日本文化に対する外国人の反応を翻訳してお届けしています。超訳で世界と繋がろう!

超訳コネクト
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/
海外反応系ブログ 最新記事



マンハッタンの地下にある日本の居酒屋が大人気! 【海外の反応・レビュー翻訳】

2018/02/23 15:55|日本の食事TB:0CM:27

170901_01-1.jpg


 今回は、ニューヨークにおける日本食ブームの火付け役とも言えるお店、「酒蔵」のレビューを翻訳して、日本酒と日本食を愛するニューヨーカーの声をお届けします。
 
 マンハッタンにあるこのお店は、200種類を超える日本酒と、美味しい日本料理が味わえる居酒屋さんです。一見、なんでもないオフィスビルの地下にあるので、隠れ家的な雰囲気もあります。存在を知っていることが、ちょっと格好いいというタイプのお店ですね。在米日本人の方々の評判も良く、オープンから20年以上、高い支持を受け続けてきました。

 レビューサイト、Yelpに投稿された「酒蔵」のレビュー数は1,590件(2018年2月23日現在)、レビューの平均は4つ星です。内訳は、下図をご覧下さい。


180223_02s_201802231447120ac.jpg


↓では、ニューヨークの人々による居酒屋レビューをどうぞ。  翻訳元: yelp








● 男性 マサチューセッツ州 クインシー
  評価:★★★★☆

 やあ、僕があなたを酒蔵へ案内するガイド役だ。まあ、見栄えのする男じゃないことは認めよう。ひょっとすると、ガッチリした筋肉質で、シャープな顎の持ち主のほうが良かったかな?ただ、ああいう男はあんまりアテにならないことが多いものだよ。その点、僕なら顎はたるんでるかもしれないが、あなた方をちゃんと酒蔵に連れて行ってあげられるし、あなたのお子さんの誕生日を最高のものにしてあげることも出来るからね。ともかく、お会い出来て嬉しいよ。

 酒蔵は隠れた楽園だ。そして、僕はその店にたどり着き、実在することをこの目で確認した数少ない人間の一人なんだ。この店はビルの地下にある。行き着くには迷路のような廊下をくぐり抜け、ニセの入り口に注意しながら進む必要がある。そして、そのビル自体も、まさかこんなところにレストランがあるとは思えないような建物だ。でも、僕ならちゃんと連れて行ってあげられるから、安心してほしい。
 
 ただし、この旅を始める前に、少々、聞いてもらいたいことがある。何を注文すべきか、事前に頭に入れておいてほしいんだ。これは宿題だよ。なんといっても、ここは一流のお店だからね。そして、常連たちも一流だ。彼らのような人たちは、米を使ったメインディッシュがいかに素晴らしい料理なのか、自家製の麺を使った料理がどれくらいお腹を満たしてくれるものなのか、全部頭に入っているものなんだよ。
 
 デザートは少々地味かもしれないが、これは隠された宝物の発見のようなものだ。とにかく、メニューに載っている全てが素晴らしい味わいで、気分転換にも最高のものばかりだ。ただ、料理は注文してから15~20分後に届くこともあるから、お腹の空き具合には注意した上で注文してもらいたいね。シェフが料理を作るのは、過保護な父親が娘を大自然に連れて行くより、なお慎重に行っているんだと覚えておいてくれれば大丈夫だよ。

 よし、じゃあ、そろそろ店に案内しようか。





170901_03-1.jpg




● 女性 ニューヨーク ブルックリン
  評価:★★★★☆

 予約していた時間から、10分ほど遅れてしまいました。そこで、先にお店に着いているはずの友達に電話したのですが、電話もメールも応答なしです。仕方なく、自分でお店に行くことにしたのですが、ビルの地階に降りると、まるでボイラールームのような場所でした。これでは、電話が繋がらないのも仕方ないですね。

 お店の前までたどり着くと、私たちのグループがいて、彼らと合流できした。ただ、まだ入店待ちの状態です。お店の中からは、胃を覚醒させるような良い香りが漂ってきています。しばらく待っていると、女性店員が待たせたことをお詫びしつつ店内に案内してくれました。お店は混んでいましたが、彼女の謝罪と礼儀正しい接客のおかげで気になりません。
 
 照明は薄暗く、居心地良さそうな雰囲気です。テーブルにアレンジされた菊の花も良い感じでしたし、全体として、これぞ日本といったインテリアです。メニューもハードカバーで重みがあります。嬉しかったのは、日本酒が産地の地名とともにメニューに載っていることでしたね。日本の地図も書いてあります。そのおかげで、私たちは、目の前にあるお酒が日本のどこで作られたのかを理解しながら飲むことができました。


170901_04-1.jpg

 
 最初はスパークリング酒から飲み始めたのですが、これは今一つといったところでしたね。次に「限定品」と書かれたページに載っていた日本酒が目に留まりました。リンゴから作られた日本酒と書かれています。非常に気になったので、82ドル(約8,770円)でしたが、ボトルで注文しました。これは本当に最高のお酒で、私たちはみんな、ぞっこんに惚れ込んでしまいました。さらに注文しようとウェイターに話しかけると、さっきのが最後の一本だったとのこと。アアア…、残念。その後は、好みのお酒を見つけようと、色々な日本酒を試し続けました。
 
 スタッフは皆日本人で、私たちの見たところ、ネイティブのようです。だれもが日本酒についての知識も豊富で、言うまでもなく、自分たちの文化に誇りを持っています。
 
 料理については家庭料理が中心のようです。どの料理も味付けはマイルドでありながら、香りはとても素晴らしく、バランスの良さが見事です。個人的には、料理に使われている醤油と酢に秘密があるんじゃないかな?と感じました。どうやら、自家製のオリジナル醤油を使っているようなんですよね。そう、つまりキッコーマン醤油を使っているわけじゃないってことです(笑)。アジア系の友人から、アジアではそれぞれの家庭で独自の醤油を作っていると聞いたことがあるのですが、そうしたものだったのかもしれません。
 
 例えば、直火で焼いたウナギと、キュウリ、海藻を和えた料理を食べたのですが、これにかかっていたソースは醤油と酢を混ぜたもののようです。このソースは、他の料理にも使われていました。このソースがちょっとかかっただけで、料理に何やらミステリアスな美味しさが加わるのです。私は、このウナギとキュウリの和え物が大好きになりました。料理と料理の間で食べると、口がリフレッシュされる感じがしますし、日本酒にも凄く合うんです。


170901_05-1-2.jpg

 
 ホタテの刺し身にマンゴーソースのかかった料理も素晴らしかったですね。このマンゴーソースは本当にリッチな味で、まるでウニのようです。マグロタルタルも最高でした。どれだけ食べても、食べ足りません。言うまでもなく、盛り付けも美しいものでしたよ。シューマイは最高というほどでもありませんでしたが、OKではありました。銀鱈の柚庵焼きは食感が最高でした。
 
 デザートでは、黒ゴマクレームブリュレの美味しさがずば抜けていました。クリーミーで過剰なほど濃厚ではなく、アイスクリームとの組み合わせもバッチリで、これは、もう天国でしたね。ただ、海塩を使ったチョコレートはダメでした。辛さが強烈過ぎましたね。
 
 最後は、みんな酔っ払っていました。最高の日本酒に巡り合うために何杯も飲みましたし、その最高の日本酒も2本空けましたからね。そう言えば、酔っ払ってトイレに行った友達が、「ハイテクトイレが凄いぞ!」と、エキサイトしながら戻って来ました。確かに日本のトイレは凄いですよね。私もよく分かります。彼も、きっと色々楽しんだんでしょう(笑)。
 
 会計は一人あたり約70ドル(約7,490円)です。帰り際、酔っ払った私がコートを着るのに手間取っていると、店員の女性が手伝ってくれましたよ。
 
 本当に素敵な料理、そしてお酒でした。このお店には、きっと、すぐにまた来ることになるでしょうね。





170901_06-1.jpg




● 男性 カリフォルニア州 ダンビル
  評価:★★★★★

 ワーオ!真の日本を体験できるお店だったよ。料理は究極なまでに美味かった。Yelpのおかげで最高のサプライズを味わえたよ。Yelp無しでは、まず見つけることなんて出来なかった店だからね。

 ただし、Yelpに書かれた住所に行っても、最初は戸惑ってしまう。「こんなところにレストランなんてあるの?」と思ってしまうような建物だからだ。なんだか教育施設のようなロビーに入ると、ガードマンがいる。「レストランはどこだい?」と聞いてみると、「地下だよ」との答え。「なんだか変な場所に来ちゃったぞ」と思いながら、僕らは地階に向かった。
 
 しかし、店に一歩足を踏み入れると、そこはもう東京だったんだよ。ウェイターも含めて、従業員は皆日本人だった。お客もなんと8割以上は日本人のようだ。これは最高の店かもしれないぞ、と僕らは思った。そして実際、料理は絶品だった。僕らはすっかり感激してしまったよ。特に鴨ローストねぎ巻きと茄子田楽が最高だった。全ての料理を心ゆくまで堪能したね。それから、日本酒もかなり豊富に揃っている。
 
 僕らは、ひたすら飲み続けた。料理だけじゃなく、酒もサービスも素晴らしかった。次にマンハッタンに行くときも、絶対にまた行こうと思っているよ!





170901_07-1.jpg
ビルの入口




● 女性 ニューヨーク
  評価:★★★★★

 今のアメリカ人の観光旅行では、旅先の土地のちゃんとした料理、それも子供だましじゃないものが求められる傾向があるようです。

 その土地の料理が旅行者向けであるかどうかは、また別問題ですけれど、日本の人々について言えば、彼らがアメリカの料理を求めていないことは、間違い無さそうです。日本人の友だちがいたり、日本人とビジネスをした経験があったりする人ならご存知の通り、彼らがアメリカに来ても、私たちの、あの悪臭を放つホットドッグを食べようとしません。彼らは日本の料理が大好きなんです!

 私にも日本人の友だちがいるのですが、その東京出身の彼から教えてもらったのが酒蔵です。ラッキーでしたね。お店の場所は、いつものようにまぶしく輝いているミッドタウンのオフィスビル地階です。階段を降りて行った先には日本がありました。あなた自身も、自分が日本人になったかのように感じることでしょう。本当にそうなんです。


170901_08-1.jpg

 
 たった30秒前に、ラジオから流れるマーヴィン・ゲイの曲に合わせて一緒に歌うガードマンの横を通り過ぎたばかりなのに、今は東京にいるんですからね。本当に素晴らしいですよ。その雰囲気をより本物らしくしてくれたのが、私をここに連れてきてくれた日本人の彼です。私たちは彼に任せて、全てを注文してもらいました。「本日のスペシャルメニュー」も最高でしたけれど、大根サラダやじゃがいも団子、エビ団子にざるうどん、おにぎりといったレギュラーメニューも、本当に良い味でしたね。
 
 食事は、食べたもの全てを愛してしまうほど気に入ったのですが、でも、このお店でずば抜けていたのは、やっぱり日本酒ですね。私たちは、二人でボトル二本空けましたが、今まで味わったお酒の中でも、最高にまろやかなお酒でした。これがなんというお酒だったのかは覚えていません。でも、本当に見事な味でした。恐らく、ウェイターのおすすめに従ってお酒を選んでも、失敗することは無いと思いますよ。
 
 デザートが欲しくなったら(私は常に欲しがっています)、黒ゴマクレームブリュレをおすすめします。私は海塩のチョコレートシャーベットを注文して、これも美味しかったのですが、彼のクレームブリュレの方が良かった事に気づきました。量も、ちょっとアンフェアなほど多いようでしたしね。
 
 でも、全体としては本当に楽しく、そして他では味わえないものを色々と経験できました。たとえ東京出身の彼がいなくても、絶対にまた行こうと思っています。
 
 ああ、それから、ここにはスマート・トイレがあるんです。そう、センサー付きのトイレですね。オールドフェイスフル(訳注:イエローストーン国立公園にある間欠泉)のミニチュア版が装備されていますので、一度試してもらいたいですが、大変なことになる可能性もありますので、デートの時は色々いじらない方が無難でしょうね。






170901_09-1.jpg





● 女性 ニューヨーク ブルックリン
  評価:★★★★☆

 日本酒、料理、雰囲気、素晴らしいところが色々ありすぎて、何に絞って書くべきか迷うほどのお店でした。

 お店の場所は、Yelpでも4点以上という高評価のお店が立ち並ぶエリアです。でも、私はソバ屋さんやお寿司屋さんに心を奪われる事はありません。だって、どんなものか想像がつくでしょう?そこで今回、私が行ったのが酒蔵です。このお店は地下にあります。地下にあるというのが、とても重要なポイントですよ。

 一歩お店に入れば、そこは地下にある秘密のバーという雰囲気に満ちています。ノレン、竹、日本の観葉植物といった、美しく伝統的な日本風のインテリアに彩られていて、とても印象的なお店です。日本酒のボトルもたくさん並んでいます。


170901_10-1.jpg


 私が一番好きな日本酒は、にごり酒です。これは粗いフィルターしか通していない濁ったお酒のことです。最高に甘みがあって、時には、小さなごはん粒のカケラさえ入っています。
 
 これが品の良いことなのかどうか分かりませんが、今回は、以前から飲んでみたかった発泡にごり酒を注文しました。緑色のボトルに入った日本酒は、最初、上が水っぽく下が濃い二層に分かれていたのですが、店員さんがそれをそっと混ぜると全体的に淡く白いお酒となり、それを細長いグラスに注いでくれました。
 
 このお酒と最高に合うものはなんだろうとメニューを探した結果、私たちが選んだのは、マンゴーソースのかかったホタテの刺し身でした。別に品のない選択ではないですよね?あくまで個人的な好みかもしれませんが、ホタテは素晴らしいものでした。時間をかけて選んだ甲斐がありました。味も食感も見事で、特に口の中で溶けるかのような柔らかさは、これが貝だとは信じられないほどでした。
 
 2杯めのお酒を選ぶのにも時間がかかりました。ようやく選んだお酒は、この店が揃えている200種類の日本酒の中でも、特別な限定品だそうです。一口飲んで、私たちは恋に落ちました。残念ながら、そのお酒の名前は忘れてしまったのですが、味の方は忘れることが不可能なほど素晴らしいものでしたよ。
 
 ただ、私たちが注文したところでそのお酒は品切れになったので、次に、その代わりになるお酒を見つけるのは大変でしたね。少なくとも、6杯は飲んだと思います。でも、どのお酒も素晴らしかったですよ。

 もちろん、その間に料理も注文しました。料理のメニューも決して種類が少ないわけではなかったし、美味しそうなものばかりでしたので、これも、やっぱり選ぶのに時間がかかりました。

 私たちが注文したのは、マグロタルタル、うざく、銀鱈の柚庵焼き、牛スジと黒こんにゃくの煮込み、茶碗蒸し、湯葉シューマイでした。他にも食べようと思っていた豆腐は、注文したのに忘れられたようですが、そんなことは気にならないほど、最高にハッピーな気分になれました。特に見事だったのは、うざくとマグロタルタルですね。

 デザートには黒ゴマクレームブリュレと海塩のチョコレートアイスクリームを頼みました。美味しそうでしょう?味も期待を裏切らないものでしたよ。クレームブリュレは茶庵(訳注:ニューヨークの和風スイーツ店)で食べたものと同じくらい美味しくて、チョコレートの方も変わった味ではありましたが、好きにならずにいられない味でした。少し塩が加わることで、とてもバランスのとれた味になるんですね。

 もう少しで、このレビューも終わりですが、書き残したことが二つあります。一つ目は、この店を選んだ私は正しかったということですね。そしてもう一つは、なぜ五つ星をつけないのか?という点です。五つ星は完璧を意味しますが、完璧じゃないところが二つあったんですよね。一つ目は、私たちは予約の時間通りにお店に着いたのに、しばらく待たされたこと。もう一つは、私たちの一番好きなお酒がすぐ品切れになったことです。

 私は、いつだって完璧を求めているというわけじゃないですよ。ただ、ここにはつい完璧を求めたくなるんですよね。






170901_11-1.jpg




● 男性 ニューヨーク
  評価:★★★★★

 特に面白みのない友人があなたの前に現れ「先週、最高の店に行ったよ。確か、酒蔵という名前の店だったかな?」などと切り出された、なんていう経験は、誰にでもあるんじゃないかな。メインストリームの雑誌などで紹介記事を見たこともあるだろうし、Yelpでレビューを見かけることもあるだろう。そして、恐らく「古ぼけたビルのロビーを通り、薄汚れた階段を下りると現れるハイクラスの隠れ家、それが酒蔵だ」などと書かれていたはずだ。

 こうした類の、ありがちな情報にうんざりする気持ちは良く分かる。でも、酒蔵は本物だった。入り口が分かりにくいのも単なるギミックじゃなかったよ。店自体に本物の隠れ家のような雰囲気があるから、入り口が分かりにくいのも納得だ。本格的な店という雰囲気もあるし、妙に古めかしい感じがするのも面白いね。

 よし、オープニングは素晴らしかった。でも、肝心の料理はどうなんだ?酒蔵は、その点も抜かりなかった。長らく日本の家庭料理にハマっている僕にとっても、強烈な刺激をもらえたよ。
 
 たとえば、温泉たまご。これは日本の温泉地ではポピュラーなメニューだ。温泉の温度でゆっくりソフトに茹でた玉子を出汁につけて食べる料理で、黄身の輝きが素晴らしい。ただし、ここニューヨークの街では実質的に存在しなかった料理と考えていい。それが酒蔵にはあったんだ。全く驚きだったよ。しかも、ここの温泉たまごにはウニやイクラが加わっているから、さらに価値がある。出汁のほのかな味わいが、イクラの塩気によって際立たされている感じだね。見た目もゴージャスだった。


170901_12-1.jpg


 
 三食茄子田楽は、茄子の薄いスライス三切れに、味噌ベースのそれぞれ異なるソースがかかった料理だ。非常にエレガントな料理だが、同時に、とてもピュアでシンプルだ。人によっては少々シンプルすぎるんじゃないかと感じるかもしれないね。でも、この完璧に焼き上げられた香ばしい茄子、それに三種類のソースでアクセントをつけたこの料理を一口食べれば、日本料理の調理技術がフランス料理にまったく引けを取らないものだということを、改めて実感させられると思う。
 
 豚の角煮も洗練された料理だったが、それが逆に裏目に出たかもしれない。肉が柔らかすぎて、箸から落ちてしまうんだよね。これは、僕の箸を扱うスキルの問題なのかもしれないけれど。ただし、味は素晴らしかった。ジューシーな豚を甘辛く味付けした絶品料理だ。豚肉を使ったすべての料理の中で、代表に選ばれてもおかしくないような味だったと思う。
 
 他にも、ホタテの料理にかかっていたマヨネーズは、僕が知る中では最も上品な味だったし、旨味の染み込んだ大根の料理も見事だった。また、あらゆる料理の盛り付けが美しかった。まるで、芸術作品のミニチュアを味わっているような気持ちになれた。細かいところまで考え抜いた料理なんだということも伝わってくる。
 
 もちろん、完璧じゃない部分もある。味噌汁は妙に濁った味だったように感じたし、タラは少々パサついた感じだった。唐揚げは少々、皮の部分が多すぎたかもしれない。

 この10年間で、ニューヨークにも本格的な居酒屋は増えてきたと思う。でも、まるで日本にいるかのような感覚を、ここまで完璧に体験させてくれる店はなかったよ。そして、料理の味はピーター・ルーガー(訳注:ニューヨークの名門ステーキハウス)のような一流店と肩を並べるレベルだ。単なるエキゾチックな隠れ家として分類されるべき店じゃないね。体験せずに済ませるには、あまりに惜しい店だ。
 
 ああ、そういえば、日本酒については書いてなかったね。でも、90%の確率でまた行くことになるだろうから、そのときに書くよ。





170901_13-1.jpg






● 女性 ニューヨーク
  評価:★★★★☆

 酒蔵は、ずっと前から行きたかったお店でした。ただ、いざ行こうとすると、ハリケーンを始め、二度も暴風雨に見舞われてしまって、これはもう、この店には行けない運命なのかしら?と思わざるを得ませんでした。でも、今日、とうとう夢にまで見た酒蔵に行ってきました。

 酒蔵は地下にあります。まるで、熱狂的なファンから身を隠すミステリアスな男性のようです。ネットの繋がりが悪いのは少々不満ですが、スマートフォンの画面を見る代わりに友達の目をしっかり見てお話しできましたので、結果的には、それも良かったのかもしれません。
 
 酒蔵は、見かけがエレガントなだけではありません。最高の日本料理を出してくれるのです。男性に例えるなら、まさに理想の男性といったところです。壁際の棚には日本酒のボトルが並び、米俵のようなものも飾られています。そして、竹で飾られたトイレに行くと、私はまるでハネムーンで日本に来たかのような気持ちになりました。
 
 自家製の豆腐は、まるでシルクのような滑らかさで、口の中でゆっくり溶けていきます。豆腐は私の一番好きな料理というわけではありませんでしたが、それでも、十分楽しませてもらいました。
 
 酒蔵にはシーフードを使った料理もありますが、同時にベジタリアンも満足させてくれます。こういうお店は稀です。多才な男性といったところですね。友人が注文したのは海老の天ぷらと鮭フレーク丼です。彼は天ぷらの衣の軽いクリスピーな口当たりを愛していました。そして、鮭の新鮮さも。酒蔵で出す料理はどれも素材本来の味を出すことにフォーカスされていて、強めの味付けは控えているようです。
 
 ただ、全ての男性がそうであるように、酒蔵も完璧ではありません。私たちが行ったのはお昼だったのですが、ランチメニューで出る料理は限られているのです。私は卵焼きを注文できなかったのが残念でした。友人の方は豚の角煮が注文できなくて、ガッカリしていました。
 
 そうは言っても、どんなレストランでも欠点はあるものです。酒蔵が私たちに提供してくれたものは、インテリアから料理まで、全てが見事でした。それを考えれば、欠点は些細なものに過ぎません。むしろ、私は恋に落ちました。次にここへ来た時は、もっと色々な料理を試そうと思っています。


(翻訳終わり)




管理人より:次回の更新は再来週の金曜日(3月9日)です。それ以降は、また毎週更新のペースに戻れると思います。





↑ランキングに参加しました。記事を気に入って下さった方、クリックして頂けると嬉しいです!





Twitterで更新情報をお届けしています。
海外反応系ブログ 最新記事



 ■ 人気記事
5 「君の名は。」を観た海外の人々は何を感じたか? 5 「天空の城ラピュタ」を観た海外の人々は何を感じた?
5 米西海岸で「カレーハウスCoCo壱番屋」が人気店に。 ココイチにハマったアメリカ人の声を聞こう! 5 米テキサスで日本人がオープンしたラーメン店が超人気。お客さんの声を翻訳しました。
5 「火垂るの墓」を観た海外の人々は何を感じたか? 5 1991年発売のカシオ製腕時計「F-91W」が、米アマゾンのベストセラーに!海外からの熱い声をお聞き下さい。


コメント
温玉のウニうまそうやなぁ
  #-|2018/02/23(金) 16:44 [ 編集 ]
アルコールが飛ぶように売れるんなら儲かってるんだろうね。
名無しさん #-|2018/02/23(金) 17:14 [ 編集 ]
いつもながら行きたくなってくるレビューだね
  #-|2018/02/23(金) 17:31 [ 編集 ]
この上にレナートっていう語学学校があったな。
東京値段だけど、多分ニューヨーク一、二の学費の高さ。
高いけど、質もいいからレベルも高かった。直営のコンビニも日本のお菓子が置いてて人気。
ニューヨーク行って勉強したいならオススメ。
No Name #-|2018/02/23(金) 17:48 [ 編集 ]
再開前からずっと見てるけどやっぱここの翻訳は最高だわ
ずっと続けて欲しいと切に願います
No Name #-|2018/02/23(金) 17:57 [ 編集 ]
俺より日本食楽しんでんな
No Name #-|2018/02/23(金) 18:04 [ 編集 ]
相変わらず食べ物関連の翻訳記事は素晴らしいね
料理もなかなか美味しそうだ
名無しさん@Pmagazine #-|2018/02/23(金) 18:25 [ 編集 ]
居酒屋ってもニューヨークじゃかなり予算が掛かりそうだな
  #-|2018/02/23(金) 18:25 [ 編集 ]
これだけの量を翻訳するのは大変だったでしょう。
他の翻訳まとめサイトはアフィリエイト目的丸出しで
ほんの少ししか翻訳していないサイトが多いのに。
名無し #-|2018/02/23(金) 19:21 [ 編集 ]
再開ありがとうございます。
読みごたえあるのは、ココとするらどさんくらいしかないから。
アメリカの日本食店では茄子田楽と黒ゴマ系や抹茶系デザートはマストのようですね。
チョコレートにはヨーロッパの岩塩の方が合います。
海塩だと辛みが立ちすぎてるし、雪塩ならマイルドだけど高いしね。
No Name #-|2018/02/23(金) 19:54 [ 編集 ]
椅子とテーブルが残念で空間が狭そうだけど料理は凄く美味しそう
普通の和食じゃなくアレンジしてる
No Name #EBUSheBA|2018/02/23(金) 20:14 [ 編集 ]
日本人が評価されると必ずナリスマシの「アルカニダ」が現れます。
その後起源を主張します。
間違いを指摘すると発狂しながら逃走します。
No Name #-|2018/02/23(金) 20:29 [ 編集 ]
マサチューセッツ州 ww
No Name #-|2018/02/23(金) 20:32 [ 編集 ]
大西くん(笑)
No Name #-|2018/02/23(金) 20:40 [ 編集 ]
日本の居酒屋みたい
向こうで材料調達って大変そう
名無しさん #-|2018/02/23(金) 20:40 [ 編集 ]
>相変わらず食べ物関連の翻訳記事は素晴らしいね

そう、まず記事の選び方がいい。
紹介上手な外国人の楽し気なレビューを、すごく上手に訳してくれることが多い。食べ物以外の記事もいい感じだよ。
でもこのブログが印象に残ったのは、ハイローコンテクストの話が面白かったから、すらるど・ぱんどら・かいこれとともにチェックする(敬称略)
翻訳スキルも大事なんだろうけど、日本語の文章力とか教養とか大事だよなぁと思う。
視野が狭いとか、バランス感覚ないと、使い回し記事や難解すぎるネタになっちゃうからね。
No Name #-|2018/02/23(金) 21:22 [ 編集 ]
今回も面白かったです。有難うございました。
e-437
No Name #OARS9n6I|2018/02/24(土) 00:20 [ 編集 ]
新宿辺りのお店に見える
  #-|2018/02/24(土) 00:49 [ 編集 ]
NYは海産物に恵まれてて漁業を生業にしている人達もいる。
メニューにある、甘海老にいくらに鮭や鮃(オヒョウ)はカナダ、雲丹は西海岸、鮪はボストン、ワシントンの港湾には侵略的外来種の若芽もある。
ホタテや日本鰻以外は難しくない。
No Name #-|2018/02/24(土) 01:51 [ 編集 ]
楽しさが伝わって来ます。
20年以上も愛され続けているお店って凄いですね、多分レビューで4・5を付けて楽しんでいた人達は、少しの欠点は楽しさの方でカバー出来る人達で、小評価の人は逆なんだろうね。
人生どちらが楽しいかと言ったら、最初の方の生き方が良いなとレビュー読みながら思いました。
No Name #-|2018/02/24(土) 03:58 [ 編集 ]
Yelpのレビューみたけど
中にちらしずしとか盛りつけひどいのある
うどんの汁も濃いそう
結構星が3とか2とかが多い、ここは
No Name #-|2018/02/24(土) 11:25 [ 編集 ]
更新乙です
俺ここの食レポ読むの大好き
これからも頼んます
No Name #-|2018/02/26(月) 04:59 [ 編集 ]
家庭で独自の醤油を作っている人は挙手(笑)
名無しよん #-|2018/02/26(月) 12:38 [ 編集 ]
アメリカ人に日本酒の美味しさをわかってくれる人が多くてうれしいです。
名無し #-|2018/02/28(水) 18:05 [ 編集 ]
酢と醤油が混ざったようなソースって、もしかしてとんかつソースとかの
アメリカに存在しないだけで日本ではありきたりなものだったりする?w
  #-|2018/03/04(日) 23:19 [ 編集 ]
福井県の黒龍とか品揃えもいいね。
ただ、予約のお客さんを待たせるのはあんまり良くないから、待ち時間に日本酒の蘊蓄パンフレットなど読んでもらうといいと思う。

No Name #-|2018/03/08(木) 12:46 [ 編集 ]
ここは本物ですな
画像は日本人から見ても美味そう
酒も良さそうなもの揃えてるし
No Name #4QLzjDlI|2018/03/09(金) 21:57 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/tb.php/221-def50e5a

次回更新


次回更新は2018年5月25日(金)です

人気記事

サイト内検索


最新記事一覧

外国人の疑問「日本語と中国語では、どちらのほうが難しいの?」【海外の反応】 May 11, 2018
日本語の難易度はどの程度?外国人たちが日本語学習にかけた時間の長さについて語り合う 【海外の反応】 Apr 27, 2018
「これなしの生活は考えられない!」 世界シェアNo.1のサロンパスはアメリカでも人気商品だった! 【海外の反応・レビュー翻訳】 Apr 13, 2018
G-SHOCKを愛用する米国人たちの声を聞いてみよう! 【海外の反応・レビュー翻訳】 Apr 06, 2018
全米をヤケドさせた? 象印製水筒の保温力に驚くアメリカ人続出! 【海外の反応・レビュー翻訳】 Mar 30, 2018
海外の人々は、映画「バトル・ロワイアル」を観て何を感じたのか 【海外の反応・レビュー翻訳】 Mar 16, 2018
「これなしでは暮らせない…。」 足を温める使い捨てカイロが海外で大人気!【海外の反応・レビュー翻訳】 Mar 09, 2018
マンハッタンの地下にある日本の居酒屋が大人気! 【海外の反応・レビュー翻訳】 Feb 23, 2018
【外国人の疑問】 日本に住んで日本食を食べたら、それだけで痩せるものなの? 【海外の反応】 Feb 09, 2018
「千と千尋の神隠し」を観た海外の人々は何を感じたか【海外の反応・レビュー翻訳】 Jan 26, 2018

カテゴリ一覧

お知らせ



相互リンク・RSS募集中です!

詳しくはこちらへ↓
 このブログについて

管理人への連絡ご希望の方はこちらの
メールフォーム
からお願い致します。




_

リンク

このブログをリンクに追加する

逆アクセスランキング

RSSリンクの表示

QRコード

QR


 |  日本の食事 | 日本製品 | 日本文化 | スタジオジブリ関連 | 日本の映像作品 | 日本の観光地・宿泊施設 | 日本人アスリート | ゲーム:任天堂 | ゲーム:ソニー | ゲーム:他ハード | ゲーム業界 | 未分類 | 当ブログについて | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 超訳コネクト
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
アクセスランキング