超訳で世界と繋がろう!

超訳コネクト
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/
★ 主に海外反応系ブログの最新記事です ★



スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【翻訳記事】 アメリカで最も有名な映画評論家による宮崎駿監督インタビュー

2012/04/06 17:00|ジブリ関連TB:0CM:57

2012年4月6日


20120406_001_roger_01.jpg


今回は少々短めとなります。
アメリカの著名な映画評論家、ロジャー・エバート(上の写真)による宮崎駿監督インタビューを翻訳しました。

インタビューが行われたのは「もののけ姫」公開後、宮崎監督がカナダのトロント映画祭(1999年)に出席された時ですので、今から13年前のものになります。

なお、ロジャー・エバートとは「アメリカで最も有名で、信頼される映画評論家」(Wikipediaより)として知られています。非常に人気のある評論家ですが、時に辛辣な映画評をすることから、映画関係者には非常に恐れられている存在でもあるとか。


ただし、宮崎監督の作品に関しては非常に高く評価していて、今回翻訳したインタビューも、かなり宮崎監督に好意的なものになっています。インタビュー自体は、ちょっと短いのが残念ですが。

なお、本日(2012年4月6日)午後9時から「紅の豚」がオンエアーされますが、以前に翻訳した「紅の豚」製作直後の海外インタビュー記事が↓こちらにあります。こちらは、かなり長めのインタビューになってます。興味のある方はどうぞ。

【翻訳記事】 (前編) 宮崎駿監督が紅の豚について海外メディアに語る



↓以下にロジャー・エバートによるインタビューを翻訳してお伝えします。








ほとんどのインタビューは、ジャーナリストにとっては単なる仕事に過ぎない。しかし、時として、自分が天才に会っている事に気付かされる場合もある。そんな時は静かに注意深く話を聞き、話のすべてを覚えておこうと努めるものだ。私にとっては、ベイルマン、ヒッチコック、フェリーニへのインタビューがそうであった。そして、この9月に行った宮崎駿監督へのインタビューでも、再びそうした思いを味わうことになった。

宮崎の名前は、まだよく知られていない。しかし、あなたが映画を愛する人なら、彼の映画も愛する事になるだろう。宮崎と彼のスタジオジブリにおける協力者である高畑勲(火垂るの墓)は、ほぼ間違いなく世界最高のアニメ監督と言える存在だ。「トイ・ストーリー」の監督であるジョン・ラセターはインスピレーションが湧かない時、宮崎の映画を観て行き詰まりを解消するという。

宮崎の最新作「もののけ姫」は日本の興行成績におけるすべての記録を塗り替え、最終的には「タイタニック」に王座を譲ったものの、「E.T.」の記録さえも抜き去ってしまった。

(※ もののけ姫の説明部分省略)

この作品は実写映像の代わりにアニメーションが使われてはいるが、これこそ本物の映画と呼べるものだ。作り手である宮崎監督の表現力は、私に映画ファンとして最高の瞬間をもたらしてくれた。

その宮崎監督が、いま私と同じ部屋にいる。ビジネスマンのように軽くおじぎをし、微笑みながらも、通訳を通したインタビューになることについて、ゼスチャーでお詫びをしてくれた。

彼は仕事中毒の監督として知られている。作品に使われる何万枚もの絵を、全て自らの目でチェックしているほどだ。私は宮崎監督をベルイマンのような厳格な人物か、ヒッチコックのような気難しい人物だろうと事前に予測していた。だが、私の眼の前にいる彼は上機嫌で、トロント映画祭を大いに楽しんでいるようだった。



★ インタビュー開始




Q:私は「もののけ姫」は最優秀作品賞にノミネートされるべきだと思っています。




宮崎: (少しお辞儀して)ありがとうございます。







Q:あなたが、実写ではなくアニメーションを作ることを選んだのはなぜですか?



宮崎: あるアニメーションの大作に心を奪われてしまったからですね。






Q:それは子供の頃ですか?



宮崎: 僕が10歳の時と23歳の時でした。






Q:その作品のタイトルを覚えていますか?



宮崎: 「白蛇伝」です。日本初の長編アニメ映画でした(訳注:宮崎監督自身の文章によると、白蛇伝を観たのは高校生の時)。そして、僕が23歳の時に観たのは「雪の女王」というソビエトの映画でした。僕はディズニーの映画も大好きだったんですが、ディズニー映画を観て、アニメーションを生涯の仕事にしようという気にはならなかったんです。そうした影響までは受けなかったんですね。

 技術的なことで言えば、「白蛇伝」は大したことありませんでした。ディズニー作品よりも明らかに下だったんです。僕が共感したのは、スクリーンに描かれたキャラクターの真情です。だからこそ、僕はアニメーションに心を奪われてしまったんでしょうね。







Q:アメリカでは、アニメーションはファミリー向けの映画です。しかし、日本では実写映画と同等の扱いだと聞いています。これは本当でしょうか?



宮崎: 実際には、大人が鑑賞するに値するアニメばかりと思われているわけではないですね。残念なことですが、あらゆるアニメ映画の中で、心からおすすめできるものは非常に少ないんです。女性を性的な目的で利用するような露骨な表現の作品も多いですし、生々しい暴力表現、それ自体を目的にしたものもあります。もちろん、TVアニメシリーズもあるのですが、予算が少なすぎて、自由にやれる余地はありません。






Q:宮崎さんは「もののけ姫」で約80,000枚もの絵をご自身で描かれたそうですが…。



宮崎: 自分自身で何枚の絵を描いたのか、数えたことはないですね。ただ、アニメーターが描いた全ての絵をチェックしたり描き直したり修正したりといった作業には、相当深く関わっていました。それで、そんな伝説めいた話が出てきたのかもしれないですね。






Q:どのような計画で映画作りを始められたのでしょうか?



宮崎: とにかく最初の一歩を踏み出そう、これから長い長い道のりが待ち構えているんだという事は意識せず、落ち着いて最初の一歩を踏み出そうと考えていましたね。






Q:「もののけ姫」にはものすごい怪物が登場しますね。無数の蛇のようなもので覆われたイノシシの怪物です。私がかつて観た映画の中でも最高に驚かされた映像の一つでした。あれは実写映画の特殊効果では表現不能なものですね。実写では、ただゴチャゴチャになってしまうだけでしょう。アニメーションだからこそ、鮮やかに表現できたものだと思います。


20120406_001_roger_02.jpg



宮崎: それは全くおっしゃる通りですね。あのシーンはコンピュータにもやらせてみようとしたんですけど、まるでうまく行かなかったんですよ。それで、僕らみんなの手で協力し合って、あの怪物を作り上げたわけです。






Q:もし実写映画であのモンスターを作ろうとすると、あの蛇のようなものはハッキリしませんよね。モンスターも引き立たなくなってしまうでしょう。アニメーションの表現力は、むしろ現実そのものを上回るくらいだと感じました。



宮崎: まさに、そうあってほしいと思って頑張りましたね。
僕はすぐ感情的になる人間なんです。僕はカッとなったり怒り狂ったりしたときに、毛穴から黒い虫が這い出てくるような気がするんですよ。スタッフたちは僕より穏やかですから、自分でどうにもできない程の怒りにとらわれる様をイメージするのは難しかったようですが。







Q:ということは、イノシシの怪物は作者自身、つまりあなたが元になったものだということですか?



宮崎: たぶん、そうなるでしょうね。怒りや激しい攻撃性というものは、僕ら人間の本質的な部分だろうと思っています。怒りの衝動を無くしてしまうことは明らかに無理ですから。ですので、怒りをどうやって抑えるかが、僕らが向きあうべき問題なんです。

この映画は子供たちも観るだろうという事は分かっていましたが、あからさまな現実の姿というものを子供たちから隠さないように、意識して作りました。







Q:だからこそ、この映画のレイティングをPG-13(13歳未満の鑑賞は保護者の厳重な注意が必要だが、入場制限はない)にすべきだとお考えになったのですね?



宮崎: 日本ではそういったレイティングのシステムを使ってないんです。大人向けの映画はありますが、ただカテゴリー分けされているだけなんですね。

僕がこの映画を作り始めた頃は、あまり幼い子供には見てほしくないと思っていました。でも、映画の完成が近づくにつれ、小さな子供たちも映画のメッセージを直感的に理解してくれるだろうと信じられるようになってきたんです。

これはプロデューサーが決めたことなんですが、日本のテレビでこの映画を宣伝したときは、あえて一番ショッキングなシーンを見せたんです。もちろん、それはマーケティングの手法という要素もあったでしょうが、何よりも子供たちの親に、これがどんな分野に踏み入った映画なのかを知っておいてほしかったんです。おかげで不快に感じたという声はありませんでした。観客には賢明な判断をしてもらえたんだと思っています。







Q:私が不満に思っていることがあります。北米の人々はディズニーの新作はほとんど機械的に観に行くのに、他のアニメーション作品はほとんど観に行ってくれません。最近で言えば「アイアン・ジャイアント」(ワーナー・ブラザーズ)もあまりうまくいきませんでした。たとえディズニーのロゴがついてなかったとしても「もののけ姫」は観るべき映画なんだ、という事を広めるために、なにかやってらっしゃいますか?



宮崎: (微笑みながら)あなたはここで僕と会ってるじゃありませんか。僕がここにいるのは、まさにそのためなんですよ。






Q:北米のどのビデオショップにも、何百本もの作品を並べた日本アニメのコーナーがあります。ただ、それらの作品が劇場で公開されることは稀です。では、いったい誰がそれらの作品を観ているのでしょうか? 実際には何百万人も隠れたファンがいることは間違いないんです。小さな町のショップにすら日本のアニメは置いていますからね。メディアはプッシュしていないのに、自分自身で日本のアニメを発見した人たちがたくさんいるんですよ。



宮崎: そうした状況は日本でもあまり変わりません。アニメが劇場公開されても、そうたくさんの人が観に行くわけではないんです。たとえ同じ作品のビデオ版は非常に高い売り上げを記録したとしてもね。






Q:しかし、「もののけ姫」は「タイタニック」公開までは日本最大のヒット作品だったではないですか。



宮崎: 正直に言いますと、それについては僕も首をかしげているんです。なぜこうなったのか、僕には分かりません。僕らがスタジオジブリで作った映画は「トトロ」までの間、劇場公開だけでは制作費を回収できた試しがなかったんですよ。黒字になったのはビデオなどの売り上げによるものでしたから。

劇場公開だけで黒字になったのは、まだ「魔女の宅急便」以降の事に過ぎないんです。ですから、僕が映画を作り始めた頃は、アニメのために劇場まで足を運んでくれるお客さんが大勢いたわけではありませんでしたね。







Q:あなたが観客層を開拓していったんでしょうね。



宮崎: そういう訳でもありませんよ。むしろジブリでは、我々にこういう作品を作ってほしいというお客さんの期待を次の映画で裏切るという事を意識的にやってきたんです。






Q:あなたは強い感情を表現したい時、口や目を大きく描くことがありますね。ディズニーの新作「ターザン」でも、赤ん坊のターザンはまさに宮崎さんのキャラクターそのものでした。まるで、あなたの作品を研究したかのようでしたね。



宮崎: (静かに笑いながら)実際のところ、僕らの作品も他の人の作品から相当な影響を受けていますよ。それは絵画からも音楽からも映画からも文学からでも同じ事ですね。

僕らの創作というものは個々に独立したものではなくて、一生をかけたバトンリレーのようなものだと思っています。受け継いだものを何かに作り変え、それは僕らの体や人生を通り抜けていき、次の世代に引き継がれていくんです。







Q:「もののけ姫」は日本の神話に基づいたものなのでしょうか?



宮崎: あまりにたくさんの神話や物語を吸収してきましたから、今となっては、もう自分の体の一部みたいになってしまいました。ですから、何がオリジナルなのか、何が神話なのか、何が歴史なのか、何が自分の思いついたことなのか、わかりづらくなってしまっているんです。

ただ、「もののけ姫」の中に含まれている要素は、僕の世代の日本人が直感的に理解できる常識的なものだと思ってます。

あの時代に森で働く日本人がいて、鉄を作る火のために木を伐採していた事については歴史的事実ですね。幸運なことに日本は雨に恵まれていますから、森を失うことなく木を切り続けてこれきましたし、森に関する神話も失われずに済んだんですよ。







Q:宮崎さんが、これ以上映画を作ることはないだろうと言ってる人がいます。もちろん、私はそんな事はないと思ってますが。



宮崎: 僕は毎回、これが最後の作品になると思いながらも映画を作り続けてきました。ただ、さすがに58歳(インタビュー時、1999年の年齢)になりましたし、「もののけ姫」の時のようにキツい仕事をこなせる余裕がなくなりましたね。キツい仕事をしなくても監督をやっていいんだと、スタッフが認めてくれるのであれば、作りたい映画はたくさんあるんですが。






Q:スタッフたちもあなたを愛しているはずですから、あなたと一緒に仕事をしたがっているでしょう。



宮崎: 僕はいつもスタジオでは暴君ですからね。






Q:最後の質問です。妻と私が日本に行った時、人間国宝の男性二人に会う機会がありました。一人は陶器を作る人で、もう一人は着物を作る人でした。あなたも人間国宝になるべきです。



宮崎: 人間国宝なんて勘弁して下さい! 僕はメチャクチャな映画を作れる可能性だけは、ずっと持ち続けていたいんですよ。





(翻訳終わり)



※ 管理人より
前回記事のコメント欄でリクエストを下さった方、どうもありがとうございます。ハッキリとお約束は出来ませんけれど、なるべくお応えする方針で頑張っていきますね。

本日(2012年4月6日)放送の「紅の豚」はHD(高解像度)映像になるそうです。「紅の豚」はまだブルーレイ化されてませんので、高画質で鑑賞できるのは楽しみですね。


なお、本記事冒頭でもご紹介した「紅の豚」公開後の、海外メディアによる宮崎監督インタビュー翻訳記事は↓こちらです。

 【翻訳記事】 (前編) 宮崎駿監督が紅の豚について海外メディアに語る
 【翻訳記事】 (後編) 宮崎駿監督が紅の豚について海外メディアに語る


その他の海外インタビュー翻訳記事は↓こちらになります。

 【翻訳記事】 英『EMPIRE』誌に掲載された宮崎駿監督インタビュー
 【翻訳記事】 宮崎駿監督がパリで「千と千尋」について海外メディアに語ったこと
関連記事



Twitter始めました。更新情報をお届けしています。

 ■ 人気記事
5 米Amazonで最も評価の高い腕時計(G-SHOCK)のレビュー翻訳 5 米・タイム誌が「2012年最高の発明品」と評したソニー製カメラRX100の海外反応
5 讃岐うどんの「丸亀製麺」は、なぜハワイでも人気店なのか? 5 【海外の反応】 帝国ホテルのサービスは最高だね!
5 「まるで麻薬だ…。」 ニューヨーカー絶賛のとんこつラーメン店 5 外国人の口コミ評価No.1ホテル、京都の「 Mume 」をご存知ですか?


コメント
>5097
それだけ声にこだわる人なのになぜ石田ゆり子さんのあの演技にOKを出せたんだろう・・。
そしてなぜ無名ではなく有名なタレントしか使わないのだろう・・。
本当に宮崎さんはあれらの演技に満足したのだろうか。本当に疑問。
媚びてる声優は多いが、そうでない声優もいるから探せばいいのに。
そして島本さんや横沢さんも声優なのに。
鈴木Pもうジブリ辞めてほしい。
No Name #z8Ev11P6|2013/04/18(木) 13:08 [ 編集 ]
※5311 自分の中で勝手に終わらせとけば良いよ
No Name #-|2012/05/19(土) 07:37 [ 編集 ]
宮崎駿はナウシカだけで辞めておけば良かった
No Name #-|2012/05/14(月) 13:41 [ 編集 ]
私は宮崎駿が大好きです
No Name #-|2012/05/07(月) 18:54 [ 編集 ]
ロジャーエバートが宮崎のインタビューしてたのか
でもこの人の一押しは確か火垂るの墓だったと思う
No Name #-|2012/04/27(金) 19:24 [ 編集 ]
公開前のCMだか特集だかで弓矢で腕が吹っ飛ぶのを見て幼かった俺はめちゃくちゃ驚いたのを覚えてるわ
きっとあえて見せた一番ショッキングな場面ってアレのことなんだろうなー
No Name #-|2012/04/27(金) 02:17 [ 編集 ]
なんか米良の歌にもすごい細かく注文いれて大変だったって言ってたな。安田成美で懲りたとかいう話。
俺はあの下手さがピュアで逆にスキなんだけどな。
まあそれほど声の質にこだわってるんだろうね。
No Name #-|2012/04/25(水) 11:30 [ 編集 ]
>>5088
声優の声は娼婦の声とか断言する監督だからなあ……
どうも媚びてるのが嫌らしい
実際の演技がうまいのと声の演技が必ずしも比例するとは限らないし、やっぱりプロを使ってほしいよね
No Name #-|2012/04/22(日) 22:01 [ 編集 ]
宮崎監督が偉大ですごいのもわかるし、作品も全て好きなんだけど1つだけ理解出来ない事がある。
決して宮崎批判とかそういうものでなく疑問なんだけど・・

声優嫌い、声優を起用せず芸能人を使うのはなぜなんだろう。
声優業界も切磋琢磨し、厳しい世界だからあきらめてやめてしまう人も多く、収入も少ないからバイトと合わせてやっている人も多い。
一生懸命活躍したくても間口が狭く夢なかばあきらめる人も。
そんな中、声優と言う職業の人がつける声を当てる仕事をなぜ芸能人にするのか。
これはディズニーアニメにも言えるか。
知名度云々での話ならなおさらやめてほしい。
上で語った声優が活躍出来る場が減るのもあるが、加えて棒読みのせいで世界観がそのキャラが話すシーンごとに壊れてしまっている場合もある。
それで駄作と言ったら失礼かもしれないがもういいや・・って観るのをやめた作品もあった。
断っておくが俺は声優関連の職種でも声優やアニメオタクでも無い。
医療関係だが疑問に思っただけなんだ。長文失敬。
彼ら声優もきついんだなとある人のブログを拝見したんだ。
No Name #-|2012/04/22(日) 03:15 [ 編集 ]
もののけ姫はストーリーは確かにご都合主義過ぎて微妙だとは思ったが、映像だけで観る価値は十分にあったと思う

あれほどまでに日本の森林を神秘的かつ美しく描いた作品が、実写・アニメ含め、今までも、そしてこれからもあるだろうか?
No Name #-|2012/04/17(火) 08:13 [ 編集 ]
翻訳ありがとう!
No Name #-|2012/04/16(月) 13:54 [ 編集 ]
エバートさん、TVの映画批評でも「蛍の墓」を、
心を揺さぶられる傑作って誉めてたな。
No Name #-|2012/04/15(日) 07:13 [ 編集 ]
駿さんマジ神
駿にぶん殴られたい
No Name #-|2012/04/13(金) 11:08 [ 編集 ]
白蛇伝は時代を考えたら信じられないくらいクオリティが高い。
今見ても鳥肌。
No Name #-|2012/04/12(木) 20:29 [ 編集 ]
コメントをどうぞ
No Name #-|2012/04/10(火) 19:55 [ 編集 ]
「もののけ姫」って題名の割に、サンの役目が薄いよな
なんかいてもいなくても話は大きく変わらない感じ
No Name #-|2012/04/10(火) 19:03 [ 編集 ]
ベイルマンはイングマール・ベルイマンのことかな?
No Name #-|2012/04/09(月) 15:49 [ 編集 ]
>[C5045]
トトロはほたるの墓と同時上映だったんだよ…
No Name #TjCvSSL6|2012/04/08(日) 16:57 [ 編集 ]
ジブリで初めて見たのがもののけだったけど、あの自然の高貴さ神聖さはずっと頭に染みついてくと思う
No Name #-|2012/04/08(日) 16:50 [ 編集 ]
ジブリのグッズを扱っている店でバイトをしていた頃、もののけ姫の看板が飾ってあって、何度か外国人がその文字(もののけ姫)を見ながらメモに書いているのを見たよ。
木霊のぬいぐるみキーホルダーが断トツで人気だった…
No Name #-|2012/04/08(日) 15:03 [ 編集 ]
>5059

ハインリヒ・ヨーゼフ・ベールマンの事では無いだろうな。
No Name #-|2012/04/08(日) 06:52 [ 編集 ]
ベイルマンって誰だよ(w
No Name #-|2012/04/07(土) 20:32 [ 編集 ]
ジブリは営業のやり方が好きじゃない
赤いDVD売っておいて回収もなしって…
もう金曜ロードショーでいいや
  #-|2012/04/07(土) 13:56 [ 編集 ]
声優ファンというわけじゃないが、素人くさいキャスティングは止めてほしい・・・。
キャラクターに個性が感じられない場合が多い。
昔のジブリは、声の個性とキャラクターとのマッチがすごかったが、紅の豚以降は残念で仕方ない。
No Name #W4LzMMQo|2012/04/07(土) 12:45 [ 編集 ]
「あれのあの場面じゃん」なんてどの作家にも言えることじゃないか?
作家は自分の持ってるスペックの範疇を試行錯誤しながら形にしていくわけだから
No Name #-|2012/04/07(土) 12:01 [ 編集 ]
>キャラクターの真情
この点を取り上げたのが注意深い
デ印は心情であって真情じゃないんだよ
アニメはこういうものだという先入観と作り手の制約で表現が全て美徳でうさんくさい宗教のようになる。監督が過去言ってたように、現実って結構残酷で汚いからさ
  #-|2012/04/07(土) 10:14 [ 編集 ]
※5047
TVアニメの作品みればわかるけど、宮崎作品はカリオストロでもナウシカでもトトロでも「あれのあの場面じゃん」って思えるようなところばっかりだぞ。
その理屈でいくなら初映画監督のカリオストロの時点で才能が枯渇してたってか。
No Name #-|2012/04/07(土) 10:05 [ 編集 ]
翻訳おつかれさまです。
このインタビューの翻訳は「折り返し点」という岩波書店から出版されてる本にも載ってますね。
この手のインタビューや対談が気になる方はそちらも読んでみては。
No Name #-|2012/04/07(土) 10:00 [ 編集 ]
実際にはもののけまでがベストだと思うな。
ジブリっぽさと言うより宮崎駿臭さが出ててすごく惹かれた。
超自然主義とかフェミニズムを下地に、どす黒いまでの怒りと暴力を混ぜて、決して相容れない現実を描いてた素晴らしい作品だったよ。
それ以降のジブリはフニャフニャの作品ばかりだね
No Name #-|2012/04/07(土) 08:54 [ 編集 ]
>この作品は実写映像の代わりにアニメーションが使われてはいるが

遠巻きに実写と劣らず優れているって会話の中で褒めているんだよ
難しいよねぇ^^
No Name #-|2012/04/07(土) 05:23 [ 編集 ]
もののけ姫は、今までの作品の、「あ、あれのあの場面じゃん」みたいなところが多すぎて、宮崎駿の才能の枯渇を感じさせたけどな
事実、その後の作品はことごとく駄作だし
千と千尋が賞を貰えたのは、今までの作品全部へ対しての功労賞みたいなもんだと思ってる
ナウシカ、ラピュタ、トトロ、魔女宅、ここらへんが彼の黄金期であり、賞を貰うに値する作品群だね
そういう意味では集大成であるもののけ姫で賞を貰っておくのがベストだったな
どっちにしても彼はもう枯れた人間な事は間違いない
No Name #-|2012/04/07(土) 04:12 [ 編集 ]
ありがとう、とっても楽しめた。全然短くなかったよ。
もののけは子どもの頃に一度見てよく意味がわからなかったので、その一度きりしか見てないんだけど、もう一度見てみようと思う。そういえば紅の豚も幼少時に見て面白いと思えなかったけど、今日見たら面白かった。
No Name #-|2012/04/07(土) 02:27 [ 編集 ]
自分の中では「となりのトトロ」が宮崎監督の最高作品だなぁ。
上映当時映画館で観たけど、子供たちの反応が面白くて楽しくて何度も映画館に通ってしまった。

役者さんを声優として起用するのは疑問に思うけど、結局その役者さんの力量なのかな?
エボシ御前の田中裕子さんとか甲六役の西村雅彦さんは違和感感じなかったけど、
サン役の石田ゆり子さんには違和感感じたのは・・・
No Name #-|2012/04/07(土) 01:19 [ 編集 ]
インタビューの内容読めば、このインタビュアーがアニメーションの優位性を
「このインタビューを読む人」に伝えるために、あえて実写を引き合いに出していると分かると思うが…
No Name #-|2012/04/06(金) 23:51 [ 編集 ]
>>5029
何故「浅はか」だと思ったのかの理由を書かないと、ただの罵倒になってしまうよ
No Name #-|2012/04/06(金) 22:59 [ 編集 ]
>5031
プ、おまえもそう思っていたのかw
No Name #-|2012/04/06(金) 22:48 [ 編集 ]
今更もののけ姫フランス語版見たら乙事主と行動するサンのシーン一連が凛として気高くて最高だった
ttp://www.youtube.com/watch?v=P9BbCpI0vaE
「私はたたり神にはなりたくない」と誇り高く絶叫するサンを見て泣いちゃったんだが声優って大事だな…
石田ゆりこのサンはいつも泣きだしそうで必死で、アシタカが「美しい」と惚れる山犬としてのキャラ立ちが弱すぎた
声優違ったら傑作だったのに
No Name #-|2012/04/06(金) 22:34 [ 編集 ]
紅の豚が初めて映画館で見た記憶の残る宮崎映画だなぁ
10歳で難しかったながらに魅了された
今でも一二を争うくらいに大好きだ

人間国宝に、とまで言うのはすごいな
でも絵コンテとか見ていつも感心するけど、無からあれだけの映像を想像してそれをそのまま描けて監督して作品に出来ちゃえるのは本当にすごいよね
No Name #-|2012/04/06(金) 22:34 [ 編集 ]
もののけは高校生の時に映画館で見た
今でも一番好きなジブリ映画だわ
No Name #-|2012/04/06(金) 22:22 [ 編集 ]
もののけは小学生の時映画館で見たけど、難しくてわからなかった・・・
紅の豚も同じく。
でも成人して再度見ると見方が変わった。本当に
宮崎作品は素晴らしいですね
No Name #-|2012/04/06(金) 22:05 [ 編集 ]
今、豚さん見てるけど、ギャグ楽しいな。
こういう軽ノリのジブリ作品もっと見たいな。ラピュタも好き。
No Name #-|2012/04/06(金) 21:41 [ 編集 ]
5才かの時に映画館に親に連れられて見に行って
おことぬし様が怖すぎてギャン泣きしたした記憶が…
No Name #-|2012/04/06(金) 20:41 [ 編集 ]
「千と千尋」よりも前の時期だね
この頃は欧米では、まだ宮崎の知名度はそれほどなくて評価も確立していなかったと思う
それでも日本の一アニメ監督を、ヒッチコックやフェリーニといった映画の天才に並べて評価してる炯眼がすごい
  #-|2012/04/06(金) 20:20 [ 編集 ]
> 創作は一生をかけたバトンリレー
> って至言やなあ

良い言葉だよね。
他のインタビュー記事も読んでみたけど、色々印象的な事が語られてる。やっぱり、この人は本物なんだと改めて実感できた。
No Name #-|2012/04/06(金) 19:54 [ 編集 ]
翻訳お疲れ様です。
大変面白かったです、ありがとうございます。

>5029
浅はかと言うほどではないのでは?
この作品において、アニメが実写を上回っていると気付けてるわけだし・・・
No Name #-|2012/04/06(金) 19:53 [ 編集 ]
もののけ姫は石田ゆり子の演技だけが気になったけど、あとは最高。
No Name #-|2012/04/06(金) 19:51 [ 編集 ]
>外人ってのは評論家でも浅はかだな。

キミほどじゃない
No Name #-|2012/04/06(金) 19:35 [ 編集 ]
海外はこうやってクリエイターの言葉を伝える場がちゃんとあるんだよなぁ。
専門誌とか以外で。
日本は映画と関係無いスキャンダルや大胆なキスシーンがどうのみたいな話しか聞かないマスコミばっかで・・・。
あとは役者がバラエティ出て番宣するぐらい。
No Name #-|2012/04/06(金) 19:30 [ 編集 ]
>この作品は実写映像の代わりにアニメーションが使われてはいるが

外人ってのは評論家でも浅はかだな。
No Name #-|2012/04/06(金) 19:03 [ 編集 ]
創作は一生をかけたバトンリレー
って至言やなあ
. #-|2012/04/06(金) 19:03 [ 編集 ]
> むしろジブリでは、我々にこういう作品を作ってほしいというお客さんの期待を次の映画で裏切るという事を意識的にやってきたんです。

やっぱり意識的だったのか。ジブリのある作品が気に入って「次も似たようなのを作ってほしい」と思ってても、見事に毎回期待を裏切られ続けたもんな。

まあ、結果的には好きになるんだけども。
No Name #-|2012/04/06(金) 18:39 [ 編集 ]
なんだかんだ言われても、いろんな国でこれほどウケるものを作れるというのは素直に凄いと思う。普遍的なものがあるんだろうね。
No Name #-|2012/04/06(金) 18:36 [ 編集 ]
もののけは、一本の映画としては色んなテーマを詰め込み過ぎ。
深い内容といえばその通りなんだけどね。
No Name #-|2012/04/06(金) 18:31 [ 編集 ]
「千と千尋の神隠し」は、後半から端折りすぎたような
イメージだったかな?個人的になんだけど。

尺に収めようと強引な感じもしたなぁ
素人視線だけど
No Name #-|2012/04/06(金) 18:19 [ 編集 ]
もののけの結末はリアリティのあるものだったけど、カタルシスはあまり感じなかった。昔みたいに分かりやすい結末のものも作ってほしいなあ。
No Name #-|2012/04/06(金) 18:18 [ 編集 ]
やっぱり、「もののけ姫」、「千と千尋の神隠し」くらいの頃が最高だったな。ロジャー・エバートも、確か「ハウル」についてはあまり高い評価を与えてなかったらしいね。
No Name #-|2012/04/06(金) 18:13 [ 編集 ]
もののけは、難しいテーマを扱ってる割には子供も熱中させる不思議な映画だった。
No Name #-|2012/04/06(金) 18:07 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/tb.php/113-a3bd6a54

sponsored link





.


人気記事

ジブリ関係の人気記事

最新記事

お知らせ



相互リンク・RSS募集中です!

詳しくはこちらへ↓
 このブログについて

管理人への連絡ご希望の方はこちらの
メールフォーム
からお願い致します。




_

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

逆アクセスランキング

RSSリンクの表示

QRコード

QR

 |  日本食関係 | 日本製品 | 日本文化 | ジブリ関連 | ゲーム:任天堂 | ゲーム:ソニー | ゲーム:他ハード | ゲーム業界 | 未分類 | 当ブログについて | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 超訳コネクト
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。