日本文化に対する外国人の反応を翻訳してお届けしています。超訳で世界と繋がろう!

超訳コネクト
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/
海外反応系ブログ 最新記事

Powered By 画RSS


【海外の反応】 「鶏肉が豚肉より美味いなんて…。」 日本の焼き鳥を楽しむニューヨーカー8人の声 【レビュー翻訳】

2017/07/21 15:55|日本の食事TB:0CM:62

170519_00-1.jpg


 今回は、ニューヨークで日本の焼き鳥を楽しんだ、アメリカ人のお客さんたちによる焼き鳥店レビューをお届けします。
 
 焼き鳥は、まだ海外ではマイナーな存在です。焼き鳥を出す居酒屋などはあるものの、焼き鳥専門店となると、良い店は非常に限られてきます。 しかし、レビューサイト「yelp」を覗いてみると、ニューヨークに大人気の焼き鳥店があるのを発見しました。お店の名前は「Yakitori Totto」。yelpに投稿されたレビュー数は1,078件(2017年7月21日現在)、評価の平均は5つ星中4つ星と、人気だけでなく、評価も高いお店のようです。

 こちらのお店で焼き鳥を初めて体験する人も多いようで、新鮮な感想が期待できそうです。なお、レビューの内訳は下図をご覧下さい。


170519_02a.jpg


↓では、地元のお客さんたちの声をどうぞ。  翻訳元: yelp






● 男性 テキサス州オースティン
  評価:★★★★★

 日本料理は寿司だけじゃなかったようだ…。

 僕らは、いつものようにウィットに富んだにぎやかな会話を楽しんでいた。しかし、トットの焼き鳥を一口食べた瞬間、僕らのおしゃべりは、急にピッチが落ちた。まるで「料理の鉄人」英語吹き替え版に出てくる日本人の女性審査員のようになってしまったんだよね。

 オーマイガッ、僕はこんな風に調理されたチキンは、これまで食べたことがない。なんて良い味なんだろう。僕は、ひたすらチキンを口の中に放り込み、それを味わうことに集中したい気分だった。何も言われなければ、1週間でも2週間でも、食べ続けられただろう。
 
 とにかく、なんともジューシーなんだ。シェフが生前のチキンに向かって「ずば抜けたジューシーさを出してくれよ。」と言い聞かせ、チキンもシェフへの尊敬を込めて、全身全霊でその指示に従ったとしか、僕には思えない。

 チキンの皮が、これほど美味くて、これほど柔らかいものなんだということも、初めて気づいた。今となっては、チキンがダチョウほどの大きさに育ってくれないことが残念でならないよ。そうなってくれれば、もっと沢山の皮を味わえるのに…。

 この店は凄い。前菜も安いが、焼き鳥も3~4ドル(約340円~450円)程度だから、大した額にはならない。焼き鳥は串1本につき3つくらいの肉が刺さっていて、シェアすることも可能だから、みんなで分け合って、色んな味を楽しむこともできるわけだ。ただし、おしゃべりは控えめにして、味わうことに集中してほしいね。
 
 店内のスペースは小さめだが、居心地はよく、くつろげる雰囲気だ。僕としてはシェフの前の席に座ることをおすすめしたい。このシェフは、凄く集中して料理を作っている。これほど丁寧にチキンを焼いている人を見たのは初めてのことだった。焼きながら、一つ一つの串に、実に注意深く調味料(塩やコショウのようだった)をまぶしている。なかなかクールなショーだったと思うよ。

 サービスだって素晴らしかった。ただ、店が小さいので、午後6時30分以降に来店するなら、待ち時間があることは覚悟してもらいたい。さて、ここで、一つ一つの料理を解説してみよう。

トットサラダ:おいしい。チキン数切れとトマト以外は、ほぼ緑の野菜だ。シソのドレッシングが信じられないほどの見事さだった。

海藻サラダ:2人で食べるのにちょうど良い量だった。絶対注文したほうが良いとまでは言わないけれど、最初に注文する料理としては理想的なメニューだと思う。

餃子:かなり良いが、他の料理のレベルには届いていない。

マグロの漬け:実に素晴らしい。

味噌ダレむね肉:なんてこった、美味すぎる。しっとりしていて、実に風味が良い。チキンの料理では、これが最高だった。

むね肉:味噌ダレむね肉と同じくらいジューシーだったけれど、風味は少し劣る。

豚ねぎポン:素敵な味わいだったが、チキンのほうがポークより美味いという事実に気づいて衝撃を受けた。これまでは、逆だと思っていたんだけど…。もう、訳が分からなくなった。猫が犬と仲良く遊んでいるのを見ている気分だ。もう何も信じられない。もしかすると、宗教って、実はスジの通ったことを言っていたのか?FOXニュースは真実を報道していたのか?

つくね:これはチキンのミートボールだ。見事な味で、とてもジューシー。絶対注文するべき。

皮:良い味だった。少々塩気は強めかな。薄い皮を想像していたけれど、思ったより厚みがあって、歯ごたえもある。絶対注文したほうがいいとまでは言わないけれども、注文する価値はあるね。

なんこつ:半分は肉で、もう半分が軟骨。皮の方が良かったね。

アスパラベーコン:ベーコンの中にアスパラガスが包まれている。アスパラガスの歯応えは今いち。ベーコンには、特に目新しさを感じない。まあ、味は良かった。

焼き茄子味噌田楽:ついにニューヨークで、これが味わえたか!という気持ち。味噌の香ばしさはパーフェクト。茄子も同様にパーフェクトで食感も良い。僕の好きな料理。

飲み物:焼酎とグレープフルーツジュースを頼んだ。半分に切ったグレープフルーツを手渡されて、自分で果汁を絞ってジュースに追加するように言われたんだが、こういうのは初めての経験だ。

焼き鳥トット:5つ星。必ず行ってみるべき店。





170519_06-1.jpg





● 男性 ニューヨーク ヨンカーズ
  評価:★★★★★

 こんな店に来たのは初めてだよ。これ以上の店には、なかなか出会えないだろう。清々しいほどに他所とは違っていて、しかもユニークな体験ができた。本当に驚くべき店だよ。

 そして、日本料理とは、これほど多様なものなんだということにも気づいた。フランス料理を食べた時よりも、得たものが多い気がする。ミシュランで星のついているフレンチレストランに行った時よりハッピーな気分になれたし、料理について多くを学べた。そして、料金もずっと安かったんだよね。
 
 ここでは、チキンのありとあらゆる部位を味わうことが出来るんだ。全ての料理は串に刺さった状態で運ばれてくる。そのどれもが完璧に調理され、完璧に味付けされているんだ。僕は、これ以上美味しいチキンを食べたことがない。
 
 チキンを食べて興奮する事があるなんて、誰も想像できないだろう?でも、僕は本当にワクワクしながら食べた。チキンの皮、首、レバー、心臓、そして何より尻周りの肉(ボンジリ)。そう、僕は尻が大好きになったんだ。前菜にも素晴らしいものがあった。こんがり揚げたタコ、これはタコの食べ方としては最高のものだろう。
 
 そして、ここのお客には日本人が多い。つまり、ここは本物だということだね。ああ、こんな風にレビューを書いていると、また欲しくなってきたよ、あのお尻が。いや、もちろんチキンのお尻のことだよ。





170519_04-1.jpg





● 男性 ニューヨーク ブルックリン
  評価:★★★★★

 今日は素晴らしい体験ができたよ。尊敬の念を込めつつ、この焼き鳥トットに5つ星を捧げようと思う。

 僕らはずっとこの店に来たかったんだけど、他の約束があったりしたので、実際には、なかなか来れなくて、今回が初めてだ。店に入るには、まず長い階段を上がって行かなきゃならないんだが、これは少々怖い。なにやら威圧的な雰囲気だ。
 
 しかし、僕の頭の中は、串に刺されたチキンのレバーやら心臓なんかのことでいっぱいだったので、あまり気にせず、どんどん先に進んだ。みんなはどうか知らないが、僕はチキンが大好きなんだ。店は満席に近かった。良い感じだ。こういう店は美味しいに違いない。
 
 僕らは席につくと、メニューをざっと眺めた。料理名と解説が書かれている横には、小さな料理の写真が貼られているのが嬉しい。これで選びやすくなるというもんだ。メニューの種類はかなり多かったので、注文する料理を決めるには、かなり時間をかけなきゃならなかったが、でも、それくらいの労力をかけるだけの価値は十分にあったよ。

 まず僕らが注文したのは、皮、レバー、なんこつ、せせり、ハツだ。どれも、火の通し加減が完璧だった。そして、本当に美味しい。レバーは味わい深さが素晴らしい。皮はフライドチキンの皮に似ているかな。ハツはとってもジューシーで、しっとりしていた(これはすぐ品切れになるようなので、早めに注文しておくといいよ)。
 
 ここで、チキン以外の料理も頼んでみようということになり、ホタテ、シシャモ、クルマエビ、焼き茄子味噌田楽、シイタケ、アスパラガスとラム肉など他の串料理も頼んでみた。ホタテは少々パサついた感じもしたけど、新鮮さも感じられた。シシャモとクルマエビも良かった。絶品だったのは焼き茄子だね。味噌をつけて食べると、「完璧とはこのこと」と言う他にない見事なコンビネーションだった。ラム肉とアスパラガスの、味のコントラストも最高だった。

 他に、是非注文してほしいと感じたのは、サーモンの塩辛だね。小さなイクラがいくつも入っているんだけど、噛む度に、これが良い味を出しながら弾けてくれるんだ。これほど旨くて新鮮さを感じられる料理は、他に味わったことがなかったね。

 他に必ず頼んでもらいたいのは、米茄子と揚げ餅のナメコみぞれがけだ。食材と甘辛いソースの相性が素晴らしかったよ。他では、まずお目にかかれないメニューだね。

 アルコールは控えているので、酒は飲まなかったけれど、代わりにラムネというボトル入りのレモネードのようなドリンクを頼んだよ。これは、飲む前に、まず栓をビンの中に落とし込むようになっている。かなりクールだと思った。

 最近行った中では、最高の店だったね。想像よりずっと良かった。この店は、生涯通ってくれる常連客を、今夜、新たに一人獲得したと思うよ!





170519_08-1.jpg




● 男性 カリフォルニア州ロサンゼルス
  評価:★★★★★

 あまり知られていない事実だが、日本で良い焼き鳥屋に入ると、煙が凄い。それも、「ああ、誰かがバーベキューをやっているんだな。」という感じの煙じゃなくて、「ヘイ、消防署はどこだ!くそ、何も見えやしないぜ!」というくらいの煙なんだ。

 そして、興味深いことに、アメリカの焼き鳥屋だと、そんな煙はほとんど感じられないんだよね。それは、このトットも同じだ。食事中に、新鮮な空気が吸いたい気分になることは、ほぼ無い。

 しかし、味の良さは日本の焼き鳥店と同じだ。仲の良い友人と共に美味い焼き鳥を食べ、大きなジョッキに入った日本のビールを飲めば、僕は日本にいた時のように、ハッピーなガイジンに戻れる。

 僕にとって、ここはそんな風に懐かしさを感じさせてくれる店だ。いいかげんな料理は何もなくて、怪しい店もない、楽しかった東京の夜の思い出が甦ってくる。何を頼んでも美味しい。とにかく腹いっぱいになるまで、あるいはベロベロに酔っ払うまで、ありとあらゆるものを注文して、食べてみよう。

 もう吉野家には行けないんだという事実を思い出すまでは、最高にハッピーな気分でいられるはずだよ!







170519_03-1.jpg




● 男性 ニューヨーク
  評価:★★★★★

 僕の楽しみは、世界中の素晴らしい料理を探し求め、味わうことだ。僕が暮らし、仕事をしている、ここニューヨークは、食の競争力が非常に高い街の一つでもあるから、僕のような人間にとっては、実にありがたい、楽園のような場所なんだ。

 友人や同僚と、料理に関する話をすることも多いから、僕と同じような情熱を持ち、新しいことにチャレンジする事が好きな人たちから、彼らの体験した料理について教えてもらうこともある。焼き鳥 トットも、彼らに教えてもらった店の一つだ。

 焼き鳥とは、串で刺したチキンをグリルしたものだ。メニューにはハツ、なんこつ、ゴマ味噌で味付けしたナス、つくね、見た目はソーセージ風のうずら、牛タンなどがある。メニュー選びは難しかったので、周りの人が頼んでいるものをチラチラ見ながら、頑張って注文してみたんだが、最初から最後までずっと楽しめた。新しい喜びを味わえたと思うね。

 なんこつ(最初は骨を吐き出すべきかどうか迷った)は、歯応えの良い軟骨と脂肪の組み合わせが絶妙だ。確かに変わった料理だが、冒険してみなくちゃね。つくねは柔らかくて、うずらとの相性が良かった。牛タンはステーキよりレバーに近い食感だったかな。タレをつけて食べる牛肉の串焼きも素晴らしい。最後は、軽くて絹のような食感の豆腐パンナコッタで締めくくった。

 色々なメニューを試したい人にとっては、安く済ませられる店ではないね。結局は、お腹の空き具合と好奇心の強さ次第で、安くも高くもなるといったところかな。賢く注文すれば、かなり満足できる店だと思う。店内は清潔だったし、スタッフは気が利いてフレンドリーだ。事前に予約を取れれば理想的だけれど、僕のように、少しくらいなら待っても問題ないだろう。クールな日本体験を楽しんでくれよ!





170519_05-2-2.jpg






● 男性 カリフォルニア州 サンフランシスコ
  評価:★★★★★

 焼き鳥トット、僕は君のことが嫌いだ。君の出す料理は美味しすぎたからだ…。僕は今や、ストーカーになった元ボーイフレンドのような気分だよ。君の焼いたスナギモは素敵な味で、歯応えもよかった。手羽先の風味も、口の中で溶ける皮も忘れられない…。 

 サッポロドラフトとの相性もバッチリだった。釜飯だって、チキンの香りの刺激は群を抜いていた。雰囲気も内装も理想的で、僕は、日本にある最高級の焼き鳥店にいるような気分にさせてもらったよ。

 でも、僕らが一緒に過ごした素晴らしい夜は終わりを迎えてしまった。そして、僕はカリフォルニアに帰らざるを得なかった。だが、僕は君と一緒に過ごした日々のことを忘れることなんて絶対にない。また、必ず戻ってくるからね!





170519_10-1.jpg




● 男性 ニューヨーク
  評価:★★★★☆

 僕は、東京から来た同僚と、定期的にここでランチを取ることにしている。彼女はこの店を愛していて、彼女によれば「ここの料理を食べると、東京に戻ったような気分になれるの。」ということらしい。僕は日本に行ったことはないが、こんな店が沢山あるのなら、できるだけ急いで東京に行った方が良さそうだ。

 この店の壁の装飾は、僕のお気に入りだ。そして、ちゃんとした日本料理店なら、どこでもそうであるように、この店も全体的に清潔で洒落ている。これは日本の流儀なのだろう。
 
 僕が大好きな焼き鳥は、もも肉だ。この店に来て、これを食べずに帰るわけにはいかない、という気にさせてくれる料理だね。ランチのセットメニューはご飯、味噌汁、サラダ、ポーチドエッグ、そして焼き鳥が3本ついてくる。ポーチドエッグをご飯に混ぜれば、それだけでもごちそうだ。これで、たった10ドル(約1,120円)とは、すごく値打ちがあると思う。
 
 なお、ディナーを食べる場合は、焼き鳥1本で約3ドルだから、少々高くついてしまう。あまりお金はないけど、最高の焼き鳥を食べてみたいという人は、是非、ここでランチを取ってほしいね!





170519_09.jpg





● 男性 ニューヨーク
  評価:★★★★★

 予想外に大きな収入があったので、僕らはトットに行ってみた。その日は火曜日で、予約はしていない。事前に「少なくとも3日前までには、絶対予約を入れておかなきゃダメだよ。」と、友達から言われていたが、とにかくトットに行きたくてたまらなかったので、予約の件は聞かなかったことにして、ともかく行ってみることにした。飢えていると、見境がなくなってしまうということだね。

 でも、僕らはツイていたようだ。無事に入店できたよ。バンザイ!

店員の女性:お飲み物は何になさいますか?
僕ら:カルピコ(カルピス)とウォッカのカクテル、そしてグレープフルーツのカクテルを頼むよ。
女性:はい、じゃあ、すぐにお持ちしますね。
僕ら:ちょっと待って!料理の方も頼みたいんだ。
女性:そうですか、何になさいます?
僕ら:(15種類ほどの料理が載っている焼き鳥のメニューを指差して)ここに載っている料理を全部2つずつ持ってきてくれるかな。あとは…。
女性:え?まだご注文なさるんですか!?
僕ら:魚肉団子と海藻サラダ、それにアスパラベーコンも頼むよ。
女性:はい…。ありがとうございます…。

 その後、僕らは優雅な料理の数々を、舌でも目でも楽しんだ。このトットと、ニューヨークにある「ヨコチョウ」や「タイショウ」など、他の焼き鳥店との大きな違いは、優雅さだ。「タイショウ」などのようにくだけた雰囲気じゃなく、純粋に焼き鳥を味わいたい人々が来る店なんだ。仕事を終えた日本人のビジネスマンたちもスーツ姿でやってくる(僕らの隣にも2人いた)。居心地も良い。小さな店だけれど、閉所恐怖症になるほどじゃない。

 ハツ、もも、なんこつ、スナギモ、レバー、つくね、皮、むね肉、どれもが素晴らしかった。音楽を舌で味わっているかのようだった。
 
 僕らは、外国料理の食べ方について、うるさく言う方じゃない。楽しみ方は本場と少々違うのかもしれない。料理名は日本語から英語に翻訳されたことで、本来のニュアンスは失われたかもしれない。でも、それでも構わないじゃないか。正確な意味なんて知らなくてもいい。エレガントに箸を使い、尊敬の念を込めて食べさえすれば、それでいい。そして、味わいながらモリモリ沢山頂く。これが、僕の大好きな日本料理の楽しみ方だ。

 2人分の会計は、チップ込みで135ドル(約15,100円)だった。異国の料理を存分に堪能した僕らは、微笑み合いながら、店を出た。




(翻訳終わり)




管理人より:いつもコメントありがとうございます。励みになります。次回の更新は7月28日です。よかったら、また見に来て下さいね。




海外の反応ランキング
↑ランキングに参加しました。記事を気に入って下さった方、クリックして頂けると嬉しいです!





Twitterで更新情報をお届けしています。
海外反応系ブログ 最新記事

Powered By 画RSS


 ■ 人気記事
5 日本式カレーの美味しさを知ってしまった8人のアメリカ人によるカレー店レビュー 5 「七人の侍」を海外の人々はどう観たか?
5 外国人の疑問 「日本人は、なぜNoと言わないの?」 海外の反応 5 ラーメン大好きなアメリカ人たちの、リアルな感想を聞いてみよう
5 「火垂るの墓」を観た海外の人々は何を感じたか? 5 「君の名は。」を観た海外の人々は何を感じたか? 【レビュー翻訳】


コメント
色々としょうがないとはいえ高いねえ
No Name #-|2017/07/21(金) 16:25 [ 編集 ]
焼鳥1本3ドルだと?
No Name #-|2017/07/21(金) 16:28 [ 編集 ]
まあ日本の物価が低すぎるんだよね、収入も
No Name #-|2017/07/21(金) 16:30 [ 編集 ]
ほんとに料理評判記事好き(というか丹精込めて書かれた料理レビューが好き)なのでいつもいい仕事をありがとうございます。
通りすがり #-|2017/07/21(金) 16:41 [ 編集 ]
高級な焼き鳥屋や炉端焼きの店に行けば日本も最低それぐらいするから珍しくもない。
高級料亭で使うようなブロイラーだと、そこらで見かける地鶏より高いからね。
まぁ向こうで3ドルなら日本では実質1ドル程度の品質なんだろうけど、純粋な日本人のやってる店はそれだけでプレミアついて高くても客来るから割高。
No Name #-|2017/07/21(金) 16:48 [ 編集 ]
毎度の事ながら外人さんの書くレビューは熱が篭っていて良いですなぁ
でも焼き鳥一本3ドルはちょっと日本人の感覚では無いよね
まぁお客さんがそれに見合う価値があって、喜んで食べてくれるのなら良いんだろうね
No Name #-|2017/07/21(金) 16:49 [ 編集 ]
>代わりにラムネというボトル入りのレモネードのようなドリンクを頼んだよ。これは、飲む前に、まず栓をビンの中に落とし込むようになっている。かなりクールだと思った。
うん、よく分かったね。レモネードが鈍ってラムネになったんだ。その瓶も英国から伝わったものだよ。
何故か日本とインドにしか残ってないようだけど。
No Name #-|2017/07/21(金) 16:52 [ 編集 ]
一本3ドルは高いな。。。
向こうじゃ鶏肉も日本より安いのに……
まさか日本から輸入してるのか?
名無しさん@Pmagazine #-|2017/07/21(金) 16:55 [ 編集 ]
質のいい素材を向こうで契約すると、それくらいしちゃうんじゃね?
日本みたいにルートが出来上がっているわけじゃないべ。
No Name #-|2017/07/21(金) 16:59 [ 編集 ]
ニューヨーク…か、賃料高いのだろうな
ボンジリ美味いけど量食う部位じゃぁないな
No Name #-|2017/07/21(金) 17:03 [ 編集 ]
焼き鳥は鳥だけ。やきとりは鳥の他に豚等が入る。
No Name #-|2017/07/21(金) 17:09 [ 編集 ]
日本人や日本帰りのアメリカ人が集う店ってだけでもう美味しいんだろうなとわかるね。
No Name #-|2017/07/21(金) 17:17 [ 編集 ]
トットラーメンの系列じゃないのかね

どうやら味噌とナスの組み合わせに気づかれてしまったようだ
No Name #-|2017/07/21(金) 17:23 [ 編集 ]
>女性:え?まだご注文なさるんですか!?

ここは、「二つで十分ですよ」と言ってほしかったな・・・
No Name #-|2017/07/21(金) 17:23 [ 編集 ]
NYの家賃やばいからな。
マンハッタンだと2DKで3000ドルくらいらしい。
おそらく小規模な焼き鳥屋の店舗を借りるにしてもそのくらいかそれ以上かかるだろうね。
まぁ、日本で飲食やる経費の倍はかかると思った方がいい。
でも上手い店なら客は来る。
No Name #-|2017/07/21(金) 17:33 [ 編集 ]
ニューヨークとかロンドンとかの食事は高いよ 東京は安くても美味しいものが多い 日本から輸入してる材料もあるだろうし、高めになるのはしょうがないだろうね
名無しさん@Pmagazine #-|2017/07/21(金) 17:45 [ 編集 ]
ニューヨークは家賃と人件費が高い。
No Name #-|2017/07/21(金) 17:48 [ 編集 ]
チップとるのか
No Name #-|2017/07/21(金) 17:48 [ 編集 ]
お店で出す料理の値段で大きく占めるのは、結局は場所代と人件費だからね~
客とすれば材料費目線になりがちだけど、その占める割合は僅かという、結構悲しい現実だよね!
   #qqWZzzqQ|2017/07/21(金) 17:56 [ 編集 ]
ハラ減ったぞちきしょーめ
No Name #-|2017/07/21(金) 17:59 [ 編集 ]
アメリカ人って文章力すごいな。
英語って日本語より表現が少ないけど、その弱点をうまくカバーしてるんだな。
No Name #-|2017/07/21(金) 18:00 [ 編集 ]
短編小説のようなレビューは面白い
店を堪能したんだろうなぁw
No Name #-|2017/07/21(金) 18:27 [ 編集 ]
最後の貧乏生活マニュアルみたいなレビューワロタ
No Name #-|2017/07/21(金) 18:38 [ 編集 ]
NYで安く飯を食おうとしたらマジでマックとかそういうところしかない。
そしてマックでさえ不味い。
日本の東京のワンコイン牛丼のクオリティと値段で、NYで飯屋を探そうと思ったらまずないと言っていい。
それぐらい日本って上から下まで価格が多様でも、最低限のクオリティが必ずある。
日本で不味い飯を食ったと思ったら、NYで食う最低価格の飯屋はそれ以下って言っても過言ではない。
本当にあっちの人は極端だから、安ければ不味くて当たり前を肯定している。
逆に日本は安くても味が良いのをという精神が強い。

だからこのクオリティで3ドルかよってあっちは思ってる。
美味ければ高くて当たり前がNYの常識だから。
No Name #-|2017/07/21(金) 18:39 [ 編集 ]
焼き鳥おいしいよねぇ~(腹減ってきたw)
名無しさん@Pmagazine #-|2017/07/21(金) 19:01 [ 編集 ]
海外じゃこの値段は決して高くない。
日本が長期デフレでずっと物価が
上昇してないだけ。
774@本舗 #-|2017/07/21(金) 19:28 [ 編集 ]
アメリカだから郷に入ってチップ制の給与形態なのかな。
名無しさん@Pmagazine #-|2017/07/21(金) 19:44 [ 編集 ]
寿司や刺身は資源の問題が有るけど、
焼き鳥なら資源の問題は無いから将来性高いかも?
良い素材は限られるかも知れないが、増産出来るしね。
名無しさん #-|2017/07/21(金) 20:29 [ 編集 ]
記憶違いかもしれないけどNYだと年収1000万の人が
生活苦しいとかいう話聞いたことあるんだけどマジ?
NYに新店構えた一蘭のラーメン一杯が2000円でも別におかしくないんだなって思うと…
No Name #-|2017/07/21(金) 20:39 [ 編集 ]
向こうのレビュアーはえらくセンスがあるな。
翻訳の良さも有るんだろうけど。
めっちゃ行きたくなるわ。
名無しさん@Pmagazine #-|2017/07/21(金) 21:21 [ 編集 ]
海外じゃラーメンでさえ

長時間煮込んだスープ料理として一杯数千円するしな
No Name #-|2017/07/21(金) 22:35 [ 編集 ]
ここのレビューの物語感がすごく好き。おいしそうに聞こえるから食べてみたくなる。
No Name #-|2017/07/21(金) 22:49 [ 編集 ]
ほんと、日頃肉をよく食べてる人たちの肉料理レビューは読み応えがあるや
  #-|2017/07/21(金) 22:55 [ 編集 ]
焼き鳥といいながら鶏肉はほとんど使われていないんだが
毛無し #-|2017/07/22(土) 00:47 [ 編集 ]
欧米には日本みたいなファミレスやチェーン店の様な中間の外食が少ないんだよ。
ファーストフードの次は普通のレストランで、客の社会階級も貧困か富裕層かに別れる。
それで富裕層は舶来品主義も強く、物珍しい物を手にするのがステータスだったりするから、日本じゃ庶民の食べ物が高級品的に扱われたりする。
過去には庶民的な日本食を安くで提供しようと進出したら貧困層の食べ物と思われ失敗したけど、逆に日本よりかなり高くで設定したら富裕層にウケて今成功してるんだよ。



No Name #-|2017/07/22(土) 01:51 [ 編集 ]
ロスやロンドンに行くと日本は未だデフレの中で生活してると感じる
上海でも。やばいのは大連、ハルピンに行っても高いと感じてしまってること
日本、日本人やばいぞ そりゃ給料も上がらないわ
No Name #-|2017/07/22(土) 02:13 [ 編集 ]
焼き鳥屋で二人で一万五千円?食い過ぎだーーーー
と思ったけど、そうか物価が違い過ぎるんだね
今夜は皮とネギまとつくね食ってくるかなw
No Name #-|2017/07/22(土) 05:45 [ 編集 ]
外国人の感想も良いし、写真も素晴らしい。
No Name #-|2017/07/22(土) 06:40 [ 編集 ]
海外の方が昔から食べてただろうけど、軟骨やら内蔵みたいな部位はやっぱりあんまり食べてないのかな
素人考えだけど、現地で食材調達しようと思ったら、日本みたいに各部位捌いてくれる業者さん探しからなのかな?
コーべビーフみたいにブランド鳥まては知れ渡ってないだろうし、わざわざ日本からアメリカまで取り寄せとかしてたらもっと高く付くよね?
No Name #-|2017/07/22(土) 09:07 [ 編集 ]
マジ美味そう。今晩は焼き鳥屋に行くか・・・。
名無しさん@Pmagazine #-|2017/07/22(土) 11:44 [ 編集 ]
単純に円の価値が上がって相対的にドルが安くなったと思った方が自然だがね
そう考えりゃ別に日本で100円の物が人件費、光熱費、輸送費込みで向こうで2~3ドルでも構わんだろうが
1ドル50円時代になってから騒げば?
No Name #-|2017/07/22(土) 14:23 [ 編集 ]
>No Name #-|2017/07/22(土) 14:23

このテの記事で高い!ってコメがあると必ずあなたのような人が湧くね
というか毎回あなたがコメントしてるのかな?
諸々込みの理由だなんて理解していてその上で素直な感想として高いなって言ってるだけで
誰も批判してるわけでもないのに、なに顔真っ赤にしてんのさ
No Name #-|2017/07/22(土) 15:38 [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。毎回楽しく拝見させてもらっています。コメント読んでたら焼き鳥が食べたくなった
No Name #-|2017/07/22(土) 17:26 [ 編集 ]
茄子の田楽の味なんて分かるんだね・・・
No Name #-|2017/07/22(土) 18:02 [ 編集 ]
日銀と財務省の官僚の失策による20年の長期デフレで日本だけ経済停滞したからね。デフレで日本だけ物価が上がらず、他の国は順調に2~3%のインフレで物価と収入があがっていった。
20年間インフレ率0%以下と、20年x2~3%の外国で歪な差ができた
No Name #-|2017/07/22(土) 18:12 [ 編集 ]
10本食えば3500円高いと言えば高い。
名無し #-|2017/07/22(土) 18:51 [ 編集 ]
毎週の楽しみ
翻訳サイトを見比べると、翻訳ってただの作業ではなく訳者の言語感覚が重要なんだなと思い知らされる
ここは素晴らしい
No Name #-|2017/07/22(土) 21:06 [ 編集 ]
二人で焼き鳥15000円…食いすぎw
名無し #-|2017/07/22(土) 21:43 [ 編集 ]
アメリカのサービス業は人件費安いよ、チップで成り立ってるからね
でも日本人メインでやってるならちゃんとした給料にしてチップ無くせば更に人気店になると思うけどマンハッタンじゃ難しいかもな・・・
No Name #-|2017/07/23(日) 06:20 [ 編集 ]
ぶた串も美味しいよ!(`・ω・´)このお店にはぶた串はないのかな。
No Name #-|2017/07/23(日) 13:14 [ 編集 ]
焼き鳥が3ドルってこいつら日本に来たら破裂するんちゃうか・・・
No Name #-|2017/07/23(日) 14:15 [ 編集 ]
単純に円の価値が上がって~~
1ドル50円時代になってから騒げば?

うん、誰も騒いではないねw
文句言いたくて必死すぎ
名無しさん@ニュース2ちゃん #-|2017/07/24(月) 17:15 [ 編集 ]
 ↑
その変死体の顔はなぜかにやけて笑って見えたという・・・
No Name #-|2017/07/24(月) 17:15 [ 編集 ]
あほやなー
NYだから今も昔も物価がほかとぜんぜん違うのに
むしろ日本はどこでもそれほど大差ないのが驚異的なのよ
日本ガーのひとはこういうところはよくわくな
No Name #-|2017/07/25(火) 08:15 [ 編集 ]
やっぱ高いねぇ
焼き鳥の串1本が3ドルじゃちょっと高いわ
あとメニューはハツとかスナギモは日本語読みのままなのかな
いろいろ興味が尽きないわ
No Name #-|2017/07/27(木) 06:12 [ 編集 ]
外人が味噌の味を受け入れられるってのはちょっと意外だった
No Name #-|2017/07/27(木) 06:13 [ 編集 ]
焼き鳥1本\360だと・・・
No Name #-|2017/07/28(金) 08:32 [ 編集 ]
>>今となっては、チキンがダチョウほどの大きさに育ってくれないことが

大きい方が考慮わるいかもしれない、寒冷地にすむ動物が大型化して表面積の比率をさげる訳だから

実際のとこ可食部との兼ね合いをするとどちらが効率的だろうか?
No Name #-|2017/07/28(金) 14:56 [ 編集 ]
≫シェフが生前のチキンに向かって「ずば抜けたジューシーさを出してくれよ。」と言い聞かせ、チキンもシェフへの尊敬を込めて、全身全霊でその指示に従ったとしか、僕には思えない。

こんな感想が書ける文才を尊敬するよ
No Name #-|2017/07/28(金) 15:05 [ 編集 ]
 翻訳お疲れ様です。他まとめサイトでは大抵1行翻訳だから、ここほどボリュームのあるサイトは読んでいて楽しいです。

 日本の料理は「割烹」料理と言いまして、割=切る が 烹=焼く煮る蒸すetc より上位にくるのだそうです。つまり日本料理の真髄は「切る」ことで、切るだけで素材を美味しく食べさせる料理だと。
焼き鳥ってきちんとした店で食べるとホント美味い!!外国人が驚くのもうなずける。しかしそれ以上に美味い包丁料理があるとは日本料理の奥の深さに感嘆してしまいます。
α #o8W6TmNQ|2017/07/29(土) 23:10 [ 編集 ]
煙にまかれるような焼き鳥屋見たこと無いから、そういうイメージ持たれるのは悲しいな

今夜は友達と焼き鳥食べてきます
名無しさん@Pmagazine #-|2017/07/30(日) 12:29 [ 編集 ]
汚くて狭くて安くて美味い個人店も結構あるのさ
別に悲しむことでもない

ああ…ハツ…ぼんじり…
思い出したら焼き鳥食べたくなってきた
最初の人のレビュー面白すぎだなこれだけでエンタメだ
No Name #-|2017/07/31(月) 23:11 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/tb.php/195-cb1f60a0

次回更新


次回更新は2017年8月25日(金)です

最新記事一覧

ラーメン店「一蘭」には、なぜ海外からの観光客がたくさん来るのか? 外国人客の声を翻訳しました 【海外の反応・レビュー翻訳】 Aug 18, 2017
ロサンゼルスで大人気のうどん店、本格手打ち麺の美味しさにハマるアメリカ人続出 【海外の反応・レビュー翻訳】 Aug 11, 2017
海外の人々が、広島の原爆についての展示を見て感じたこと 【広島平和記念資料館・海外の反応】 Aug 04, 2017
「火垂るの墓」を観た海外の人々は何を感じたか? 【海外の反応・レビュー翻訳】 Jul 28, 2017
【海外の反応】 「鶏肉が豚肉より美味いなんて…。」 日本の焼き鳥を楽しむニューヨーカー8人の声 【レビュー翻訳】 Jul 21, 2017
日本製の激安イヤフォンが、米アマゾンで超絶大人気!なぜ、こんなに売れているの?【レビュー翻訳】 Jul 14, 2017
【海外の反応】 「オカン」の料理は世界に通用するのか?米サンディエゴの日本家庭料理店「和ダイニング オカン」レビュー翻訳 Jul 07, 2017
【海外の反応】 ラーメンを愛してしまった9人のアメリカ人によるラーメン店レビュー in ラスベガス 【レビュー翻訳】 Jun 30, 2017
【海外の反応】 「君の名は。」を観た海外の人々は何を感じたか? 【レビュー翻訳】 Jun 23, 2017
【海外の反応】 BABYMETALはなぜ海外で大人気なのか? 海外ファンの本音を聞いて、その理由に迫ってみよう【レビュー翻訳】 Jun 16, 2017

サイト内検索


人気記事

ジブリ関係の人気記事

カテゴリ一覧

お知らせ



相互リンク・RSS募集中です!

詳しくはこちらへ↓
 このブログについて

管理人への連絡ご希望の方はこちらの
メールフォーム
からお願い致します。




_

リンク

このブログをリンクに追加する

逆アクセスランキング

RSSリンクの表示

QRコード

QR




 |  日本の食事 | 日本製品 | 日本文化 | スタジオジブリ関連 | 日本の映像作品 | 日本の観光地・宿泊施設 | 日本人アスリート | ゲーム:任天堂 | ゲーム:ソニー | ゲーム:他ハード | ゲーム業界 | 未分類 | 当ブログについて | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 超訳コネクト
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
アクセスランキング