはハリウッド、すなわち、年間降水量が極めて少ないカリフォルニア州だった。
国際的にはもちろん、USA国内の様々な地域をもさしおいて、「欧米では室内でも靴を脱がない」というイメージが強力に存在しているのには、そういう経緯も絡んでいると思う。
名無しよん #-|2018/10/26(金) 19:09 [ 編集 ]
「家の中では」というより「一段高い場所に上がるとき」
と考えると海外から日本に来た人はわかりやすいかもしれない
居酒屋の座敷に上がるときもはっひょっとして?ピコーン!となるぞ
今度はただ段差になってるだけの場所で間違えるかもしれないが
名無し #-|2018/10/26(金) 19:21 [ 編集 ]
欧米でも靴を脱ぐようになったのは、近年のセントラルヒーティングや床暖房のお陰だろな。昔は、石畳or土間に暖炉、アパートメントなら床板が普通だった時代に、靴を脱いだ生活なんか寒くて出来るはずがない。特に、欧州や北欧は寒い地域が多いのだから、冬に靴を脱いだ生活なんかしたら凍傷になってしまうよ。

古城とかみても城にもよるけど、完全な石畳、豪華に大理石など、城の年代によって色々とあるが、お金持ちなら床に獣の絨毯やトルコ絨毯みたいなものは敷くだろうけど、絨毯も、真冬のキンキンに冷えた大理石に素足が凍り付かないつかない程度にしか寒さ対策にしかならないだろし、欧米人が近年になって靴を脱ぐようになったのも暖房の進化のお陰だよ。
No Name #-|2018/10/26(金) 19:45 [ 編集 ]
>工事中に汚したらいかんのは分かるが、なら来客用にスリッパでも用意しとけや!

工事中で床の施工後に土足厳禁なのは当然
普通はスリッパ置いてある
たまたまそういうところに当たっただけだよ
名無しさん@Pmagazine #-|2018/10/26(金) 20:16 [ 編集 ]
欧米人は靴を脱がないってステレオタイプはどこから来ているんだろうね
やっぱり映画とかドラマからなのかな?
No Name #-|2018/10/26(金) 20:23 [ 編集 ]
まあ世界のコンテンツ産業はアメリカが席巻してるし
日本の場合は尚更アメリカが身近になる事情もあったから
欧米人=アメリカ人的な認識になるのも多少はね
名無し #-|2018/10/26(金) 20:44 [ 編集 ]
脱ぐって言う人でも、
例えば来客の時には客は脱がないよね?
土足のまま招き入れていない?
日本の「家に上がる時に履いたままは有り得ない」とはちょっと違う
名無しさん@Pmagazine #-|2018/10/26(金) 21:28 [ 編集 ]
● 僕の妻は家の中で靴を脱がない文化で育ってるんだ。

↑そもそもなんでそんな女と結婚したんだ
事前に同棲してよく観察しとけよ
名無しさん@Pmagazine #-|2018/10/27(土) 02:42 [ 編集 ]
>例えば来客の時には客は脱がないよね?

そうだね。どの家も靴を脱いで生活しているとは限らないから、お客にはそこまで求めないのは多いかもね。特に、パーティーなどの複数の人を呼び寄せる時は靴のままが多い。そもそも、パーティードレスなどは、靴(パンプス)を含めてドレスアップだから脱ぎたがらない。
No Name #-|2018/10/27(土) 10:50 [ 編集 ]
テレビや映画見てる限り、脱いでるのは皆無!
xperia #-|2018/10/27(土) 10:51 [ 編集 ]
素足の開放感プライスレス
No Name #-|2018/10/27(土) 19:57 [ 編集 ]
靴のまま家に入って、家の中が砂だらけになるというだけでも非合理的。
玄関で靴を脱いでスリッパに履き替えれば、それがなくなるのに。
774@本舗 #-|2018/10/29(月) 12:25 [ 編集 ]
飛び散った尿でシミがあったり濡れてる公衆トイレの床見ると、そこを踏んだり歩いたりする靴の裏なんてつくづく汚いと思う
No Name #-|2018/10/29(月) 14:03 [ 編集 ]
欧米(と一括りにしたくないけど)の土足文化って
そもそも「床が土」「床が木製でささくれ立ってる」家が多いからだぞ
意識高い系の家はきれいだから脱げるだけであって
大半は汚いんだから脱げないというだけ

本文の調査された外人はそうとう不潔でガラ悪いと思う、自国でも鼻つまみ者だろ
帰化申請つっぱねて正解
No Name #-|2018/11/02(金) 15:31 [ 編集 ]
まあ、靴を脱ぎ慣れてない人の足は半端ないものがあるからなぁ。友人のホテル勤務していた人は、部屋の匂いが一週間消えなかったと愚痴を言っていた。「日本に来たら靴を脱ぐ習慣がありますよ」と伝えたのが裏目に出たって。
個人的には足が靴の圧迫から解放されたあの瞬間こそが、家と外との区切りだし、仕事を終えて家に帰ったという安堵感につながる。
それが靴を脱ぐ理由と思うんだがなぁ。南方と北方じゃ生活習慣と公衆衛生が環境に準じるのは良くわかるよ。そういうのがゴッチャなのは文化共生なアメリカでは良くあることなんだろうな。
hoge #-|2018/11/02(金) 16:40 [ 編集 ]
日本人も昔は土間で生活してたんだよ
いつからかベッドの上で生活するようになっただけで
No Name #-|2018/11/02(金) 21:06 [ 編集 ]
靴を脱がない人とは結婚もするべきではないよ。
そもそも価値観が違い過ぎる。
生活にストレスを抱えるなら上手く行くわけがない。
名無しのかめはめさん #-|2018/11/03(土) 10:14 [ 編集 ]
個人レベルの生活習慣の違い
ただ土足が信じられないと思ってる奴に一言
素足で過ごす行為も同じように野蛮に見られてるで
スリッパは必需品
No Name #-|2018/11/05(月) 13:23 [ 編集 ]
こういう議論の時
自分と違う文化を見下そうとする「野蛮な人間」が浮き彫りになるね
No Name #-|2018/11/05(月) 17:05 [ 編集 ]
靴を脱ぐ人も買い物の食品をキッチンまで運ぶときは土足、というのにビックリ!
日本住宅の勝手口は、そういう時に便利だよね。
靴を脱がずに、キッチンまで運べるものね。
勝手口の無いマンションでも、荷物を玄関の上がり框に置いて靴を脱ぐけどねぇ。
名無し #l.rsoaag|2018/11/05(月) 17:27 [ 編集 ]
気候関係なく臭そう
No Name #-|2018/11/07(水) 23:08 [ 編集 ]
「ほとんど」とか「大概」とか言ってる時点でアウトw
靴を脱がない人が一人でもいたら、脱いでる人だけが損するじゃんw
それは「靴を脱ぐ」ということが習慣・文化として確立できてないってことだろ。
No Name #-|2018/11/09(金) 00:30 [ 編集 ]
犬のクソを踏んだりした靴で家の中を歩きまわられるとか考えただけで寒気がする
No Name #-|2018/11/09(金) 09:31 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/tb.php/240-0e03c241

次回更新


次回更新は11月23日(金)です

人気記事

サイト内検索


最新記事一覧

外国人の疑問:「うわっ…私の身長、日本では高すぎ…?」 【海外の反応】 Nov 09, 2018
外国人の議論:家の中で靴を脱ぐ派 vs 脱がない派 Oct 26, 2018
「ラーメン店の扉は楽園への扉だ!」日本のラーメンを心から楽しんでいるシカゴの人々の反応をまとめました【海外の反応・レビュー翻訳】 Oct 19, 2018
次回更新のお知らせ Oct 12, 2018
「ハウルの動く城」を観た海外の映画ファンは、どこを高く評価したのか? 【海外の反応・レビュー翻訳】 Aug 10, 2018
外国人に人気があるのはどんなレストラン?海外人気の高い東京のいろんな飲食店レビューを翻訳しました!【海外の反応・レビュー翻訳】 Aug 03, 2018
外国人「3時間並んだけど、その価値はあったよ!」 築地の超人気寿司店に並ぶ外国人の声を翻訳しました 【海外の反応・レビュー翻訳】 Jul 27, 2018
アメリカ音楽業界のプロたちから絶大な支持を受ける1万円のソニー製ヘッドホン「MDR-7506」。愛用者たちの声を翻訳しました【海外の反応・レビュー翻訳】 Jul 13, 2018
「なんという独創的な味だ!」日本のインスタントラーメンにハマった外国人の声を聞いてみよう!【海外の反応・レビュー翻訳】 Jul 06, 2018
日本人がカナダで経営する和風ホットドッグのスタンドが大繁盛!お客さんたちの情熱的な声をお聞き下さい 【海外の反応・レビュー翻訳】 Jun 22, 2018

カテゴリ一覧

お知らせ



相互リンク・RSS募集中です!

詳しくはこちらへ↓
 このブログについて

管理人への連絡ご希望の方はこちらの
メールフォーム
からお願い致します。




_

リンク

このブログをリンクに追加する

逆アクセスランキング

RSSリンクの表示

QRコード

QR


 |  日本の食事 | 日本製品 | 日本文化 | スタジオジブリ関連 | 日本の映像作品 | 日本の観光地・宿泊施設 | 日本人アスリート | ゲーム:任天堂 | ゲーム:ソニー | ゲーム:他ハード | ゲーム業界 | 未分類 | 当ブログについて | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 超訳コネクト
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
アクセスランキング