日本文化に対する外国人の反応を翻訳してお届けしています。超訳で世界と繋がろう!

超訳コネクト
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/
★ 主に海外反応系ブログの最新記事です ★



スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Twitter始めました。更新情報をお届けしています。

「ニューヨークで日本の緑茶を出すカフェが評判に。高評価なレビューの内容は?」 海外の反応

2013/01/25 16:52|日本食関係TB:0CM:75
2013年1月25日


20130118_001_chaan_01.jpg



ニューヨークで本格的な日本のお茶を楽しめる小さなカフェ、「茶庵」が地元の人々の人気を集めています。今回はこちらのお店の海外レビューを翻訳してみました。

茶庵の店内は、京都を思わせる和風の内装が施されており、緑茶や日本の食材を使ったデザートが楽しめるようになっています。定期的に、日本の茶道を体験できる催しも開かれているそうです。

ニューヨーク在住日本人の方々が書かれているブログで評判を探ってみると「かなり美味しい」と、好評でした。現地アメリカ人の評判はというと、レビューサイト「yelp」における茶庵への投稿数は611本、平均点数は5点満点中4.5点という、相当な高評価を得ています。女性を中心に熱く支持されているようでした。

「yelp」における評価の内訳は下図の通りです。低評価の投稿が極端に少ないですね。


20130118_001_chaan_02.jpg


お店の場所は日本料理店が多いイーストヴィレッジです。場所柄、日本人やアジア系のお客さんも多いようですが、レビュー本文やレビューに添えられた店内の写真を見る限り、非アジア系のお客さんもかなり多そうです。なお、店内のトイレはウォシュレットだとか。

↓では、地元のお客さんたちの声をお聞き下さい。  翻訳元: yelp








● 女性 ペンシルバニア州  評価:★★★★★


大好きになったお店です。まるで、日本に行ったときのような感じがしました!

私はあまりお酒好きな方ではありません。でも、かなり熱狂的なお茶好きなんです。私のような人たちは、少なくとも一度はこの店に来てください。ここではかなり豊富な種類のお茶が味わえます。メニューには、お茶の種類によって異なる効能や、茶葉の乾燥方法の違いなどが解説されていました。

私がこの店に来たのは、ディナーをお腹いっぱい食べた後です。でも、だからといって、ここのデザートを味わえない理由にはなりません。私は緑茶のお餅を頼みました。ああ、口の中でとろける!なんて美味しいんでしょう!続いて、チョコレート餅と、本日のスペシャルメニューと書かれていた甘い豆(小豆?)を頼みます。どちらも素晴らしい甘さでした。でも、私が最高だと思ったのは、やっぱり緑茶でしたね。


20130118_001_chaan_03.jpg


それから、持ち帰り用のマカロンも一箱買いました。こちらも楽しめましたよ。

この店では、日本式の茶道を体験できる催しも、第1日曜日と第3日曜日に開かれています。参加には予約が必要です。私が日本に行った時、茶道を見たり参加したりするチャンスがなかったので、この催しには絶対参加したいと思っています。中国式の茶会なら、中国に行った時に何度も参加したことがあります。楽しかったですよ。

ここは絶対に行ってほしい店です。誰かと行くなら、お茶好きな人を誘って下さい。さもないと、退屈させるかもしれません。ここは騒々しいバーなんかとは対極のお店ですからね。






● 男性 カリフォルニア州  評価:★★★★


こちらのお店で開かれている茶会に参加してきましたよ。小さな茶室に座って体験した日本の茶道は本当に楽しいものでした。抹茶も大好きになりました。我々をもてなしてくれた女性は、極めて上品に茶道や茶室の意義、茶会の意味などを解説してくれます。

ただ、45分もの間、正座したままでいたため、足が相当にしびれたことは認めざるを得ません。また、大量に汗をかく羽目にもなりました。こんなことでは、日本に行った時は間違いなく気味悪がられてしまうでしょうね。一緒に参加した私の連れなどは、正座の状態から立ち上がるときに服を破ってしまったりもしました。色々問題はありましたけど、是非、もう一度参加したいと思っています。



20130118_001_chaan_04.jpg






● 男性 ニューヨーク州   評価:★★★★★


友だちと一緒にランチ、ディナー、おやつ、そしておいしいお茶を楽しみたい人向けの店だ。
料理 5 サービス5 雰囲気4

茶庵が僕の期待を裏切ることはなかった。急な階段を登ると、そこに広がるのは日本のオアシスだ。僕らは奥の席に座る。店の中は静かだ。

メニューは厚い本になっている。ページの大半は、この店で出す全てのお茶の解説に割かれていた。少し時間はかかったが、注文するものも決まった。ここは本格的な店だ。インテリアのような見た目の要素もだが、サービスも本格的だった。

あと、スタッフたちは日本語を話しているし、トイレも日本から取り寄せたハイテクトイレだ(残念ながら、今回、その機能を試す機会はなかったが)。そして、もちろん、料理とお茶も素晴らしかった!



20130118_001_chaan_05.jpg


僕が頼んだのは抹茶フロート(緑茶アイスクリームを冷めたいまま少し溶かしたような感じで、とてもうまい)とラズベリーが添えられたチョコレート・スフレ(上品なおいしさだ)、そして黒ゴマのクレームブリュレだ。これには、同じく黒ゴマのアイスクリームもついてくる。飲み物は京都の緑茶を頼んだ。

このお茶は僕のスイートスポットを見事にとらえてくれた。実に見事な一杯だった。量も十分多いし、ウェイトレスは10分~15分おきに、おかわりはいりませんかと尋ねてくれる。黒ゴマクレームブリュレも絶品だと思う。別の日本料理店で食べたものと比べながら味わったのだが、茶庵、君の勝利だったよ! 完成度の高い料理とデザート、お茶とサービス…、どうか茶庵に行ってほしい。

このお店は普通の食事も出しているので、僕としては、今度はそれを試してみようと思っている。この店のレベルを考えれば、食事の方も期待できるんじゃないだろうか。

僕が太鼓判を押す。絶対に行ったほうがいいよ!






● 女性 ニューヨーク州  評価:★★★★★


6ドルで、あなたは愛らしい女性店長から注いでもらった緑茶を、どれだけでも飲むことができます。平和な禅の世界の屋内茶園に腰を下ろし、緑茶の世界に浸って下さい。

なお、ここには見たこともないようなトイレがあります。



20130118_001_chaan_07.jpg





● 女性 ニューヨーク州  評価:★★★★★


私はお茶を愛してます。1ポンド(約454グラム)30ドル(約2,700円)くらいのお茶なら、迷わず買ってしまうくらいです。さすがに1ポンド100ドル(約9,000円)もするお茶だとためらってしまうでしょうが、自宅には、そのくらいのお茶もありますよ。もちろん、世の中には、もっと高価なお茶もありますけどね。人の価値は、その人がどんなお茶を選ぶかで決まってしまうとさえ、私は思っています。ワインと同じですね。

茶庵は日本スタイルの喫茶店です。そして、ここで飲めるお茶は少々高価な部類に属します。1ドル(90円)くらいの料金でおかわり自由な、中華料理の点心のお茶などと比べてしまうと、特にそう感じるかもしれません。でも、ここのお茶なら高くてもかまいません。茶庵が十分料金に見合ったお茶を出してくれることは分かっていますからね。

スタッフは細かいところまで気がつく人たちで、これ以上は無理というくらいに礼儀正しく、そしてプロフェッショナルです。お湯はいつだって、お茶に最適な温度にして持ってきてくれます。ぬるま湯を出されることなんて、ここでは絶対にありません。

もちろん、お茶の種類によって、扱いも変えてくれます。茶葉に応じた下準備をしてくれた上でポットに入れてくれるんです。ですから、ここはガブガブお茶を飲みたい人向けのお店ではありませんし、ファーストフード店のように利用するお店でもありません。お茶の深い味わいをじっくり楽しみたい人向けのお店です。


20130118_001_chaan_08.jpg


そして、普通の食事をしたい人にも、あまりお勧めするつもりはありません。でも、お茶菓子やデザートは絶品ですよ。最高の気分になれる、素晴らしい緑茶マカロンが1ドルで食べられます。問題があるとすれば、一つずつじゃなくて、一箱単位で食べたいということですね。

茶庵のお菓子には、繊細ないくつかの風味が絶妙なバランスを保って共存しています。この前は、サクラ・フラン(sakura flan)を食べました。ただ、この sakura がチェリー・ブロッサム(桜の花)を意味する言葉だとは気づかなかったんです。おかげで、桜の花の風味を、きちんと細かいところまで理解して味わうことはできませんでした。残念です。

アールグレイとチョコレートのお餅は、私にはちょっと重たいかな?とも感じましたが、チョコレートが大好きな人にはお勧めですよ。アールグレイから感じるベルガモットの香りとチョコレートの相性は最高ですね。改めて実感できました。もっとも、一緒に行った女友だちはアールグレイの香りに気づかず、ただチョコレートだけを味わっていたようですが。

このお店で出てくるお茶やお菓子の風味はとにかく繊細です。ゆっくり気をつけながら味わって下さい。ここでは、食べ物への意識の強さや感覚の鋭さを問われます。

人々がひしめき合うニューヨークでは、食事をファーストフードで済ませたり、忙しさのあまり、外で歩きながら食べたりするのが当たり前といった雰囲気があります。どうか、茶庵に行って下さい。ゆったりとくつろいで料理やお茶を味わうことは、こんなに楽しかったんだということを、もう一度思い出させてくれる、安息の地のようなお店です。



20130118_001_chaan_09.jpg






● 男性 ニューヨーク州  評価:★★★★


茶庵は、僕の人生に女性が必要な理由を、新たに実感させてくれた店だ。

茶庵では素晴らしい体験ができる。でも、お茶とデザートを楽しむのは、典型的な男の行動パターンとは言えない。だから、男たちは女性の相手を見つけてデートに誘い、ここに行こう。職場の同僚や身内でもいい。

ここで飲めるお茶の種類は、少し圧倒されるくらい豊富だ。メニューの6ページ以上が、ここで注文できるお茶の紹介だけに割かれている。お茶の味がある程度解説されているのもありがたい。例えば、僕が今回注文した焙じ茶の解説には「強いが苦くない」などと記されていた。

デザートに関して言えば、僕の好みはタルトやパイ等、フルーツが乗ったスイーツ類だ。だから、茶庵にこの種のデザートが充実していることを知った時は、どれほど嬉しかったことか。


20130118_001_chaan_10.jpg


手堅い選択をしたい人は緑茶ベースのデザートを選べば間違いない。ちなみに、僕が大好きなのは緑茶のマカロン(口当たりがとてもやわらかい)と緑茶のスイスロールだ。チョコレート餅も美味しい。ただ、僕には少し味が濃厚過ぎると感じた。黒ゴマのクレームブリュレも良かった。僕自身は感動するというほどでもなかったが、僕の連れは大好きになったようだ。

僕は普段、店のデザインやインテリアに関しては、よっぽど気分が悪くなるものか、よっぽどユニークで美しいものでもない限り、どうでもいいと思っている方だ。茶庵に関しては、明らかに後者だった。まるで日本にいるように感じたか?と聞かれれば、それは何とも言えない。僕はまだ日本に行ったことがないから。でも、クロサワの映画やアンソニー・ボーデイン(料理人であり、「アンソニー世界を喰らう」などで人気のTV司会者)の番組を通じて見た日本の姿は十分に感じられた。

小さいが、綺麗に飾られた店だ。サービスも素晴らしく、料金(クレジットカードは使えない。支払いは現金のみだ。)もリーズナブルだった。



20130118_001_chaan_11.jpg




● 男性 ニューヨーク州  評価:★★★

茶庵には少し前、ランチデートに行った。店に入った瞬間に、デートの相手と僕は、店の内装と雰囲気の良さを大好きになった。デートにはピッタリの店だ。僕らはすぐに席についた。

お茶は良かったし、サービスも素晴らしい。ただ、料理はすごく平凡だったな。あんな味気ないウナギを食べたのは初めてだ。別に、食べて気分が悪くなったりしたわけじゃないから、そこまで悪く言う気はないけどね。

それとは逆に、デザートは良かったね。サイズは小さいけど、心をこめてキッチリ作られているのがよく分かる。繊細かつ控えめな味わいだった。

僕は、たまたま良くないスタッフに当たってしまっただけかもしれないし、注文すべきでないものを注文してしまっただけかもしれない。この店をもっと好きになりたいところだけど、やっぱりウナギの件が引っかかってしまうのも確かだ。また行こうとは思わないね。






● 女性 カリフォルニア州  評価:★★★★★


誰か助けて!私は恋に落ちてしまいました。こんなに魅力あふれる店は、日本に行った時以来、見たことがありません。小さな店内は、ホタルの光のような控えめで感じの良い明かりで照らされ、椅子と椅子の間隔は近く、親密さにおいても居心地の良さにおいてもバッチリです。魔法のようでした。

店内の雰囲気の良さを堪能し、素敵なお皿の可愛らしさも堪能した後は、料理とお茶の相性の良さを堪能して下さい。ディナーのセットは、軽食と考えれば、量も十分です。

豆腐のキッシュ(パイ)はカスタードのような優しい口当たり。トレーの上には小さな皿がいくつか並んでいて、カレー、トマト味噌、茶葉でスモークしたサーモンなど、バラエティに富んだ料理を少しずつ味わうことができます。これくらいの量なら、後でデザートを食べる余裕もありますね。

セットにはお茶とデザートも一つ付いてきます。私は3ドル(約266円)追加して、抹茶も持ってきてもらいました。私は抹茶が大好きなんですが、アメリカではなかなか良い物が見つからないんです。目のさめるような緑色のお茶で心地良い苦味があります。デザートを食べながら飲むお茶としては完璧ですよ。


20130118_001_chaan_12.jpg


そして、いよいよデザートです。私と友だちが平らげたのは以下の通りです。イチゴのミルフィーユ、小豆が添えられた日本酒アイスクリームのプロフィットロール(小さなシュークリームをいくつか積み上げ、チョコレートソースなどをかけたお菓子)、続いてアールグレイ餅のトリュフ、最後に黒ゴマのクレームブリュレで締めくくりました。嘘はついてませんよ。全部食べました。最高の選択だったと思っていますね。

正直なところ、ミルフィーユと日本酒アイスクリームは少々印象が薄かったかもしれません。また、プロフィットロールは、中のアイスクリームのおかげで外の生地が柔らかくなってしまっていました。今のところ、茶庵はこの問題にうまく対処出来ていないようです。でも、アールグレイ餅のトリュフは、この世のものとは思えないくらい最高でしたよ!柔らかい餅の豊かで濃密な食感は、一口ごとに感動を覚えるほどのものですし、ほのかにお茶の香りがするチョコレートの味わい深さには、気品さえ感じました。

そして、素晴らしいけど、トリュフに一歩及ばなかったのが黒ゴマのクレームブリュレです。これは今まで食べた中で、一番ハンサムなデザートでした。リッチなゴマの風味と歯応えの良さ、これに二種類のクリームが絶妙にミックスされていて、見た目同様、味も信じられないほど素晴らしいものでした。カラメルの層がもう少し厚めだったら、もっと嬉しかったのになあ、とも思います。でも、そうなると、さらに5つぐらい食べてしまっていたでしょうけどね。


20130118_001_chaan_13.jpg


サービス面で特別なことはありませんが、ウェイトレスはみんな礼儀正しくて、よく気がつく人たちでしたね。この店に対する唯一の不満は、クレジットカードが使えないということです。これは意外でした。現金で支払うと、料金も少し高くなったような気がしてきますし。そうは言っても、またすぐこの店に行くつもりですけどね。






● 女性 ニューヨーク州  評価:★★★★★


面白そうなものがないかとニューヨークを探し回っている人たちへ。あなたが急ぎ足なら、茶庵のつつましい外観に気づかず、通りすぎてしまいますよ。幸運にも、この店に気づいたなら、ドアを開け、階段を登り、カーテンを開いて中に入ってみましょう。すぐに茶庵の温かな優しさに包まれるはず。


20130118_001_chaan_14.jpg


控えめな明かりに照らされた静かな店内には、木で出来たテーブルが沢山並んでいて、日本的な素朴さに溢れています。バーテンダーはカクテルに日本酒を注ぎ、すぐ後ろでは、シェフが細心の注意を払いつつ、腕によりをかけてごちそうを作っています。

私はお店の真ん中の席に座りました。まるで美しい教会に入ったような気分です。ラズベリーソースの添えられたスフレが、私の前に運ばれてきました。何やら神聖なものを侵すような気がして、5分間、手を付けられませんでした。

でも、スフレがしぼみ始めてきましたので、そろそろ食べなきゃいけません。スプーンを差し込み、冷たいラズベリーと甘く溶けるチョコレートを味わいます。舌に心地良い刺激が走りました。私の罪も許してもらえそうな気さえする味です。


20130118_001_chaan_15.jpg


今回の目的はデザートだけです。これだけで満足して店を出ました。ズボンのボタンが弾け飛ぶまで食べたい人たちには、納得できないかもしれませんね。

でも、茶庵で新しい味を知ることには、静かな満足感があります。寒い中を歩いて学校に通う学生が、博識な教授から新しい知識を授けてもらうような喜びです。

そして、茶庵にはまだまだ私の知らないことがあります。繊細で心温まる料理が私にささやきかけてくれる秘密を、もっともっと知りたいと思っています。だから、これからも茶庵に通って、秘密の味を教えてもらうつもりです。



(翻訳終わり)



管理人より:
そのまま日本に持ってきても、人気の出そうなお店ですね。男性が入るには結構な勇気が要りそうですが。




★ その他:日本食の海外反応記事

アメリカにオープンした日本のしゃぶしゃぶ店の評判は?

おいしいお寿司を食べた海外の人たちの感想

意外にも? タコ焼きがニューヨークで人気を博しているようです

日本のシュークリーム(ビアード・パパ)のアメリカでの人気ぶり

アメリカでオープンしたカレーハウスCoCo壱番屋の現地での反応は?

日本のカレー店をアメリカでオープンしたらどうなる?

ニューヨーカーたちによる居酒屋体験レビュー。 その内容は?

讃岐うどんの「丸亀製麺」は、なぜハワイでも人気店なのか?

「まるで麻薬だ…。」 ニューヨーカー絶賛のとんこつラーメン店



Twitter始めました。更新情報をお届けしています。

 ■ 人気記事
5 米Amazonで最も評価の高い腕時計(G-SHOCK)のレビュー翻訳 5 米・タイム誌が「2012年最高の発明品」と評したソニー製カメラRX100の海外反応
5 讃岐うどんの「丸亀製麺」は、なぜハワイでも人気店なのか? 5 【海外の反応】 帝国ホテルのサービスは最高だね!
5 「まるで麻薬だ…。」 ニューヨーカー絶賛のとんこつラーメン店 5 外国人の口コミ評価No.1ホテル、京都の「 Mume 」をご存知ですか?


コメント
読む限り問題はごはんメニューだけみたいであとは絶賛じゃん
ごはんメニューはスッパリやめて、お茶とデザート専門にした方が良いと思うんだが・・・
No Name #-|2013/04/02(火) 18:52 [ 編集 ]
緑茶というより抹茶ですか。

抹茶を出す店は、日本でもなかなか見かけませんが、海外だとこういう、日本の文化的なところが良いんでしょうね。
お茶菓子も、とてもおいしそうです。
名無しの日本人 #SFo5/nok|2013/03/07(木) 05:07 [ 編集 ]
>7695
で、安心してちゅーできると。

お茶はお湯の温度で劇的に味が変わるから、なるべく浸出温度は守るようにしてる。
時々見るけど、煎茶や玉露を沸騰直後のお湯で淹れるなんてもったいなすぎる。
No Name #4RSyl9Sg|2013/02/05(火) 00:39 [ 編集 ]
チョンが起源主張しそう・・・って書こうと思ってたら
茶道をパクってんだっけか、トイレットペーパーやら使ってて全然様になってなかったけど
No Name #-|2013/02/04(月) 15:13 [ 編集 ]
コメントをどうぞ
No Name #-|2013/02/03(日) 03:54 [ 編集 ]
チョコ餅は美味いね。ちと高いけど何個でも食っちまう。何処にでも通用しそう。
あとあちらの人は抹茶味もイケるのか。
純な和菓子は餡に好き嫌いが出易いので仕方ないですよ(日本人だってそうです、私も昔は苦手だった)
No Name #-|2013/02/01(金) 09:22 [ 編集 ]
こうやって緑茶が評価されると「緑茶は韓国が起源」て言い出しそうだ
No Name #-|2013/01/31(木) 18:06 [ 編集 ]
一昔前は、「オリエンタル趣味」であり、
アジアをひっくるめてたんだけど、
今じゃすっかり、「日本」だけを切り出して
楽しんでるんだなぁ・・・
No Name #-|2013/01/29(火) 23:26 [ 編集 ]
なんか店の中ちっちゃくね?w
でも米人が楽しんでいるならそれで良いよ
No Name #-|2013/01/28(月) 20:36 [ 編集 ]
井之頭五郎に行ってもらいたい。
No Name #-|2013/01/28(月) 11:13 [ 編集 ]
※7706の言うとおり
今時の和カフェは洋菓子も当たり前
老舗の虎屋ですら、和菓子と洋菓子の融合したものを作り出してる
材料に日本の素材を使いつつ洋菓子にする
日本お得意の魔改造じゃないか

女性連れでなくてもいいから一度カフェに行ってみたらどうだろう
「日本的」の既成概念に固まってる場合じゃないぞ
No Name #t50BOgd.|2013/01/28(月) 07:05 [ 編集 ]
パリの虎屋にある茶屋(イートイン)はフランス人に大受けだった。
長期出張で偶然発見したんだが、「予約で一杯」ってことで断られた。
予約して後日行ったけど、日本レベルのサービスがすごくうれしかった。

EU圏はどこもエセ寿司屋が乱立して、味もサービスも絶句だが、
こうした「正当派」ができるのは出張族としてすごくうれしい。
顧客に「これが本当の日本文化です」って堂々と紹介できる。
No Name #-|2013/01/28(月) 03:18 [ 編集 ]
ここのコメ欄って中年おやじが多いの…?
この店のメニューって今時の日本のカフェにはありきたりすぎるぐらい当たり前にあるメニューなのになに洋すぎるとか合わせすぎとか現実から乖離したコメントいっぱいあってびっくり

チョコ餅も抹茶ロールも胡麻ジェラートも昨日カフェで食べてきたばっかだがやっぱり中年おやじには宇宙の話なのか?
No Name #-|2013/01/27(日) 12:12 [ 編集 ]
ここは店員が韓国人ばっかってことはなさそうだ
No Name #SFo5/nok|2013/01/27(日) 07:11 [ 編集 ]
店員が日本語を話してるのもクレカが使えないのも日本の証だなw
餡子嫌いの人でも食べられるようにしたんだろうけど
チョコレート入りの餅はちょっとアメリカに迎合しすぎかと思う
No Name #-|2013/01/27(日) 03:48 [ 編集 ]
甘いもの好きの男性が苦労してるのはどこの国でも同じなのかw
No Name #-|2013/01/27(日) 01:28 [ 編集 ]
内装は言ってやるなww
本気で雰囲気出そうと思うと日本でも相当かかる。

特級の緑茶をちゃんとした手順で淹れるとマジ旨いからな。
まあ、雰囲気が大事だけど。
No Name #-|2013/01/27(日) 01:23 [ 編集 ]
こういっては何だがちょっと作りが安っぽすぎないか?いやお茶が美味ければいいんだろうがね。
京都等の料亭の中庭的なもの想像したのだけど、うーん。
No Name #-|2013/01/26(土) 23:52 [ 編集 ]
なんか素人が見よう見まねで作った感が半端ない。
No Name #-|2013/01/26(土) 22:44 [ 編集 ]
内装が瓦屋根があったり、外なんか中なのか解らんつくりだね
産地(気候)によっても違うから、俺は甘みの強い新潟の村上茶が好きだな。
No Name #-|2013/01/26(土) 22:40 [ 編集 ]
本当に日本人が経営してるのか不安になってしまった・・・。

日本古来の伝統和菓子が受け入れられるのはちょっとまだ
難しいようですね。でもエアロスミスも鯛焼きが大好物らしいし、
カリフォルニアロールでなく江戸前寿司が世界的にやっと認知されて人気になったように、いずれ受け入れられるでしょう。
No Name #-|2013/01/26(土) 18:55 [ 編集 ]
緑茶に砂糖入れるのはタイと中国ですよ。

でもどうやって飲もうが勝手でしょ。砂糖入れてなにが悪い
No Name #-|2013/01/26(土) 17:46 [ 編集 ]
日本茶は口が臭くならないからいいよ、デートでカフェに行くとそこがね…茶庵は異性を連れて行ってもいい匂いのままでいれるよ
ななし #leF2ecbc|2013/01/26(土) 15:12 [ 編集 ]
海外の熱いレビューはちょっと詩的だねw
No Name #-|2013/01/26(土) 15:08 [ 編集 ]
ただの和風喫茶店なのに畳とかいらんと思うのは私だけ?
写真には茶室風の畳敷きの個室も見えるけど。

カードの件はリーズナブルにする代わりにっていうところだと思う。
じゃなかったら、一回に付き20ドル以上じゃないと手数料20%頂きますとかしない限り出来ないと思うね。
No Name #-|2013/01/26(土) 13:40 [ 編集 ]
最後のコメント、本当に感心する。
本当に凄いなと思う。
この方には寿司も本物を味わってもらいたい。
No Name #-|2013/01/26(土) 12:33 [ 編集 ]
オレも少し内装気になったけどやっぱ床文化ないから畳だと客が寄り付かないのかね。それか向こうだとこっちより畳の値段が高いのか。
No Name #-|2013/01/26(土) 11:46 [ 編集 ]
この内装はナイな
アメリカ人のイメージするjapanな感じ....。
No Name #-|2013/01/26(土) 10:09 [ 編集 ]
いろいろ飲んだけど綾鷹が一番美味いわ
  #z1uogJ6Q|2013/01/26(土) 09:29 [ 編集 ]
1枚目の写真のあんこがなんか・・・・・こう・・・・
多分抹茶餡だと思うんだけど、緑すぎるし横の黒餡もなんかチョコレートっぽい色合い(黒糖餡?)でなんか食べるの躊躇するね

5人目のNYの人、1ポンド100ドルのお茶って日本で言う所の深蒸し緑茶あたりかな?

他の画像に出てきた抹茶系は普通の色してるのに餡は色鮮やか過ぎますよ
一応お茶はFortnum & Masonでも普通に売ってるからね、8年位前から(日本で買った方が安いけどね)
No Name #-|2013/01/26(土) 06:13 [ 編集 ]
緑茶は別に日本独自のものじゃなくて割りと世界中にある
大半の国は砂糖入れて飲むほうがポピュラーみたいだが
No Name #-|2013/01/26(土) 05:26 [ 編集 ]
何かあちらだと緑茶が甘かったりして不味くて不評らしいね
変な加工せずにお茶そのものの味と香りを楽しんで欲しいと思うお茶好き
No Name #-|2013/01/26(土) 04:49 [ 編集 ]
最高級玉露はほんとにどんな飲み物より美味い
No Name #-|2013/01/26(土) 03:56 [ 編集 ]
コメントをどうぞ
No Name #-|2013/01/26(土) 03:40 [ 編集 ]
観光地でやってるお抹茶とお菓子はかなりの確率で点てるの下手くそすぎてまずい。
普段お客さんが少ないから点て慣れてないのか、急いでるのかしらないけど、抹茶の粉がだまになって残ってること多い。

あれが本物だーとか思われてたらちょっとヤダな…
点て慣れてる人がたてるとほんとまろやかで全然違う味だからね

それにしても体験って…点ててみる体験なのかな?
作法とかならたまらなく苦痛に感じる人が多そうだがw
No Name #-|2013/01/26(土) 01:29 [ 編集 ]
いつも楽しく拝見させていただいております。
日本の文化を楽しんでくれていることを嬉しく思うと同時に、外国の方の表現力の豊かさに驚かされます。
ところでいつか『寄生獣』というマンガのレビューをしていただけませんでしょうか?とっても大好きなマンガで、少し前にはハリウッド映画化の話も出たマンガです。(2chなどの「面白いと思うマンガ教えて」のようなスレでは常連のマンガです)
あと、日本が誇るSFアニメの最高峰「AKIRA」のレビューなんかも読んでみたいです。
それではこれからも更新楽しみにしております。
No Name #-|2013/01/26(土) 01:21 [ 編集 ]
※7665
なんかこいつヤバイwww
日本語不自由なの?ニポンゴムズカシイ?
No Name #-|2013/01/26(土) 00:46 [ 編集 ]
>どうも和風要素入れた洋菓子ばっか絶賛されててなんだかなあって
やっぱ和菓子とか重たいし基本アンコだから外人さんには合わんのかな

管理人さんへのリクエストなんですけど、
アメリカにある源吉兆庵の評判ってどうなんでしょう?

「茶庵」のような和風カフェは、自分の地元(日本)にもありますし、男性も普通に来てましたよ。
No Name #-|2013/01/26(土) 00:37 [ 編集 ]
向こうでいろいろ働いたことあるけどカードやらないところの理由もいろいろあって、
薄利でやってるところにカード支払いだとカード手数料でさらに利益うすになるって理由が多いとおもう
あるすし屋は現金払いだと税金ごまかせるって理由でカード導入してないってのもあった
No Name #-|2013/01/26(土) 00:06 [ 編集 ]
玉露はないんかね?
人の価値はお茶 の人、どんな反応するか見てみたい 
No Name #-|2013/01/25(金) 22:46 [ 編集 ]
>7672
砂糖入ってたら日本人ブログでも高評価とはならんと思う
No Name #-|2013/01/25(金) 22:41 [ 編集 ]
※7665
>「日本人はアルコール飲料を古来より作ってる。」
誰もそんなことはいってないだろ
ヤバイ薬でもやってて幻覚でも見てんのか?
とっとと病院行って安楽死してこいよ
No Name #-|2013/01/25(金) 22:29 [ 編集 ]
>緑茶と言うよりも抹茶じゃないの?

緑茶粉末かも
  #-|2013/01/25(金) 22:26 [ 編集 ]
>温かい緑茶は未だに苦手で美味しく感じないよ
国へお帰りください
北朝鮮による国家統一が目前で良かったね鮮人さんw
No Name #-|2013/01/25(金) 22:23 [ 編集 ]
人の価値はお茶で決まるとか言われたら俺生きてる資格ねえw
No Name #F4sARXcw|2013/01/25(金) 22:18 [ 編集 ]
砂糖とか入ってないよな?
No Name #-|2013/01/25(金) 21:18 [ 編集 ]
>7666
電動カート使ってる層は
レビューにある入り口の階段で遮断されるんだろう
No Name #9L.cY0cg|2013/01/25(金) 20:09 [ 編集 ]
内装だの照明だの食器だの菓子の可愛らしさを愛でつつ、丁寧に供された食をちまちま楽しむって、もはや日本の女と同じだね。
アメリカではそういう男客がいるのも良いな。
日本だと甘味屋やカフェで見かける男は静かな品のいいおじいさんが多い気がする。若い男も来ればいいのにね。
でも若いの連れてったら食べるの早いし窮屈そうにしていて食った気がしないって顔してたな。
No Name #-|2013/01/25(金) 20:05 [ 編集 ]
>7665
すまん、マジで何が言いたいのか分からん。あと何でそんなに攻撃的なのかも。
「これは緑茶じゃなくて抹茶じゃないの?」に対しての発言なんだが。
「緑茶を出す店」を謳うなら抹茶以外に煎茶やほうじ茶も出すべきってこと?
それなら茶庵は煎茶もほうじ茶も出すよ。
なんか誤解してる気がする。
No Name #-|2013/01/25(金) 19:51 [ 編集 ]
この記事読む前に電動カートの記事読んだんだけど
こんな店にデブの客って来るの?大抵写真はやせてるけど
肥満率の高い国でやせ形ばかり来るとは思えない
No Name #-|2013/01/25(金) 19:48 [ 編集 ]
>7662
そんなの誰でも知ってることだろ。お前が馬鹿か?
じゃ、「日本人はアルコール飲料を古来より作ってる。」って言ったままでいいのか?
No Name #-|2013/01/25(金) 19:44 [ 編集 ]
>あっちは初期導入コストがすごく高いとか・・・?
むしろ日本より簡単なはずだけど…
日本だと審査でカード会社によってははじかれることもあるけど(企業査定でAAAとってても中小だとはじかれたり)
アメリカは割りと簡単に加盟店になれる
ただ、日本よりカードのトラブル多いから、リスク避けてるんじゃないの?
No Name #-|2013/01/25(金) 19:28 [ 編集 ]
>7648
わかる気がする
和風カフェと言われるより甘味処のほうが風情があっていいよね
No Name #-|2013/01/25(金) 19:27 [ 編集 ]
勘違いしている人がいるようだけど、抹茶は緑茶の一種ですよ。
まあ緑茶=煎茶と認識してる人は多いでしょうけど。
No Name #-|2013/01/25(金) 19:18 [ 編集 ]
ほうじ茶も有って、ポットに入れてくれるというのも有るし
抹茶も含めた緑茶全般なんじゃないの?
というか緑茶ってジャンルは茶葉のことですぞ
No Name #-|2013/01/25(金) 19:18 [ 編集 ]
うなぎを茶葉で蒸したのを思い出した
上品でオイシイと思うんだけど不評なんだな
No Name #-|2013/01/25(金) 19:17 [ 編集 ]
向こうの人はお茶に砂糖を入れると聞いたことがあるけど
これには入ってないのかな?
No Name #-|2013/01/25(金) 19:16 [ 編集 ]
お茶大好きなんだけど
ほんと高いものほど美味い
No Name #-|2013/01/25(金) 19:13 [ 編集 ]
抹茶って飲んだことないけど、緑茶よりは美味しいのか?
温かい緑茶は未だに苦手で美味しく感じないよ
No Name #-|2013/01/25(金) 19:11 [ 編集 ]
専門店でいいお茶を飲んじゃうと、自宅に帰ってからのお茶が惨めでね。
No Name #-|2013/01/25(金) 19:10 [ 編集 ]
餡子は向こうじゃ評判悪いからな
甘い豆は許されない
No Name #-|2013/01/25(金) 19:09 [ 編集 ]
私もこれは抹茶だと思いますが・・・ 
No Name #-|2013/01/25(金) 19:03 [ 編集 ]
日本自体がいつもニコニコ現金払主義だからじゃない?
ちなみに、自営業者的な観点からいえば、すぐにお金が入るほうが嬉しい。
No Name #-|2013/01/25(金) 18:53 [ 編集 ]
正座から立ち上がるだけで服が破れるって、どうやったらそんな事態になるんだ?www

ガイジン サイズの体重 + 怪力のなせる業か?w
No Name #-|2013/01/25(金) 18:53 [ 編集 ]
器は白じゃない方がいい。
個人的好みだが、和菓子は黒が生える。
フェイクジャパニーズじゃない店が増えてきて嬉しい。
昔よく行っていた頃は、和食の店が無くて泣いた。
No Name #-|2013/01/25(金) 18:50 [ 編集 ]
あ、ここ5年ぐらい前に行ったわ
たこ焼き屋の隣だよね
茶道体験もしたけど10分ぐらいで1人20ドルかかったw
No Name #-|2013/01/25(金) 18:48 [ 編集 ]
お茶の美味しさは万国共通
No Name #-|2013/01/25(金) 18:32 [ 編集 ]
和菓子と洋菓子が上手く合わさってて、どのお菓子も美味しそうだ。
抹茶は意外に好きな人もいるみたいだね。
ハーゲンダッツの抹茶とか、割と受け入れられてたような。
関係ないけども、日本でスイーツって言葉が定着してるけど、あれより普通に甘味って言えば良いのになぁと思う。
No Name #-|2013/01/25(金) 18:26 [ 編集 ]
まあお茶をメインに出す店だからいいんだろうけど
どうも和風要素入れた洋菓子ばっか絶賛されててなんだかなあって
やっぱ和菓子とか重たいし基本アンコだから外人さんには合わんのかな
No Name #-|2013/01/25(金) 18:21 [ 編集 ]
外人でも日本の緑茶が好きな人もいるんだ・・・
「こんな苦いモン飲めるか!コーラ買ってくる!」みたいな奴だけがアメリカ人じゃないんだね
No Name #-|2013/01/25(金) 18:16 [ 編集 ]
緑茶と言うよりも抹茶じゃないの?
紅茶と言ってミルクティー出すのと同じだろ。
No Name #-|2013/01/25(金) 18:11 [ 編集 ]
ここのレビュー見てると、確かにカード使えない店多いよね。
No Name #-|2013/01/25(金) 18:01 [ 編集 ]
お茶大好き。毎日飲むよ。
No Name #-|2013/01/25(金) 17:52 [ 編集 ]
おいしそ~
No Name #-|2013/01/25(金) 17:37 [ 編集 ]
レビュー見てて思ったんですけど、USAの日本料理屋でカード使えないってのは何か理由があるんですかね?
あっちは初期導入コストがすごく高いとか・・・?
No Name #xRjsBW96|2013/01/25(金) 17:32 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/tb.php/135-bd607e6a

sponsored link





サイト内検索


人気記事

ジブリ関係の人気記事

最新記事

お知らせ



相互リンク・RSS募集中です!

詳しくはこちらへ↓
 このブログについて

管理人への連絡ご希望の方はこちらの
メールフォーム
からお願い致します。




_

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

逆アクセスランキング

RSSリンクの表示

QRコード

QR

 |  日本食関係 | 日本製品 | 日本文化 | ジブリ関連 | ゲーム:任天堂 | ゲーム:ソニー | ゲーム:他ハード | ゲーム業界 | 未分類 | 当ブログについて | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 超訳コネクト
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。