日本文化に対する外国人の反応を翻訳してお届けしています。超訳で世界と繋がろう!

超訳コネクト
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/
海外反応系ブログ 最新記事



外国人の疑問「日本語と中国語では、どちらのほうが難しいの?」【海外の反応】

2018/05/11 15:55|日本文化TB:0CM:29

180511_01.jpg


 日本語と中国語、これから学ぼうとする外国人にとってはどちらが難しいのでしょうか?
 
 日本語は発音が簡単だと言われる一方、文法は海外の人々にとってはかなり難しいようです。逆に中国語の方は文法は簡単らしいのですが、発音はかなり難しく、日本で使われるよりもさらに膨大な漢字を覚えなければなりません。両方の言語を学んだ外国人が、日本語と中国語、それぞれの難しさについて語っているスレッドがあったので翻訳してみました。
 
↓以下に海外からの書き込みを翻訳してお伝えします。  翻訳元: japan-guide.com

※ 次回更新日の日付を変更しました。ご指摘くださった方、ありがとうございます!







● スレ主

 日本語と中国語、どちらの言語を学ぶべきだろうか。僕は今19歳で、イギリスの大学に入って勉強を始めようとしているところだ。経営について学ぶつもりだが、外国語もちゃんと勉強したい。言葉だけでなく、その国の文化も学びたい。僕が候補として真剣に検討しているのは中国語と日本語だ。個人的に興味があるのは日本の方だから、最初は日本語を学ぼうと思っていた。そして現状では、僕が行こうとしている大学からだと、日本語を使う職が選べるチャンスも多いようだ。

 とはいえ、長期的に考えると中国語の方が需要は高いのかもしれないとも思う。それに僕のガールフレンドも中国系だから、中国語のほうが勉強は捗りそうだ。一方で、日本は犯罪発生率が低かったり、友好的で礼儀正しい文化や好ましい雰囲気など、僕が愛している要素もある。中国の方はまだよく知らないものの、汚職と犯罪の国というイメージだ。ただ、日本には地震もあるし北朝鮮の脅威もあったりするし…などと、色々考え始めると、どちらが良いのかよく分からなくなって混乱しているんだよね。

 そんなわけで、中国語と日本語、僕がどちらを勉強すべきかアドバイスをもらえればありがたいんだけど。






● どうして両方を勉強するという選択肢はないんだい?僕は日本語を2年間、中国語を4ヶ月ほど勉強している。個人的な感想としては、理解しやすいのは中国語のほうだ。動詞の活用で悩まされることもないしね。ただし、話すのは難しい。日本語の方は話すのは簡単だけど、文法の理解は難しいという印象だね。

 この両者が似た言語だという意味ではないけれど、日本語と中国語は互いを補完しあう言語という風にも思えるね。僕としては、中国語を学び始めたことによって、日本語の理解も高まったように感じたから。この感覚は少々説明しづらいけれど、中国語を学ぶことで漢字に触れる機会が増えたから、日本語に含まれる漢字についても、その構造が直感的に把握しやすくなったという感じかな。






● 中国語は本当に難しいという評判だけれど、実際のところは日本語より簡単だよ。四声という発音のトーンは、文字通り4種類覚えればいいだけだ。これは長くても5ヶ月あれば十分に慣れるよ。文法は究極に簡単だ。文字だけは難しいけどね。日本語には複雑な要素が色々と含まれているので、英語圏出身の人間は戸惑うことが多い。例えば、日本の漢字には音読みと訓読みの2種類があって、まるで別の言葉であるかのように発音が違ってくるんだ。

 どちらの言語を選んだ方がビジネスで有利なのかという点については、どんな職業につきたいかにもよるだろうし、今後10年でどんな状況の変化があるかにもよるだろうから、これは誰にも分からない。ただし、ちょっとやそっとの時間が経ったくらいでは絶対に変わらないと、僕が確信していることもある。
 
 例えば、もし君が懸命に日本語を学べば、日本人たちは君を仲間として受け入れてくれるだろう。しかし中国人は、君の中国語がどれほど堪能であっても、ほとんど受け入れてはくれない。特に相手の中国人の年齢が上になってくるほど、その傾向は強まってくる。言っておくが、これは僕が差別をしているわけじゃないよ。僕には中国人の友達が何人かいて、その中には中国で極めて高い地位についている人もいるんだが、彼らとのやり取りの中で学んだことだ。
 
 そんなわけだから、僕は日本語を選んだ方がいいと思う。






● 得意なことをやるべきだね。今後10年間でどの言語の重要性が高まるか、なんてことは誰にも予測不可能だ。仮に中国の成長が永遠に続くとしても(そう予測できる理由はどこにもないが)、実際に中国に住んで、そこでビジネスをやっていくのはとっても難しいことだ。日本についても、単に日本に旅行するだけならとても楽しいかもしれない。ただし、だからといって日本企業や日本でビジネスをしている日本以外の企業が、君を簡単に雇ってくれるわけじゃない。

 だから、自分が興味を抱いている方を勉強し、スキルを身につけるべきだと思う。それに加えて、自分の得意分野でかなり高い実力を持っていない限り、日本でも中国でも職を得るのは難しいだろう。例えば、エンジニアに関しては高い需要はあるが供給は低いと言われている分野だ。だが、そんな分野であっても実務経験がなかったり二流の実力しかなかったりすれば、エンジニアとしての職を得るのは難しい。単に、雇い主は自分に興味を持ってくれないんだという事実を確認するだけで終わってしまうだろう。
 
 日本語に関しては、難しいと主張する人もいるが、私はそう思わない。文法は私の母国語を含むヨーロッパ言語と比べればかなり簡単だし、発音も簡単だ。漢字も中国語に比べればかなり少ないし、いざとなれば、ひらがなやカタカナ(音節文字なので、学習しやすい)だけで意志表示をすることもできる。中国語は日本語よりさらに簡単だ。
 
 君は今母国語で物事を考えているだろうが、もし外国語で考えられるようになれば、外国語の修得はたやすい。逆に母国語で考え、それを頭の中で文法を考慮した上で外国語に翻訳していたりするなら、どんな言語であれ、修得は困難だ。
 
 どうか、以下の質問に答えてほしい。その答えが私からのアドバイスだ。
 
1) 十分な時間とお金がある場合、君は日本と中国、どちらの国に旅行したいのだろうか?また、日本にいるのと中国にいるのとでは、君にとってどちらが快適に感じるのだろうか?

2) アジア起源の武道や瞑想、伝統的な芸術などを習ったことはあるだろうか?もしある場合、その用語は覚えているだろうか?私は子供時代に柔道を習っていたので、技の名前など、柔道に関連する日本語は簡単に思い出せる。こうしたことは、意外と語学修得の助けになるものだ。

3) 丸暗記が得意な方だろうか?それなら君は中国語向きだ。それともロジカルに考えるのが得意な方だろうか?それなら、君は日本語向きだ。何か新しいことを体験した時にそれをロジカルに認識するタイプなら、日本語を学習する時に大いに役立ってくれるだろう。

4) 歌を歌うのは得意な方だろうか?もし得意なら、中国語の発音を学ぶのは君にとって簡単なはずだ。






● 中国は今も共産主義者の国だということは忘れちゃダメだよ。つまりビジネスは中国政府によってガチガチに管理されるということだ。政治的な話題は避けたいところだが、それでもビジネスに手出し口出ししてくる共産主義者と共に仕事をすることになるという点は覚えておかなければならないだろうね。どんなタイプの仕事を選ぶかによっても違いはあるだろうが、オープンな市場を持つ資本主義経済の国で働くことに比べれば、強い制約を受けるのは間違いない。つまり中国語を選ぶなら、言葉や文化だけでなく、共産主義者たちとの仕事の仕方まで学ぶ必要があるわけだ。

 これまで急成長を遂げてきたのは確かだから、ビジネスチャンスもまだ残っているかもしれないが、不安定だし、先がどうなるかの予想もつかない。一方、日本は少なくとも安定している。個人的な意見では、日本を選んでおいたほうが間違いはないだろうと思うよ。






● インドの事も忘れない方がいい。こちらも急成長しているし、エコノミストによると海外投資家頼みの中国経済とは違って、自立的な経済らしい。だから、インドの言語や文化を学ぶのもいいんじゃないかな。遠からず中国はバブルが弾けて景気後退していくのは明らかだしね。





● 自分にとって興味深く感じる方の言葉を勉強するべきだよ。好きな方を選んだほうが上達も早いし、何より楽しいからね。中国が経済力を強めてきたのは確かだけど、先がどうなるかなんて分からないんだから。10年から15年勉強すれば、職を得るのに必要な語学力は十分身につくだろう。





● もし、仕事のことだけを心配しているなら、日本語を選んだほうがいいよ。日本企業は世界中に支社を出しているし、日本人の大半は英語が苦手だ(英語テストの結果は、日本人がアジア最低だったらしい)から、競争も激しくないしね。君はすでに英語ができる。その上日本語の経験を積めば、相当優位に立てるはずだ。

 一方、中国語の方はどうかと言えば、競争がものすごく激しい。中国の人口は世界最多なうえに、彼らにとって英語は比較的マスターしやすい言語だからだ。つまり、英語と中国語の両方ができる人間は、すでに山ほどいるということだ。これは英語圏の人間にとって、中国でビジネスをやりたい時に中国人のビジネスパートナーを探しやすいという意味では、メリットでもある。ただ、君の中国語がどれほど上手でも、中国人は決して君を自分たちの一員とはみなさないということは注意してほしい。中国は外国の投資家に頼っている部分が大きいこともあって、ビジネスパートナーとしてなら受け入れてくれるという意味だ。
 
 日本人の持つ「ガイジン」に対するバイアスはよく語られることだけど、大半の外国人が実際に日本語を話せないという状況では当たり前だとも思う。基本的に外国人は日本語を話せないものと、日本人はほぼ自動的にそうみなしている。だから、外国人は日本の仕事にも適応できないだろうとも思っている。このことは日本語を話せる外国人にとって有利にもなり得るし、不利になることもある。
 
 もし君の日本語が非常に堪能で日本人と変わらないレベルであれば、雇い主は高い確率で驚いてくれるし、君の能力の高さを印象づけることもできる。しかし、逆に君の日本語がそれほど上手でないのであれば、日本人が外国人に対して抱いているステレオタイプを固定化することになり、君の持っている他の能力に対しても、さほどの注意を払ってもらえない。これは日本固有の現象というより、同じ条件が揃えばどんな国であってもそうなるはずで、心理的なものだと思う。
 
 要は「第一印象を拭うのは非常に難しい」という一般に言われることが、日本人から外国人への第一印象に関しても当てはまってしまうということだよ。






● 僕も3年前に同じ経験をしたから、興味深い質問だよ。ちなみに、僕は中国語、日本語、韓国語のどれを選ぶか迷った挙げ句、全部を一度に勉強することにした。ただ、決して簡単なことではないよ。文法や文字がどうであれ、どの言語も難しい。だからこそ、アメリカの大学ではカテゴリー4以上、つまりスペイン語やドイツ語に比べて多くの学習時間が必要な言語とみなされているわけだ。

 中国に関しては、ここでもみんなが語っているように、共産党の国だからまともにビジネスはできないと言われている。でも、台湾を忘れてないかな?日本と同じくらい発展していて、ビジネスの需要もある国だよ。それに、台湾は外国人にも外国人によるビジネスにも門戸を開いてくれているしね。
 
 中国は台湾ほどオープンではないかもしれないけれど、まだチャンスは残っているんじゃないかな。僕には、中国の深センでビジネスをしている叔父さんがいるんだ。彼は白人で標準的な中国語も広東語もまるで話せないんだけど、とても成功しているよ。中国経済の先が読めないのは確かだろうけど、だからダメとは言い切れないと思うね。日本だって、かつてはとても安定しているとは言えなかったのに、今の状態まで昇りつめたんだから。
 
 一般的には一等国と言われる国の言語を学ぼうとする人が多いよね。やはり、それらの国の文化には、すでに何かしらの形で親しんできたからだろう。もし君が中国語を選ぶなら、まるで親しんだことのない文化にこれから馴染まなければならないという負担があることも覚えておくべきだ。日本ももちろん異文化であることは確かだけれど、日本のほうが中国よりも西洋化されている部分があるから馴染みやすい。それに、日本と中国では文字に共通するところはあっても、文化はまるで別物だ。
 
 結局は君次第だね。自分が快適に学べる言語を選ぶといいよ。僕自身は日本語の勉強を一番頑張っているけど、それは日本が好きだからだ。中国語も将来的に必要になるだろうから勉強している。それと、よかったら韓国語に目を向けてもいいんじゃないかな。漢字が必要ないからね。






● 中国語と日本語、両方を勉強してきた僕の意見としては、両者の難易度は似たり寄ったりというところだね。

 文法は日本語より中国語のほうが簡単だ。中国語は英語の文法に似ているからね。ただ、中国語の文章を読めるようになるために学ばなければならない漢字の数は、日本語の何倍も多いんだよ。そこが大変な点だ。
 
 日本語の方は知っておくべきルールがとにかく多い。覚えておかなきゃならないことが本当にたくさんあるんだ。最初に日本語に接した時は、これはどう考えても世界最高難度の言語だなと感じたものだよ。ただ、ある程度日本語を覚えた今になって考えてみると、日本人にとっての英語はさらに難しいかもしれないとも思うね。特に時制とか前置詞、句動詞などをマスターするのは大変だろう。






● 日本語の文法と発音はシンプルだよ。とても機械的だから、ヨーロッパ言語よりも簡単だ。

 ただし、ネイティブたちとうまく話すには、社会慣習を学んで言葉の使い方を調整しなければならない。例えば、日本語には”remember”を意味する「覚える」という動詞がある。日常の場面では、そのまま「覚える」を使っても問題ないけど、公式な場面では「覚えます」という風に変化するんだ。公式な場面でなくても、相手が自分より高い地位にいる人であったり、お互いがまだ打ち解けていなかったりする状況では、やはり「覚えます」を使わなきゃならない。生徒が先生に話す場合や若者が年長者に話す場合も同じだ。つまり、話し手が聞き手に対して抱いている敬意の度合いによって、言葉が変化するということなんだよ。これを忘れたら大変だ。英語圏に例えるなら、下品なスラングを使って公式な場でスピーチするのと同じことになってしまうからね!

 中国語の場合、動詞の活用は無いに等しいけど、話し方のトーンの違いで同じ言葉でも意味が変わったりするのは特殊な点だね。文法の方は非常にシンプルだ。動詞の活用は今言った通りだけど、他の言葉でもほぼ変化することがない。社会的な慣習も日本よりは理解しやすいし、公式な場での言葉と非公式な場での言葉の使い方も、日本ほどに変化することはない。
 
 とは言え、ヨーロッパ言語を母国語に持つ者にとっては、日本語も中国語もトータルでは難しい。結局のところ、言葉を勉強することには、その言葉を使う社会や文化を勉強することも含まれてくるからね。だから、流暢に話せるようになるには、どうしても時間をかけて学習する必要がある。中国語であれ日本語であれ、その言葉を話す時に英語で考えているようではダメだ。僕も日本語を勉強している時、日本語を流暢に話したければ日本語で考えなければならないことに気づいた。さらに日本人のように振る舞うことで、僕の日本語も結果として上達していったよ。
 
  日本という国については、まだまだ発展しうると思う。もちろん日本経済がすでにかなり成熟しているのに対して、中国経済が発展の余地を残しているというのは、その通りかもしれない。ただ、仮にそうだとしても、日本で大儲けをするのも十分に可能だ。ビジネス文化が西洋とは異なるということだけは意識しておくべきだけどね。それを言うなら、中国だって西洋スタイルの資本主義に近づいてはいても、古風なビジネス習慣はまだまだ残っているんだから。無知が原因で名刺の出し方を間違えたり、相手の肩をポンと叩いたりしただけで商談が吹き飛ぶことだって十分有り得る社会だ。
 
  まとめると、純粋に言語だけを学ぶなら、それほど大変とは言えない。でも、言語を学ぶということは、考え方や行動も含めて身につけるということなんだ。そう考えると、日本語と中国語、どちらを学ぶのも決して簡単ではないし、簡単に正解を見つけられるわけでもないということだよ。


(翻訳終わり)



管理人より:次回の更新は 再来週の金曜日(5月25日)です。



↑ランキングに参加しました。記事を気に入って下さった方、クリックして頂けると嬉しいです!





Twitterで更新情報をお届けしています。
海外反応系ブログ 最新記事



 ■ 人気記事
5 「君の名は。」を観た海外の人々は何を感じたか? 5 「天空の城ラピュタ」を観た海外の人々は何を感じた?
5 米西海岸で「カレーハウスCoCo壱番屋」が人気店に。 ココイチにハマったアメリカ人の声を聞こう! 5 米テキサスで日本人がオープンしたラーメン店が超人気。お客さんの声を翻訳しました。
5 「火垂るの墓」を観た海外の人々は何を感じたか? 5 1991年発売のカシオ製腕時計「F-91W」が、米アマゾンのベストセラーに!海外からの熱い声をお聞き下さい。


コメント
日本語の発音が簡単だという割には上手く喋れる外人なんて滅多にいない
日本人の英語の方がまだ聞けるレベル
名無し #-|2018/05/11(金) 16:24 [ 編集 ]
発音は確実に中国語の方が難しいだろ。数段上(難しい)だと思う。
日本語は発音に関しては非常にシンプル。おそらく世界的にもかなり単純な方に分類されるはず。
No Name #mQop/nM.|2018/05/11(金) 16:28 [ 編集 ]
訛りは仕方ないだろう
簡単ってのは他人に理解できる言葉が話せるまでの難易度ということだよ
ネイティブに聞き違えるほどに習熟するのは簡単とか難しい以前に
大部分の学習者にとって必要がないことだ
名無し #-|2018/05/11(金) 16:38 [ 編集 ]
このよくある話だけど間をとって韓国語、が非常に多いことを知った時の衝撃
No Name #-|2018/05/11(金) 16:59 [ 編集 ]
バカガイジン判別機の日本語
日本語を話せるガイジンは頭がいいエリートか、日本が好きで日本に住んでいる人
それ以外は排除されるからいいよね
頑張って日本語勉強したらいいよ バカや根性なしはすぐ脱落して中国韓国に逃げる それでよし
No Name #-|2018/05/11(金) 17:33 [ 編集 ]
結局その国の文化やら何かを愛し、理解しないと上達はしないんだよね
No Name #-|2018/05/11(金) 17:36 [ 編集 ]
中国語できるけど、結局仕事では大して役に立たないな。現地で自営業や駐在するならともかく、取引相手との窓口としては結局英語のやり取りになる。中国語できない上司が同席しての会議なんて現地語で直の会話するなんてイヤミでしかない。
将来の有用性に期待するなら、何より英語を鍛えるのが正解。
No Name #-|2018/05/11(金) 17:45 [ 編集 ]
日本語は思ったより簡単とよく言われるが外国人でネイティブ日本人のように話している外国人はとても少ない。
片言の口語で話せれば自分が日本語を話せると勘違いしているとしか思えない。
例えば外国人の相撲取りさんのように日本語を話す外国人話者を自分は知らない。
No Name #-|2018/05/11(金) 17:49 [ 編集 ]
間を取ったら悲惨な未来しかないな。
結局語学学習はその国や文化に興味があるか?が一番重要なんだろうね。
No Name #-|2018/05/11(金) 17:55 [ 編集 ]
日本画は発音下手でも文法めちゃくちゃでも何となく通じちゃうからね
なかなかそこからがうまくならないんだよ
多くの外国語もそうだけど中国語とか特に発音おかしいと「はぁ?」って感じで通じないんだよね
No Name #-|2018/05/11(金) 18:05 [ 編集 ]
日本語は聞き取り手の能力に依存するからね
片言でも十分だと思うよ
自覚なくて何言ってるかわかんねえのはどうかと思うが
No Name #-|2018/05/11(金) 18:23 [ 編集 ]
>日本語の発音が簡単だという割には上手く喋れる外人なんて滅多にいない

いや英語民以外はネイティブレベルの外人も割と居る。
要するに英語はもんの凄い訛りのキツい田舎言葉みたいなもんだから英語民は日本語が下手ってだけw
No Name #-|2018/05/11(金) 18:25 [ 編集 ]
台湾は繁体字なので簡体字で中国語を学んでいると混乱すると思う
中国語専攻だったけど卒論で台湾の文献を調べたときに苦労した
No Name #-|2018/05/11(金) 19:09 [ 編集 ]
>日本語の発音が簡単だという割には上手く喋れる外人なんて滅多にいない
>日本人の英語の方がまだ聞けるレベル

どうやって比較してんのそれ
あなたバイリンガル?
No Name #-|2018/05/11(金) 20:00 [ 編集 ]
読み易い文章を書く主だな
あんまり興味がある記事じゃないのに読んでしまった
No Name #-|2018/05/11(金) 20:21 [ 編集 ]
再来週の金曜日は6月1日ですね
No Name #-|2018/05/11(金) 21:01 [ 編集 ]
かなり親身になって答えてて驚いたわ
No Name #-|2018/05/11(金) 22:12 [ 編集 ]
意思の疎通レベルなら日本語が簡単と思っていても間違いじゃないけど。
言い回しによる機微や、人称代名詞の使い分け、で伝えたいことを理解するのは大変だと思うぞ。
敬語系は言わずもがな。
  #-|2018/05/11(金) 22:12 [ 編集 ]
実際、中国語を覚えるメリットがない。
自分自身で個人的関係を深く築くつもりなのかもだが、一般的に中国人は利己的で契約を守らず家族意識が強い、ようするに仲間内にはなりにくい。
私も仕事で4~5ほど中国へ行くが、表向きは大接待されるが親密な関係は無理だ、コミュニケーションは台湾人女性通訳を介して全て行っている。
ビジネスとプライベートは中国人は明確に認識している印象だ。
そしてすでに欧米には、英語中国語を話せる移民した中国系もわんさかいる。
No Name #-|2018/05/11(金) 22:26 [ 編集 ]
日本語を場面によって使い分けるって言うけどさ
基本を敬語で覚えればいいんじゃないかと単純に思ってしまうんだがどうなんだろ
友達や恋人の様に親密な関係になったとしても敬語で不都合なことは無いと思うけど

あと流暢に話せないのは別に良いんじゃないかな
多少訛ってても標準語で習ってるんなら察しはつくし
沖縄弁とか津軽弁聞き取るよりは楽だと思う

しかし、韓国語って同音異義語が多いのに書き分け出来ないけど英語圏の人にとって覚えやすいのか?読めるけど意味がわからん機能的文盲にはならんのかな
No Name #cyIuRqdo|2018/05/11(金) 23:34 [ 編集 ]
元が英語圏だからどちらもそれなりに遠いな。
意思疎通に問題ない程度までやるならどちら選んでもそれなりに時間と労力かかるんだからそのレベルまで続けられる方を選べばいい。中国系の彼女が中国語話せて協力望めそうなら中国語にすればいいし、そうでなければより興味のある日本語にしとけば良いんじゃないか。
No Name #-|2018/05/12(土) 03:29 [ 編集 ]
漢字は使ってるけど全く別の言語ってのは理解されてないんだろうなぁ
No Name #-|2018/05/12(土) 07:37 [ 編集 ]
欧米人、特にガサツなアメリカ人からすると日本語よりも中国語よりもアジア圏の文化・風習に馴染むことが一番難しいだろうな
中国語はどうか知らないけど日本語の目上の人に対する話し方なんてその最たるものだよ
そこが理解できないと知識だけあってもうまく喋れない
名無し #-|2018/05/12(土) 07:47 [ 編集 ]
コメント残して頂けたら嬉しいです。^^
No Name #-|2018/05/12(土) 11:25 [ 編集 ]
日中言語を両方勉強し続けてるイギリス人紳士曰く
「どちらも形を覚えるだけ(日常会話レベル)ならどちらも簡単なのです。
それに中国語の場合は文法が英語と似ていますし、漢字も「一字一音」が基本です。
あと何より中国語には日常会話どころかビジネスでも敬語を使うことがまずないので、
日本語と中国語を比べると最終的には日本語の方が難しくなるんです。
何しろ現 代 中 国 語 の 二 割 は 和 製 漢 語 ですし…この件はとても混乱させられました…
仮名文字は良いんです…私たちの英字と同様表音文字ですから…漢字だって繰り返し勉強すれば…
最後は部首で何となく当て読みすれば良いんですから…でも…でも…敬語とか若者言葉とか…
和 製 英 語 とか!! ビルディングとブィルヂィング(building)…とか!!
スタジオとスチュヂオ(studio)とか…発音が別物なのに同じ言葉ってのは一番混乱するんですよ!!!
認識の齟齬が半端じゃないんですよ!!! 外来語はもう日本語なんですよ!!!!!
日本語学習は飲まなきゃやってられないんですよ!!!!! 言葉間違えて警察呼ばれかけたんですよ!!!!!」
って顔真っ赤で涙目で。
No Name #-|2018/05/12(土) 11:33 [ 編集 ]
どうせビジネス相手の中国人は英語を話してくれるので、日本語を学んだ方が良い
名無しさん@Pmagazine #-|2018/05/12(土) 21:46 [ 編集 ]
俺は中国語の発音が難しすぎて挫折した
声調言語マジ無理
名無しさん #-|2018/05/14(月) 13:11 [ 編集 ]
中国語一択でいいぞ
日本人としてもすすめる
No Name #-|2018/05/14(月) 18:03 [ 編集 ]
日本語のほうが難しい
年齢と上下関係が絶対だから
フランクな中国語のほうが外人はとっつきやすいだろうなあ
No Name #-|2018/05/22(火) 22:57 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/tb.php/228-1ce1e44a

次回更新


次回更新は2018年5月25日(金)です

人気記事

サイト内検索


最新記事一覧

外国人の疑問「日本語と中国語では、どちらのほうが難しいの?」【海外の反応】 May 11, 2018
日本語の難易度はどの程度?外国人たちが日本語学習にかけた時間の長さについて語り合う 【海外の反応】 Apr 27, 2018
「これなしの生活は考えられない!」 世界シェアNo.1のサロンパスはアメリカでも人気商品だった! 【海外の反応・レビュー翻訳】 Apr 13, 2018
G-SHOCKを愛用する米国人たちの声を聞いてみよう! 【海外の反応・レビュー翻訳】 Apr 06, 2018
全米をヤケドさせた? 象印製水筒の保温力に驚くアメリカ人続出! 【海外の反応・レビュー翻訳】 Mar 30, 2018
海外の人々は、映画「バトル・ロワイアル」を観て何を感じたのか 【海外の反応・レビュー翻訳】 Mar 16, 2018
「これなしでは暮らせない…。」 足を温める使い捨てカイロが海外で大人気!【海外の反応・レビュー翻訳】 Mar 09, 2018
マンハッタンの地下にある日本の居酒屋が大人気! 【海外の反応・レビュー翻訳】 Feb 23, 2018
【外国人の疑問】 日本に住んで日本食を食べたら、それだけで痩せるものなの? 【海外の反応】 Feb 09, 2018
「千と千尋の神隠し」を観た海外の人々は何を感じたか【海外の反応・レビュー翻訳】 Jan 26, 2018

カテゴリ一覧

お知らせ



相互リンク・RSS募集中です!

詳しくはこちらへ↓
 このブログについて

管理人への連絡ご希望の方はこちらの
メールフォーム
からお願い致します。




_

リンク

このブログをリンクに追加する

逆アクセスランキング

RSSリンクの表示

QRコード

QR


 |  日本の食事 | 日本製品 | 日本文化 | スタジオジブリ関連 | 日本の映像作品 | 日本の観光地・宿泊施設 | 日本人アスリート | ゲーム:任天堂 | ゲーム:ソニー | ゲーム:他ハード | ゲーム業界 | 未分類 | 当ブログについて | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 超訳コネクト
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
アクセスランキング