日本文化に対する外国人の反応を翻訳してお届けしています。超訳で世界と繋がろう!

超訳コネクト
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/
海外反応系ブログ 最新記事



海外でのクルトガ(三菱鉛筆)評価が高すぎる!【海外の反応・レビュー翻訳】

2018/01/12 16:13|日本製品TB:0CM:40

180112_01.jpg


 日本メーカーが作る文房具の優秀さが海外でも有名であることは、すでに皆さんも御存知のとおりです。このサイトでも、過去にパイロットの「消せるボールペン」の海外評価をご紹介しましたが、今回は、三菱鉛筆製「クルトガ」の海外レビューを翻訳してみました。

 今さら「クルトガとは何か?」を書く必要もないかもしれませんが、鉛筆やシャープペンシルを使う機会がほとんど無い方もいらっしゃるかもしれないので、簡単にご説明しますね。このクルトガは、芯が回転する機構を搭載しています。これにより、芯の片側だけが減っていく、いわゆる「偏減り」が無くなります。そのおかげで、線が太くなったり薄くなったり、あるいは折れやすくなったりといった従来のシャープペンシルの欠点を解消しているというわけです。三菱鉛筆が開発し、2008年から販売されています。
 
 米アマゾンでの人気もかなり高く、今回翻訳した「クルトガ ローレット」に投稿されたレビュー数は1259件(2018年1月12日現在)、評価の平均は5つ星中4.5つ星と、評価の高さもかなりのものです。レビューの集計は下図をご覧下さい。


180112_02.jpg


↓では、レビュー翻訳をどうぞ。  翻訳元: Amazon









● 「これまでで最高のシャーペン」 男性
  評価:★★★★★

 まずは、僕がちょっとした鉛筆マニアだということを最初に言っておこうかな。だから、これまでかなりの種類の鉛筆を使ってきたんだ。クルトガだって、安いものは1年前から持っていたよ。今回は、その古いクルトガの代わりにこのシャーペンを購入したというわけだ。

 ただ、基本的には自分のコレクションに加えるために買っただけなので、最初はほとんど使わなかった。でも、実際に使ってみると、仕上がりが最高だったんだよね。だから、今となってはもう線が太い他のシャーペンを使おうという気にはならない。特に物理学や微積分の計算をする時には細かい文字や数字を書くからね。
 
 芯を回転させる機能のおかげで、しっかりと細い線が書けるのはありがたいよ。芯を節約する効果もあった。ただ、クルトガの中でも、特に素晴らしいのは、このローレットモデルなんだということは覚えておいてもらいたい。
 
 このクルトガに関しては全てが気に入っているけど、この重量感は絶妙だね。他のほとんどのシャーペンに欠けている要素だ。言うまでもないことだけど、重いからといって不快になるわけじゃないんだ。全体の重さ、そして、グリップを握った時の重さのバランスが素晴らしい。文字通り、何時間でも書き続けていられるくらい快適だ。それに加えて、デザインも最高に良いしね。全体の質感も良いし、グリップを握った時の感触も素晴らしい。全てがクールで洗練されていて、独創的で、もはやオーラさえ感じるよ。
 
 僅かな不満としては、芯が回転していることを示す窓があるんだけど、これが他のクルトガと比べても少々小さすぎて確認しづらいことかな。ただ、デザインとしては、むしろこちらの方が格好いいと思うし、まあ、それほど重要なポイントでもないんだけどね。
 
 このシャーペンは完璧だ。感触も見た目もパフォーマンスも全てがグレートだ。これまでのクルトガも1年以上使い続けてきたけど、今回のクルトガは、品質を考えれば数年間は使い続けられるんじゃないかと期待しているよ。とにかく、非の打ち所がない。






180112_03.jpg




● 「いくつかの欠点がある美しい鉛筆」 女性
  評価:★★★★★

  最初に、これが高価なシャープペンシルだということは言っておかなきゃなりません。ええ、確かに値段は高いです。でも、一度使ってみれば、その理由はすぐ理解できるでしょう。行く先々で私がこれを使うと、みんながこちらを見て、「わあ、素敵なペンを使ってるわね。」と言ってくれるんです。

 本当にセクシーなシャープペンシルですよ。これまで使ったシャープペンシルの中でも最高にカッコいいですね。でも、値段が高い理由は見た目のせいだけじゃありません。素晴らしい機能が搭載されているためでもあるんです。
 
 これを使って文字を書くと、内部が回転します。だから何なの?と言われそうですが、これが凄く便利なんです。普通、シャープペンシルで文字を書いていると、芯の片側だけがすり減ってしまって、文字が太くなっていきますよね。だから、それを防ぐためにシャープペンシル自体を自分で回転させなきゃなりません。ところが、このシャープペンシルは、自動で芯が回転してくれるので、自分で回す必要が無いんです。
 
 私が一番気に入っているのは、芯が回ったことを確認できる小さな窓がグリップについていることですね。とってもクールですよ。逆に困った点としては、消しゴムです。ちょっと小さすぎます。使い始めて3日目で、ほとんど使い切ってしまいました。ですので、消しゴムは別に用意しておいた方が良さそうです。ああ、それと本体の方にも欠点があります。ポケットなどに挟んでおく時に使うクリップの部分ですね。この部分だけは金属じゃないようなので、傷がつきそうです。その他の部分は金属製で上質な感じがするんですけどね。

 それから、このシャープペンシルを買おうと思っている人は、専用の芯も買ったほうがいいですよ。かなり折れにくくてタフな芯ですからね。実際に書いてもらうと、違いはすぐに分かるはずです。それに、かなり長持ちしてくれますよ。

 いくつか欠点も書きましたけれど、全体としては素晴らしいシャープペンシルです。見た目も最高で、書き心地の滑らかさは、まるでバターのようです。私は今高校2年生ですけれど、卒業までずっと使えそうですね。値段は高いですけれど、その分の値打ちはあります。ガッカリさせられることはないでしょうね。もし、このレビューがお役に立てたなら「参考になった」のボタンを押して下さいね。それでは、良い一日を過ごして下さい!




● 「過去最高のシャープペンシル」
  評価:★★★★★

 これまでに使った中で最高のシャープペンシルだ。なぜ、もっと早くこれを手に入れようと思わなかったのだろう?私は、このシャープペンシルを愛している。手に握った感じも良いし、品質は最高級。見た目だってプロが使う道具のようだ。

 このシャープペンシルを普通のものと違うユニークな存在にしているのは、芯が回転するようになっていることだ。そのおかげで、このシャープペンシルを使って書いた線は、常に一定の太さになる。長文の手紙を書いても、線が徐々に太くなったりせず、同じ太さの線で文字が書けるわけだ。芯が回転するタイミングは、シャープペンシルを紙から離した時だ。このクルトガは、紙から芯が離れる僅かな間に、少しだけ自動的に回転してくれる。
 
 おかげで、自分で回転させなくても、常に芯の先はシャープなままでいてくれる。実に素晴らしい。私はこいつを愛してしまった。もう、普通のシャープペンシルに戻ることは考えられない。あなたが、少し値段の高いシャープペンシルを買ってもいいと思えるなら、是非、こいつを試してもらいたい。






180112_04.jpg




● 「完璧なミックス」
  評価:★★★★☆

 このシャープペンシルを試したことがないのであれば、あなたは「書く」という行為を知らないということになるだろう。

 僕はエンジニアだ。多くの計算をする。それも、非常に正確で小さな文字や数字を書きたい。木製の鉛筆では僕の要求する水準に達していない。そして、このシャープペンシルは、普通のシャープペンシルとぺんてるグラフギアのような製図用シャープペンシルの完璧なミックスだ。芯が太くならないから実に正確に書けるし、毎日使い続けても実に快適だ。
 
 あと、これは予測していなかったことだが、これを使い始めてから芯の減りが少なくなった。普通のシャープペンシルのように、芯の一方向だけ減ることがないから折れにくくなったせいだと思う。さらに芯そのものが、かなり強いこともあるだろう。芯を使う量は目に見えて減った。
 
 4つ星を付けた唯一の理由は、付属の消しゴムが信じられないほど小さいからだ。それだけじゃなくて、消しゴムを引き出すメカニズムもあまり効率的じゃない。そのせいで、付属の消しゴムを使うことはなくなってしまった。僕は普段から単体の消しゴムを使うことが多い方だから、それほど大きな問題ではないものの、これが問題になる人もいるだろうと思う。
 
 クルトガが欲しい人は、ウォルマートで手に入るような安いプラスチックのバージョンじゃなくて、ぜひ、このローレットモデルを手に入れてもらいたいね。しっかりした重みがあるし、ありふれた平凡なシャープペンシルにはない高級感もある。一度これを使えば、もう二度と安い鉛筆には戻れないはずだ。





● 「あなたが入手可能な中では、恐らく最高の鉛筆」
  評価:★★★★★

 学校で使うための高品質で長持ちする鉛筆を、僕はずっと探し続けてきた。そして、今までで最高だったのが、このシャープペンシルだ。これが際立って素晴らしい理由の一つは、まず作りがしっかりしていること。見た目も良い。最初に箱から取り出した時の印象も良かった。「ああ、これは素晴らしいものを手に入れたぞ」と実感できたね。

 実際に使ってみても、これまでのシャープペンシルより書き心地が明らかにスムーズだったよ。芯が回転するメカニズムも、うまく機能してくれている。おかげで、僕の書いた文字は常に滑らかでシャープだ。長時間書き続けても手が疲れることはないし、ヒリヒリするような感覚もない。下半分はしっかりした金属製で、上半分は滑らかで大理石のような素材で出来ている。傷もつきにくいようで、かなり使った後でも、新品同様の輝きだ。プロっぽい見た目も気に入っている。いろんな人から、かなり褒められたよ。
 
 最初に箱を開けた瞬間から、常に僕の期待を上回り続けてくれたね。もし、あなたが高品質でプロが使うような見た目のシャープペンシルを探しているなら、これはあなたのために作られた製品だ。






180112_05.jpg




● 「全体が金属というわけではないが、素晴らしいシャープペンシル」
  評価:★★★★★

 このシャープペンシルの機能を知り、レビューを読んだ後、僕はどうしても試してみたくて我慢できなくなった。そこで使ってみたわけだけど、芯が回転するメカニズムは実にうまく機能しているね。ただ、紙に押し付けて書くとき、ほんのわずかだけど全体が曲がってしまうようにも感じる。

 ほぼ気づかないレベルだけど、これが気になる人がいるかもしれないとは思った。グリップは金属だけれど、ボディ全体が金属というわけではないからだろうか。プラスチックの安いクルトガも試してみたけど、それよりは高級感がある。ただ、総金属のシャープペンシルに比べると、若干の安っぽさはあるかもしれない。
 
 そう思って、手持ちの総金属製シャープペンシルに戻ったこともあるけれど、やっぱり結局はクルトガを使ってしまうんだよね。常に芯をシャープに保ってくれる心地良さには、格別のものがあるから。
 
 ほとんどの人達は、芯をシャープにするためにシャープペンシルを時々回しながら書くクセがすでについてしまっているだろう。だから、クルトガを使い始めてもついつい回してしまうかもしれないね。最初の一週間は特に注意して欲しい。そうしないと、クルトガの機能を無意味にしてしまって、ガッカリすることになりかねないからね。




● 「使いやすさ故に、より価値の出る道具というものがある。これもその一つ」
  評価:★★★★★

 私は、プロのアーティストからの推薦で、この製品を購入した。そして、実に喜ばしい結果になった。11月は郵便物の多いシーズンだったためか、到着は少し遅れた。問い合わせてみると、発送元は実に感じの良い対応をしてくれた。製品そのものも素晴らしかった。見た目のわりに軽めだが、使いやすい重さだ。書き心地も実に素晴らしい。他のシャープペンシルでは、ちょっと味わったことのない快適さだった。

 私は若いアーティストにプレゼントするために、もう2本購入した。これを使った彼らがどんな反応をするか、今から楽しみでならない。恐らく素晴らしい結果を生み出してくれるだろうし、彼らにとってもお気に入りの仕事道具になるはずだ。もし、あなたがこれを買ったら、使って楽しい道具になることは間違いない。
 
 素晴らしい製品で、カスタマーサービスも良かった。






180112_06.jpg




● 「素晴らしいシャーペン。もっと買うことになるだろう」
  評価:★★★★★

 最初は疑ってた。でも、一度使った後は、結局、別バージョンのクルトガも購入することになってしまったよ。この重みが絶妙なんだよね。グリップも滑りにくいし。これを使って書くと、僕の文章も何だかこれまでより立派なものに見えてくるんだ。芯を回転させる興味深いメカニズムの恩恵は大きいね。

 鉛筆で文字を書く習慣のある人には最高だと思う。個人的には、絵を描くのは向かないような気がする。芯を回転させるメカニズムは、ある程度の筆圧がないと機能してくれないからね。薄くて長い線を書く場合は機能しにくいんだよ。まあ、使い方次第では絵も描けるのかもしれない。素晴らしいシャーペンであることに違いはないよ!




● 「カッコよくてちゃんと機能してくれる」 
 評価:★★★☆☆

 格好いいし、芯も回転してくれるよ。見た目は全てが金属製のようだけど、実際はプラスチック部分も多いことが欠点かな。あと、芯が常に回転してくれるというわけではないのも問題だ。思っていたより強めの筆圧をかけないと、回転してくれないんだよね。ただ、ちゃんとしたシャーペンであることは確かだ。それに、これを見た人はみんな褒めてくれる。それだけでも、価格分の値打ちはあったと思うよ!



● 「僕を驚かせるシャーペン。自慢したい気持ちを抑えられない。」 男性
  評価:★★★★★

 これを使い始めて3ヶ月以上経ったけれど、僕の期待をはるかに上回る出来だよ。普通のシャーペンがどれほどフラストレーションの溜まるものだったか、これを使って始めて実感できたね。僕はグラフィックデザイナーだ。このシャーペンはちょっとしたメモだったり、スケッチだったり、簡単なイラストを書いたりするのに使っている。特に細かいものを書いたり、しっかりした線を書いたりするのに、これ以上完璧なシャーペンはないだろうね。

長所:
・ 線の鋭さが落ちることはない
・ 芯が折れることは非常に稀(僕自身はまだ芯を折ったことがない)
・ しっかりした線が引ける
・ 芯は丈夫だが、書いた文字を消しにくいほど硬いわけでもない
・ 書き心地が滑らかだから、素早くスケッチしたり、メモを取ったりできる

短所:
・ 消しゴムが非常に小さい(僕は他にちゃんとした消しゴムを持っているから、これを使うのは稀だが。)

 もうシャーペンを回し続ける必要はない。まだ普通のシャーペンを使っている人は、一度考え直すべきだね。


(翻訳終わり)

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ ローレット 0.5 シルバー M510171P.26
三菱鉛筆 シャープペン クルトガ ローレット 0.5 シルバー M510171P.26
おすすめ度の平均: 4.5
5金属製の安心感
5使用感が最高。見た目もかっこいい
5常に細く書ける
4クルトガでついにメタルが
4機能はまずまずだが、一段の改善を望む




管理人より:次回の更新は 来週金曜日(1月19日)です。よかったら、また見に来て下さいね。



↑ランキングに参加しました。記事を気に入って下さった方、クリックして頂けると嬉しいです!





Twitterで更新情報をお届けしています。
海外反応系ブログ 最新記事



 ■ 人気記事
5 「君の名は。」を観た海外の人々は何を感じたか? 5 「天空の城ラピュタ」を観た海外の人々は何を感じた?
5 米西海岸で「カレーハウスCoCo壱番屋」が人気店に。 ココイチにハマったアメリカ人の声を聞こう! 5 全米をヤケドさせた? 象印製水筒の保温力に驚くアメリカ人続出!
5 「火垂るの墓」を観た海外の人々は何を感じたか? 5 アメリカのシェフたちを驚愕させたメイド・イン・ジャパンの包丁「旬」。その驚くべき切れ味とは?


コメント
評価が高すぎるって何だよ…
名無しさん@Pmagazine #-|2018/01/12(金) 16:30 [ 編集 ]
シャーペンのお尻に付いてる消しゴムなんて
単体の消しゴムを持ってないときの応急処置みたいなもんだと思ってるけど
気になる人もやっぱりいるのか
名無し #-|2018/01/12(金) 16:35 [ 編集 ]
良いレビューすぎてほしくなっちゃうゾ
名無しさん@Pmagazine #-|2018/01/12(金) 16:41 [ 編集 ]
ゼロ戦作った技術が生かされてるね。
No Name #-|2018/01/12(金) 16:44 [ 編集 ]
消しゴム気にする人多くて草
あんなの出先とかで立書きしてて消しゴム出したくない時くらいしか使わんやろ
海外だと普段使い出来るサイズの奴ついてんのか?
そういえばシャーペンは海外製買った事ねぇな
    #-|2018/01/12(金) 16:49 [ 編集 ]
シャーペンの消しゴムをメイン使用するとか考えもしなかった
No Name #-|2018/01/12(金) 16:50 [ 編集 ]
個人的にはケツゴムで消すのはメイン消しゴム探す余裕もないほど切羽詰っている時だけだな……
No Name #-|2018/01/12(金) 16:50 [ 編集 ]
シャープペンなんてほとんど使わないし、もともと0コンマの数字の細字なのに、字が太くなるとかを気にする人がいたことにまず驚いた。
ふへぇ~と思って日本のレビューを見て来たら、コメント数がかなり多くて、立派にニーズあるんだなとまたびっくり。
ストレス減になるとか、僅かに沈むシステムが嫌だとか、グリップが痛いとか、実に繊細なことで、ヘビーユーザーは学生さんとか?
あと万年筆でもないのに、カッコ良さに言及する海外勢。
ぜんぜん触れない世界なので逆に面白かった。


No Name #-|2018/01/12(金) 16:57 [ 編集 ]
クルトガ超評判いいから通販で買ってみたけれど、
私には重くてダメだったわ。
ステッドラーの製図用シャープペンシル、
芯の太さ0.7mmで2Bが好きです。

No Name #-|2018/01/12(金) 17:03 [ 編集 ]
>ゼロ戦作った技術が生かされてるね。
釣りなのか
財閥の三菱とは別会社だぞ
No Name #-|2018/01/12(金) 17:17 [ 編集 ]
クルトガは前から欲しかったけどデザインがイマイチだったので長らく換え控えてたが、黒のローレットモデルは格好良かったので購入したわ
ホントはアドバンスの方が高性能だがまぁ正直、回転機構とかあまり気にしないからいいやw
ステーショナリーヲタは日本・海外問わず世界にたくさんいるが個人的には性能じゃなくてデザインだなぁ
No Name #-|2018/01/12(金) 17:19 [ 編集 ]
これ買った数日後に隣の職場のヤツに盗まれた。
名無しさん@Pmagazine #-|2018/01/12(金) 17:27 [ 編集 ]
これ高校の頃ずっと使い続けてたけど最後までシャーペン回す癖抜けなくてあんま意味なかったわ、しかも中指の痛くなるしで今はもう使ってない
No Name #-|2018/01/12(金) 17:29 [ 編集 ]
トンボ鉛筆の佐藤です。こんなの全然すごくないですよ。わかりますよね。
あああああ #-|2018/01/12(金) 17:42 [ 編集 ]
これ 安い奴の方がペン先とグリップの距離が短くていいんだよな。
指で字を隠さないギリギリのとこまで 持つとこは自由にさせて欲しいんだけど
ちょっと高いのになると 製図用の(定規に当てるためか)
長いスリーブになってるのばかりだから 少し期待してたんでよく覚えてる
No Name #-|2018/01/12(金) 18:30 [ 編集 ]
>ゼロ戦作った技術が生かされてるね。
三菱鉛筆は三菱グループじゃねーよ
名無しさん@Pmagazine #-|2018/01/12(金) 18:34 [ 編集 ]
トンボ鉛筆の佐藤です。
    #-|2018/01/12(金) 18:37 [ 編集 ]
あの事件以来、
消しゴムはトンボのMONOより、三菱のuniを使うようにしている
No Name #d1gePFhg|2018/01/12(金) 18:46 [ 編集 ]
日本のシャープペンシルの芯も人気あんのよ
0.5で4Bまで展開してるメーカーって少ないんで、細くて濃い線を書きたい層に愛用者がいるみたい
ユニ0.5の4Bは画用に自分も愛用してる
名無しさん #-|2018/01/12(金) 19:10 [ 編集 ]
>ゼロ戦作った技術が生かされてるね。

三菱鉛筆は、三菱重工の三菱財閥とは何の関係もないぞ。
ちなみに、三菱マークは三菱鉛筆が先で三菱財閥が使うのを許してる。
  #-|2018/01/12(金) 19:39 [ 編集 ]
クルトガとジェットストリームがあれば当面問題はない
No Name #-|2018/01/12(金) 19:39 [ 編集 ]
しばらくカッコイイ名前だなと思ってしまった。くるっ尖っ…か。
No Name #-|2018/01/12(金) 19:50 [ 編集 ]
しばらく使ってみて気に入ってはいたんだが、割とすぐに壊れたんで、
ステッドラーに戻ってしまった。
グレードの高いやつじゃないとダメなんかな。
No Name #-|2018/01/12(金) 19:56 [ 編集 ]
自分もシャープペンマニアだけど、日本製が特に際立つと感じるのはむしろ芯のほうだな
最近の日本各社のものはステッドラーやカステルも寄せ付けないほどの品質を誇ってるように思う
(それでも個人的にはファーバーカステルの製品のファンだけど)
まあシャープペンが生まれたのが日本なのだから、本体も芯も最高に進歩してるのは当然のことなのかもしれないが
No Name #-|2018/01/12(金) 20:47 [ 編集 ]
>字が太くなるとかを気にする人がいたことにまず驚いた。

鉛筆だって似たような事になるわけで
日本人なら鉛筆かシャーペンか使ってるはずだし、本当にわからないのかよ
0.5ミリの芯を使ってても悪い時で1ミリぐらいの線になっちゃうからめちゃくちゃ書きにくくなるのに、気にならないわけないだろ
名無しのかめはめさん #-|2018/01/12(金) 20:54 [ 編集 ]
付属の消しゴムは緊急用だろw
No Name #-|2018/01/12(金) 21:03 [ 編集 ]
シャープペンシルで絵を描く人には逆に線の強弱や太い細いが付けづらくて向かない代物だな
名無しさん@Pmagazine #-|2018/01/12(金) 21:13 [ 編集 ]
買ってみたくなったよ。
e-257
No Name #-|2018/01/12(金) 21:42 [ 編集 ]
安いプラスチックの一本持っててかなり気に入ってメインで使ってるがもう少し工作精度が必要かな、若干ガタつくのがちょっと気になる。
あと文房具全般日本最高、負ける気皆無
名無しさん@Pmagazine #-|2018/01/12(金) 22:14 [ 編集 ]
あの消しゴムは非常用だよな。0.9mmのシャーペンとかだとちょっとデカいけど
No Name #-|2018/01/12(金) 22:15 [ 編集 ]
全部が金属じゃないよって評価は見当違いな評価だろうと思うんだがな
そう言う高級感のあるペンはほんの少しサインをするとかそう言う場面で使えばいい
がんがん使うために重心を考えて異なる素材で作るのは当然のこと

消しゴムに関しては市場によってニーズの違いがあるんだなあと思わされたな
日本では非常用だと思うけど違うんだね
No Name #-|2018/01/13(土) 00:39 [ 編集 ]
今日本で人気、最高値なのはオレンズネロです。
動で芯が出てくる自動芯出し機構搭載シャープペンシルです。
転売屋に牛耳られてて定価でなかなか買えない悲しい商品です。
ほしいのに
No Name #-|2018/01/13(土) 02:42 [ 編集 ]
>逆に困った点としては、消しゴムです。ちょっと小さすぎます。使い始めて3日目で、ほとんど使い切ってしまいました。


この子、高2って書いてあるけどそれにしても頭悪いな
シャーペンの消しゴムなんて芯の蓋のついでに緊急時用に付けてるだけで実用な訳がない
実用レベルの消しゴムなんて付けたらバランスも悪くなるしたいした大きさにならないからすぐ交換しなきゃならないからコスパも悪く不便極まりない
No Name #-|2018/01/13(土) 03:01 [ 編集 ]
マジかよゼロ戦の技術を転用して作られたんじゃないのかよ
だったら戦車か艦船かなにかですかね
でもやっぱ三菱グループは日本最強の企業グループっすよね
きっと三菱金曜会で三菱の総力を結集してこの製品を作ることが決定されたんだろうな
No Name #z7Xcv.4o|2018/01/13(土) 03:27 [ 編集 ]
筆圧をかけて書くタイプの人間にはこれは向かない。強く書こうと思っても芯先が引っ込んでしまって結局筆圧を生かした字にならない。
アルファベットなんかには向いてるかも知らんが、線の太い部分と細い部分の絶妙な組み合わせで構成される日本の文字には合わん。丸文字みたいな字体の文字書くならいいが習字っぽい字を書く、いわゆる達筆な字体の人には向かん。
名無しさん@Pmagazine #-|2018/01/13(土) 13:15 [ 編集 ]
消しゴムは緊急用みたいなもんなんだから
ちゃんと別に用意しときなよw
No Name #-|2018/01/13(土) 14:41 [ 編集 ]
三菱の大砲の技術が応用されたんだよ。
シャーペンから芯だ出てくるとこなんかそっくりだろ。
No Name #-|2018/01/13(土) 15:53 [ 編集 ]
シャープは嫌だ。これなど歯科医の道具のような刺々しい造形が苛つく。
普通の鉛筆芯が入れられるホルダーに戻ってきてほしい。理想は独ステッドラーの最も安いオールプラステイックの様々な色があるシンプルな楽しく美しいもの。異様に軽くて鬱陶しくなく12時間も使い続けるからすぐ割れ壊れてしまっても純粋に消耗品だ。¥300だ。スケッチから製図、議事録書記に至るまで変わらぬ気持ちで使える万能だった。
未だに芯研器、オレンジ色の伊ダーレーはとってある。木のユニに戻ったものの忘れがたいのだ。グッドデザインな芯研器と紙を行ったり来たりする一連の所作を含めて…。
No Name #-|2018/01/13(土) 21:08 [ 編集 ]
持ってるけど、おいら結構下のほう持つから段差で中指が痛くなる。
(´・ω・`) #-|2018/01/15(月) 08:55 [ 編集 ]
ここで書いて思いついてSTAEDTLERのホームページを見てみるとオールプラステイックのホルダー788Cは未だ輸入されてた。青一色になってしまったのが残念だけど仕方ない。価格が600円弱ってのもご愛敬。初めて手にした時からすでに40年も経っているんだ。
大有名文房店さえ置かなくなってこれが時勢というものかと諦めてたけど…ダーレーの芯研器がまた使えるなんてとても嬉しい。
失ったものが甦る。このブログのお蔭です。
No Name #-|2018/01/19(金) 14:17 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/tb.php/217-fd050eeb

次回更新


申し訳ありませんが、次回更新は未定です

人気記事

サイト内検索


最新記事一覧

「ハウルの動く城」を観た海外の映画ファンは、どこを高く評価したのか? 【海外の反応・レビュー翻訳】 Aug 10, 2018
外国人に人気があるのはどんなレストラン?海外人気の高い東京のいろんな飲食店レビューを翻訳しました!【海外の反応・レビュー翻訳】 Aug 03, 2018
外国人「3時間並んだけど、その価値はあったよ!」 築地の超人気寿司店に並ぶ外国人の声を翻訳しました 【海外の反応・レビュー翻訳】 Jul 27, 2018
アメリカ音楽業界のプロたちから絶大な支持を受ける1万円のソニー製ヘッドホン「MDR-7506」。愛用者たちの声を翻訳しました【海外の反応・レビュー翻訳】 Jul 13, 2018
「なんという独創的な味だ!」日本のインスタントラーメンにハマった外国人の声を聞いてみよう!【海外の反応・レビュー翻訳】 Jul 06, 2018
日本人がカナダで経営する和風ホットドッグのスタンドが大繁盛!お客さんたちの情熱的な声をお聞き下さい 【海外の反応・レビュー翻訳】 Jun 22, 2018
アメリカのシェフたちを驚愕させたメイド・イン・ジャパンの包丁「旬」。その驚くべき切れ味とは?【海外の反応・レビュー翻訳】 Jun 15, 2018
「ポッキーがやめらない。違法にすべきだ!」日本のお菓子にハマったアメリカ人たちの色々な声を翻訳しました 【海外の反応・レビュー翻訳】 Jun 01, 2018
海外「ウルトラマンこそ本物のヒーローだ!」初代ウルトラマンを懐かしむ米国人の声を集めました。【海外の反応・レビュー翻訳】 May 25, 2018
外国人の疑問「日本語と中国語では、どちらのほうが難しいの?」【海外の反応】 May 11, 2018

カテゴリ一覧

お知らせ



相互リンク・RSS募集中です!

詳しくはこちらへ↓
 このブログについて

管理人への連絡ご希望の方はこちらの
メールフォーム
からお願い致します。




_

リンク

このブログをリンクに追加する

逆アクセスランキング

RSSリンクの表示

QRコード

QR


 |  日本の食事 | 日本製品 | 日本文化 | スタジオジブリ関連 | 日本の映像作品 | 日本の観光地・宿泊施設 | 日本人アスリート | ゲーム:任天堂 | ゲーム:ソニー | ゲーム:他ハード | ゲーム業界 | 未分類 | 当ブログについて | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 超訳コネクト
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
アクセスランキング