超訳で世界と繋がろう!

超訳コネクト
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/
★ 主に海外反応系ブログの最新記事です ★



スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外の人たちは「となりのトトロ」をどう観たか? 【海外の反応】

2012/07/13 16:53|ジブリ関連TB:0CM:79
2012年7月13日


20120713_001_totoro_01.jpg


今回翻訳するのは、海外の人たちによる「となりのトトロ」のレビューです。

実は以前にも「となりのトトロ」のレビュー翻訳をしたことはあります。前回は米アマゾンのレビュー翻訳でしたが、今回翻訳したのはIMDb(The Internet Movie Database)に投稿されたレビューです。この記事をアップする7月13日はトトロ初のHD放送(午後9時の金曜ロードショー)ということで、記念にもう一度やってみました。

なお、記事後半には、昨年翻訳したアマゾンのレビューも載せておきます。すでにお読みになった方は飛ばしてくださいね。

※ なお、IMDbの採点は、満点が星10個となります。また、少々ネタバレを含んでますので、作品未見の方はご注意下さい。 ( いつもコメントありがとうございます。前回は色々考えさせられました。ご意見、参考にさせて頂きます。)


↓では、レビュー翻訳をどうぞ。  翻訳元: IMDb





▽続きを読む▽
スポンサーサイト

「千と千尋の神隠し」 米アマゾン・レビューの翻訳

2012/06/22 16:52|ジブリ関連TB:0CM:72
2012年6月22日


20120622_001_sen_00.jpg


今回は米アマゾンに投稿された「千と千尋の神隠し」のレビューを翻訳します。

これはもう、知らない人を探す方が難しい映画でしょうね。

国内においては映画興行成績の歴代トップとなる記録を打ち立て、テレビ放送されれば視聴率は46%に達し、海外でもベルリン国際映画祭の最高賞である金熊賞や米アカデミー賞を受賞し…といった具合に、数々の栄冠に輝いた作品です。

米アマゾンに投稿されたレビューも891本(2012年6月21日現在)と、相当な数です。レビュアーによる評価の平均は5点満点中の4.5点で、集計は下図のようになっています。


20120622_001_sen_01.jpg


スピルバーグやディカプリオなど、海外の映画人にも賞賛されている本作ですが、海外の一般の映画好きにはどのように受け止められたのでしょうか。




↓では、レビュー翻訳をどうぞ。  翻訳元: Amazon.com

※ なお、少々ネタバレを含んでますので、作品未見の方はご注意下さい。




▽続きを読む▽

【海外の反応】 「風の谷のナウシカ」 漫画版の米アマゾン・レビュー翻訳

2012/05/11 17:24|ジブリ関連TB:0CM:96
2012年5月11日


20120511_001_Nausicaa_01.jpg


今回は、以前からリクエストを頂いていた映画「風の谷のナウシカ」の原作漫画レビューを翻訳します。

「映画よりはるかに深い内容」という事で、高い評価を受けている本作ですが、海外でも、やはり高得点をつけるレビュワーがほとんどです。

「批判的なレビューも翻訳してほしい」というコメントをよく頂くのですが、批判的かつ内容の面白いレビューというのは、残念ながら、あまりありません。今回翻訳したのも、作品に高い得点をつけたレビューのみになりました。やはり、自分が気に入らなかった作品のレビューは雑な書き方になってしまう傾向が強いようですね。

ただ、今後、「千と千尋」以降の宮崎監督作品レビューを翻訳する際には、なるべく批判的内容のレビューも取り上げるよう、意識はしていくつもりです。

なお、本日(2012年5月11日)午後9時から「風の谷のナウシカ」がオンエアーされます。HD(高解像度)版の放送になるそうですので、ナウシカのブルーレイをお持ちでない方は要チェックですね。

※メールやコメントを下さった皆さん、どうもありがとうございます!

翻訳元: Amazon.com
なお、少々ネタバレを含んでますので、作品未見の方はご注意下さい。


↓では、レビュー翻訳をどうぞ。



▽続きを読む▽

【翻訳記事】 アメリカで最も有名な映画評論家による宮崎駿監督インタビュー

2012/04/06 17:00|ジブリ関連TB:0CM:57

2012年4月6日


20120406_001_roger_01.jpg


今回は少々短めとなります。
アメリカの著名な映画評論家、ロジャー・エバート(上の写真)による宮崎駿監督インタビューを翻訳しました。

インタビューが行われたのは「もののけ姫」公開後、宮崎監督がカナダのトロント映画祭(1999年)に出席された時ですので、今から13年前のものになります。

なお、ロジャー・エバートとは「アメリカで最も有名で、信頼される映画評論家」(Wikipediaより)として知られています。非常に人気のある評論家ですが、時に辛辣な映画評をすることから、映画関係者には非常に恐れられている存在でもあるとか。


ただし、宮崎監督の作品に関しては非常に高く評価していて、今回翻訳したインタビューも、かなり宮崎監督に好意的なものになっています。インタビュー自体は、ちょっと短いのが残念ですが。

なお、本日(2012年4月6日)午後9時から「紅の豚」がオンエアーされますが、以前に翻訳した「紅の豚」製作直後の海外インタビュー記事が↓こちらにあります。こちらは、かなり長めのインタビューになってます。興味のある方はどうぞ。

【翻訳記事】 (前編) 宮崎駿監督が紅の豚について海外メディアに語る



↓以下にロジャー・エバートによるインタビューを翻訳してお伝えします。


▽続きを読む▽

【海外の反応】 「ルパン三世 カリオストロの城」 米アマゾン・レビューの翻訳

2012/03/30 17:00|ジブリ関連TB:0CM:122
2012年3月30日


20120330_001_lupin_00.jpg


久々の宮崎監督作品レビュー翻訳になります。今回は「ルパン三世・カリオストロの城」です。
ジブリ映画の翻訳をすると予告してましたけど、正確には、まだジブリが出来る前の作品ですね。

なお、本日(2012年3月30日)午後9時から「カリオストロの城」がオンエアーされますので、未見の方はお見逃しなく!

レビュー総数は141と、宮崎作品の中では「紅の豚」に次いで、少ないレビュー数の作品になりました。やはり、古い映画であることが影響しているんでしょうかね? ただし、レビュアーによる評価の平均は5点満点中の4.5点となっています。評価は他の映画同様に高いようですね。レビューの集計は下図の通りです。


20120330_001_lupin_01.jpg


翻訳元: Amazon.com
なお、少々ネタバレを含んでますので、作品未見の方はご注意下さい。

※ 温かいコメントを下さった皆さん、どうもありがとうございました!週1回程度になると思いますが、また更新していきますね。

↓では、レビュー翻訳をどうぞ。




▽続きを読む▽

【海外の反応】 「もののけ姫」 米アマゾン・レビューの翻訳

2011/12/22 16:48|ジブリ関連TB:0CM:106
2011年12月22日


20111214_001_mononoke_01.jpg


 久しぶりにジブリ映画の米アマゾン・レビューを翻訳しました。今回は「もののけ姫」です。
 レビュー総数は879本で、これまで翻訳した中で最多だった「となりのトトロ」の711本を上回っております。
 レビュアーがつけた点数の平均は5点満点中の4.5点で、やはり北米でも宮崎映画は強いですね。
 

20111214_001_mononoke_02.jpg


 北米で本格的に劇場公開された初めてのジブリ作品ということもあり、この作品をきっかけに日本製アニメのファンになった、宮崎監督のファンになったという人も多いようです。

 なお、これまでの経験上、評価が低いレビューはたいてい英語版の吹き替え品質への不満がメインだろうと想像つきましたので、今回は最初から評価の高いレビューを選んで翻訳しております。

少々ネタバレを含んでますので、映画未見の方はご注意下さい。あと、リクエストくださった方、ありがとうございました。

翻訳元: Amazon.com

↓以下に海外からの書き込みを翻訳してお伝えします。



▽続きを読む▽

【翻訳記事】 (後編) 宮崎駿監督が紅の豚について海外メディアに語る。

2011/11/26 14:43|ジブリ関連TB:0CM:33
2011年11月26日


20111126_001_miyazaki_01.jpg


前回アップした前編に続き、宮崎監督インタビューの後編をお届けします。
後編では、監督の作品作りの姿勢、引退後にやってみたいことなどが語られています。
前編をお読みでない方は、まずこちらの↓前編をどうぞ。

【翻訳記事】 (前編) 宮崎駿監督が紅の豚について海外メディアに語る



↓以下にインタビュー記事を翻訳してお伝えします。



▽続きを読む▽

【翻訳記事】 (前編) 宮崎駿監督が紅の豚について海外メディアに語る

2011/11/26 12:01|ジブリ関連TB:0CM:35
2011年11月25日


20111125_001_miyazaki_01.jpg



以前にもいくつか翻訳したスタジオジブリ 宮崎監督インタビューに続き、今回も昔の宮崎監督インタビュー記事を翻訳しました。掲載メディアはアメリカのアニメ雑誌「アニメリカ」(現在は有料出版休止。イベントなどで配布されるフリーマガジンとなっている)です。
 
インタビューが行われたのは1993年、「紅の豚」公開後のことですので、「紅の豚」に関する話題が中心になっています。
 
なお、この記事は前編です。すでに前編をお読みの方は、↓こちらの後編をどうぞ。

【翻訳記事】 (後編) 宮崎駿監督が紅の豚について海外メディアに語る


↓以下にインタビュー記事を翻訳してお伝えします。



▽続きを読む▽

【翻訳記事】 英『Gardian』紙に掲載された宮崎駿監督インタビューの日本語訳

2011/09/17 18:00|ジブリ関連TB:0CM:27
2011年9月17日

20110917_001_miyazaki_01.jpg


 以前の宮崎監督インタビュー翻訳に引き続き、今回も宮崎監督の海外メディアによるインタビュー記事を翻訳してお届けします。今回は少々短めになります。宮崎監督の言葉は主に後半部分に集中しています。

 インタビューが行われたのは宮崎監督が栄誉金獅子賞を受賞されたヴェネチア国際映画祭の時で、2005年9月13日付のイギリスの日刊紙「ガーディアン」に掲載されております。「ハウルの動く城」イギリス公開が2005年9月23日でしたので、それに合わせた記事のようです。
 

 コメントを下さったみなさん、ありがとうございます。また、ジブリ作品レビューの翻訳も少しずつやっていきますね。今後はジブリ作品以外も手をつけるかもしれません。

(※ 9/18 コメント欄で誤訳のご指摘を頂きましたので、一部訂正致しました。ご指摘ありがとうございます。)

翻訳元: Gardian



↓以下にインタビュー記事を翻訳してお伝えします。




▽続きを読む▽

【海外の反応】 「となりのトトロ」 米アマゾン・レビューの翻訳

2011/09/10 17:10|ジブリ関連TB:0CM:63
2011年9月10日


20110910_001_totoro.jpg


 久しぶりに、ジブリ映画の米アマゾン・レビューの翻訳をやってみました。今回は「となりのトトロ」です。
レビュー総数は、これまで翻訳した作品の中で最多の711、レビュアーがつけた点数の平均は5点満点の4.5となっており、北米においても人気、評価共に高いようですね。


20110910_002_totoro.jpg


翻訳元: Amazon.com
なお、少々ネタバレを含んでますので、映画未見の方はご注意下さい。


↓以下に海外からの書き込みを翻訳してお伝えします。





▽続きを読む▽

【海外の反応】 宮崎駿監督がパリで「千と千尋」について海外メディアに語ったこと

2011/09/09 18:20|ジブリ関連TB:0CM:58
2011年9月9日

20110909_001_miyazaki_01.jpg



 前々回の記事が好評でした(コメントを下さった皆さん、ありがとうございました)ので、今回もスタジオジブリ、宮崎駿監督の海外におけるインタビュー記事を日本語に翻訳してお届けします。

 今回の記事は2001年12月、パリで開催されたアニメーション・フェスティバルにおける記者会見でのインタビューです。古い記事ですが、ちょうどこの時が「千と千尋の神隠し」ヨーロッパ初上映だった事もあり、話題は千と千尋の事がメインになっています。「千と千尋」をお好きな方は、ぜひお読み下さい。

※ なお、以前の翻訳記事同様、真面目に訳したつもりではありますが、間違いが含まれている可能性があることをご了承頂いた上で、お読み下さい。 

翻訳元: Midnight Eye
 
 
↓以下にインタビュー記事を翻訳してお伝えします。




▽続きを読む▽

英『EMPIRE』誌に掲載された宮崎駿監督インタビューの日本語訳

2011/09/04 17:24|ジブリ関連TB:0CM:77
2011年9月4日


20110904_001_miyazaki_01.jpg


今回は、イギリス最大の映画雑誌「EMPIRE」に掲載された、宮崎駿監督のインタビューを翻訳します。
『借りぐらしのアリエッティ』のイギリス公開に合わせて掲載されたものですが、インタビュー自体は2年前のもので、日本の雑誌「CUT」によって行われたインタビューのようです。

宮崎監督の言葉を翻訳するということは、宮崎ファンの僕にとっては恐れ多いことでもあるんですが、ネット上で宮崎監督のインタビュー記事を目にすることはあまりないので、思い切って翻訳してみました。頑張って訳したつもりではありますが、間違いが含まれている可能性があることをご理解いただいた上で、お読み下さい。

なお、9月4日現在、発売中の雑誌「CUT」 9月号には宮崎監督のロングインタビューも掲載されています。


↓以下にインタビュー記事を翻訳してお伝えします。







▽続きを読む▽






sponsored link





.


人気記事

ジブリ関係の人気記事

最新記事

お知らせ



相互リンク・RSS募集中です!

詳しくはこちらへ↓
 このブログについて

管理人への連絡ご希望の方はこちらの
メールフォーム
からお願い致します。




_

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

逆アクセスランキング

RSSリンクの表示

QRコード

QR

 |  日本食関係 | 日本製品 | 日本文化 | ジブリ関連 | ゲーム:任天堂 | ゲーム:ソニー | ゲーム:他ハード | ゲーム業界 | 未分類 | 当ブログについて | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 超訳コネクト
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。