日本文化に対する外国人の反応を翻訳してお届けしています。超訳で世界と繋がろう!

超訳コネクト
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/
海外反応系ブログ 最新記事



「火垂るの墓」を観た海外の人々は何を感じたか? 【海外の反応・レビュー翻訳】

2017/07/28 15:55|スタジオジブリ関連TB:0CM:92

170727_01.jpg


 海外のアニメファンが選ぶ「泣けるアニメ」ランキングでは、常に上位に入る「火垂るの墓」。今回は、この作品を観た海外の映画ファンによるレビューを翻訳して、皆さんにお届けします。レビューは、Amazonと映画レビューサイトIMDbから抜粋しました。

※Amazonの採点は満点が星5個、 IMDbは星10個となります。「評価無し」のレビューもIMDbのものです。また、ネタバレを含んでいますので、作品未見の方はご注意下さい。


↓では、レビュー翻訳をどうぞ。

翻訳元: AmazonIMDb







● 「立ち直ることが難しく、忘れることはできない」 アメリカ
  評価:★★★★★★★★★★

 最初に言っておきたいのだが、もしあなたがこの作品をまだ観ていないなら、このレビューを読んだ後(もしくは読む前でも)、できるだけ早くこの映画を観るべきだ。買っても借りてもいい。なぜなら、イサオ・タカハタが生み出したこの傑作の価値を伝えるのに、私の言葉だけでは不十分だからだ。私の知る限り、最も力強いメッセージを持つ反戦映画、それが「火垂るの墓」だ。芸術作品としての価値で語るなら、ピカソのゲルニカやエルガーのチェロ協奏曲と同ランクと言える。

 多くのアメリカ映画の中で、これほど強力な反戦メッセージを持つものがあっただろうか?「華氏911」?「地獄の黙示録」?それとも「シンドラーのリスト」か? 率直に言って、どれもこの作品に及ばない。「火垂るの墓」は、汚れなき魂の喪失を描いた作品だが、それは幼い二人の主人公のことだけではなく、日本という国全体にとっての話なのだ。
 
 ストーリーの中心となるのは二人の子どもたちだ。13歳の清太と、4歳になる彼の妹の節子。彼らの母親は第二次大戦中、爆撃のために命を落とす。そのため、この兄妹はおばの元に身を寄せることになる。最初は親切だったおばだが、次第に、なぜ兄妹に食べ物を与えて保護しなければならないのか? なぜ清太は国のために働こうとしないのか?と、不快に思うようになっていく。

 結局、清太と節子は、廃墟となった防空壕で、二人だけの暮らしを始めることになった。しかし、食料がなかなか手に入らず、徐々に栄養失調に陥ってしまう。そして、彼らは命を落とすのだ。実は、映画序盤から、彼らが死ぬことは明らかにされている。ボロボロの服をまとって、駅構内に横たわる清太、栄養不良の状態にあることは明白だ。彼の持ち物だったミステリアスな缶を、駅員が夜の闇に向かって投げ捨てた。そこにはホタルが舞っており、節子の幽霊が現れる。そこに清太の幽霊が加わり、彼らは電車に乗って、あの世へと旅立つのだ。ストーリーは、そこからフラッシュバックされる形で語られていく。「昭和20年9月21日夜、僕は死んだ」これが出だしのセリフだ。

 この映画で興味深いのは、日本の作品であるにもかかわらず、日本人を犠牲者として扱うこともなければ、アメリカ人を悪者扱いするわけでもないというところだ。むしろ、苦しんでいる子どもたちを冷たくあしらう日本の人々に対しての軽蔑が感じられる。タカハタは、戦争で真に失われるものは生命ではなく、汚れなき魂であると訴えているのだ。

 アニメーションそのものは、リアリズムに基づく伝統的なスタイルで、ディテールも豊富だ。キャラクターたちの死を悲劇的に描く一方で、美しい瞬間も多く描かれている。だが、この作品に称賛されるべきシーンが数多く含まれているのは、別に不思議なことではない。なぜなら、この作品を製作したのは、日本の伝説的なアニメーションスタジオである、スタジオジブリだからだ。私は幸運にも、このスタジオが作り上げてきた息をのむような作品の数々を鑑賞する機会に恵まれてきた。

「火垂るの墓」は、ストーリー、その象徴的意味、アニメーション、全てが一体となって、まるで腹に強い一撃を食らったような心の衝撃を感じる作品で、そのショックから立ち直ることは難しく、忘れることは不可能な作品だ。アニメーションではあるが、極めて生々しくもある。実写映画ではないという理由で、作品の力強さが損なわれるわけではないという点にも気づいてもらえるだろう。

 あなたに、立ち直れないほど落ち込んでも構わない夜があるなら、是非、「火垂るの墓」を観て頂きたい。これは、決してあなたが喜んで観たがるタイプの作品ではないが、しかし、決して、観たことを後悔する作品でもない。



170727_02.jpg




● 「非常に日本的な戦争物語」 イギリス
  評価:★★★★★★★★★★

 もし僕が映画を観て泣くとしたら、それは他の人たちなら、普通は泣かないようなタイプの映画を観たときだ。例えば、僕は侍映画を観て泣いたりもする。壮大なシーンで、少し感情的になったりもする。ただ、いずれにせよ、「火垂るの墓」を観たときのように号泣することは稀だ。

 僕は、子供時代の大半と思春期を日本で過ごした。広島でも1年ちょっと過ごした。日本では、多くの元軍人と会ったり、お年寄りから戦争中の体験談を聞いたりしてきた。恐らく、皆も知っているだろうが、日本人は感情をあからさまにすることで有名な人々、というわけでは全くない。感情を表に出さないことに関して、平均的な日本のお年寄りに勝てるイギリス人は一人もいないだろう。
 
 彼らが戦争の話をする時は、いつも感情を表さなかった。事実を淡々と語ってくれたものだ。長崎の爆心地から5マイル(※ 約8km)の場所で被爆した人の話も聞いたことがある。その中で、僕に忘れられないほど強い印象を残したのは、ゴトウさんという老夫婦から聞いた話だ。
 
 ゴトウさんたちは、子供の頃、名古屋大空襲の直後に出会ったそうだ。そして、その当時の状況を「火垂るの墓」の写真を使って、僕たちに詳しく説明してくれた。アメリカ海軍の航空機は、川に向かって走る子どもたちに機銃掃射を浴びせたらしい。もちろん、子どもたちは本来の攻撃目標ではなかったにもかかわらずだ。当時12歳だった僕が日本を理解する上で、彼らの話からは強い影響を受けた。
 
 だから、僕にとって、この「火垂るの墓」を観るのは、彼らの話を映像で詳細に振り返るようなものだった。彼らの子供時代の記憶が、映像でよみがえったものであるかのようにも感じた。彼らの個人的な苦しみを、僕の心にも背負わされたようにさえ感じた。少々、感情的になりすぎたかもしれないということは認めるが、僕は、本当にそんなふうに感じたのだ。
 
 戦時下の悲劇は、世界中、全ての文化や社会において共通して語られるものだが、「火垂るの墓」は、ストーリーそのものよりも、ストーリーの語り方が日本的で、かつ、他に類を見ない独特なものだ。他の国の映画製作者たちも、このアイデアで作品を作ろうとするかもしれない(ロシアの映画製作者は除く)が、この作品よりも人の心を感動させるものを作ることはできないだろう。
 
 一切の誇張を交えずに言わせてもらうが、映画の歴史の中で、戦時下の無垢な魂をあれほど完璧に、悲劇的に、胸が張り裂けるように描いた作品は存在しない。しかし、大げさな表現は何もない。同じジャンルの他の映画(忘れてほしくないが、これはアニメーションだ)が馬鹿馬鹿しい仕掛けを色々と使うのに対して、この作品は、物語だけですべてを伝える。音楽ですら、やりすぎることも感傷的になりすぎることもない。
 
 ストーリーの結末が最初から分かっているのに、それでも観客を引きつける力があり、それどころか、涙さえ流させる作品だ。感情に訴える力があまりに強いので、僕としては、繰り返し観たいとは思わない。全く救いのない悲劇的な物語ではあったが、それでも、僕は、この作品を観ることができて良かったと思っている。






170727_12.jpg




● 「なぜホタルはすぐ死んでしまうのか?なぜジブリはこんな良い映画を作れるのか?」 カナダ
評価:★★★★★

 僕がこの映画を初めて観たのは、確か6歳くらいだったと思う。その年齢では、映画の本当の意味は理解できなかった。ただ悲しくて泣いた。次に観たのは13歳頃だった。僕は最初の5分で泣いてしまった。それから2年間、この映画を観ようという気持ちになれなかった。ついに観たのは15歳の時、この時も、やっぱり前半のうちに泣いてしまった。

 その後、この映画について何人かの人たちと話をしたけれど、彼らも、やっぱり、ショックを受けることは避けられなかったようだ。あのリアリティのある絵柄の力も大きいのだろう。

 イサオ・タカハタ監督は、「火垂るの墓」で素晴らしい仕事をしたと思う。ストーリーの見せ方は、僕がこれまでに観た作品の中でも、最上の部類に入るだろう。この映画では、冒頭ですぐに主人公の運命が分かる。このシーンを観終えた多くの人々はこう言うだろう。「この後、いったい何を目的に映画を観たらいいんだ?」と。今の僕なら「この先を観ないのなら、最も美しい映画を鑑賞できるチャンスを、自ら奪ってしまうことになりますよ。」と答えられる。

 このオープニングさえ乗り越えられれば、観客は、清太と節子の心温まる関係性、そして悲しい出来事から目をそらせなくなる。清太と節子の強い結びつきは、時として観るのが辛くもなるが、それでも、観ないわけにはいかなくなってしまう。
 
 ただ、僕が最も素晴らしいと思うのは、この映画には悪役がいないということだ。登場人物の誰もが、ひたすらに、ただ自分の人生を生き抜いている。そして、絶望的な状況では、人間の本当の姿があらわになる。戦時中における人間の本性を見せてくれるのが、この映画だ。人々は相手を殺し、出し抜く。そして、自分の事だけで精一杯だ。ついてこれない者の面倒は、誰も見てくれない。
 
 厳しい現実だが、監督は、それを受け入れるよう、観客に求める。僕は、この映画が描いているのは、人間の本当の姿なんだと感じた。憂鬱ではあるが、観客に覚醒を促すものでもある。
 
 最後に問いかけたいんだが、人類は今も、過去と同じ歩みを繰り返しているだけなんだろうか? それとも、これ以上、清太や節子の悲劇を繰り返さないように進歩したんだろうか?



170727_04.jpg




● 「銃なし、政治的プロパガンダなし、暴力シーンなし」 マレーシア
評価:★★★★★

 戦争によって引き裂かれた時代を、自分たちの力だけで生き延びようとする子どもたち…。だが、彼らの努力が報われることはなかった。映画が終わった時、私の気持ちがどれほどかき乱されたことか…。まだ立ち直ったわけではないが、今、そのことをここで語るつもりはない。ただ、この作品を反戦映画と見なすことは、映画本来の目的とは少々ずれがあるようにも感じた。私としては、むしろ、戦争という最悪の状況に苦しめられた子どもたち、そして、彼らから見た世界の姿を描いている映画なのだと思う。

 この作品を観て何も感じなかった人、うんざりした人、あるいは上映中に眠ってしまったような人たちは、思いやりが失われた、今の社会の影響を強く受けてしまったのだろう。一人で生活し、隣人ともほとんど口を利かないような暮らしをしている人たちである可能性が高いと思う。この作品を観て泣かないような人は、魂を失ったも同じだ。

 事前にこの作品のレビューをほとんど読んでいなかったので、映画が始まった時は少々驚いた。冒頭で主人公の死が告げられ、彼の死体が示されたからだ。普通は、こんなことをすれば観客の興味を失わせるだけだが、私は逆に興味を惹かれた。ただし、その後の展開には、私の内面が木っ端微塵に破壊された。この作品は、甘いものでも、心温まるものでもない。

 兄妹が防空壕を照らそうとホタルを集めるシーンですら、心楽しくなるものではない。むしろ悲しいシーンだ。今の時代なら、明かりがなければ、せめて店でローソクくらいは買えるだろうに…。だが、この幼い兄妹には、ホタルを集める以外の方法が無いのだ。個人的な経験から言っても、ホタルをつかまえるのは大変だ。しかも、大変な思いをしても、ほんの束の間の明かりにしかならない。

 この兄妹が、彼らのおばを頼ろうとしないことに対して批判的な人々がいるが、日本人は、必要性よりも誇りを第一に優先せよと教育されるものだ。この兄妹は名誉を傷つけることはしないようにと教わって育った子どもたちなのだ。それで彼らの行動の説明がつくだろう。

「火垂るの墓」は、観る者の心をつかんで、決して離さない物語ではあるし、丁寧に作り込まれた物語でもあるが、これは戦争映画ではないし、反戦映画でもない。まして、反米メッセージを潜ませた映画でもない。戦争中、あるいは戦後であることが、決定的に深い意味を持つわけではないと感じた。生き延びることだけが問題という、本当に苦しい状況の中で、どうにか生き延びようとして、それを果たせなかった小さな二つの魂の物語なのだと思う。

 この映画のタイトルが、全てを説明しているのではないだろうか?ホタルは闇の中で輝く美しい存在だ。しかし、ホタルが死んでも、その墓がどこにあるかは誰も知らない。知ろうともしないものだ、と。






170727_08.jpg




● 「真実を描く”嘘”」 アメリカ オハイオ州
評価:★★★★★

 第二次世界大戦の末期、戦火に包まれた日本の幼い兄妹を描いた「火垂るの墓」について、映画評論家のロジャー・エバートが「過去最高の戦争映画リストに入る作品だ」と発言しているのを知った。私は興味を抱くと同時に、疑わしくも感じた。その後、図書館でこの作品を借りたのだが、観終えたあと、もう一度自分で観るため、そして友人たちにも観てもらうため、アマゾンで注文することにした。

 私には兵士としての経験(ベトナム)があるが、戦争映画を観るのは敬遠しがちだった。映画製作者たちの自虐癖に対しても、誤った力の誇示に対しても、吐き気を催すからだ。しかし、「火垂るの墓」については違う感想を持った。
 
 特定の戦争に巻き込まれた特定の一般市民をフィクションとして描いたものではあるが、すべての戦争における、苦境に陥った一般市民の真実を伝える作品でもあった。もちろん、陽気な作品ではない。戦争における罪なき犠牲者たちの大部分は、無私無欲な人々だ(全てがそうだとは言わない)。彼らを品格ある視点から描くことで、戦争の本質とも言える悲しみを表現していた。

 自分の敵を愛せない、もしくは味方を愛せない人たちは、この映画を観ることで、得るものがあるだろう。説教臭くはなく、むしろ詩的な作品だった。
 
 戦争に勝者や敗者がいるわけではない。人類すべてが勝者だ。






170727_10.jpg




● 「深く心を動かされた」 アメリカ フィラデルフィア
  評価:無し

 涙を流しながら、この映画を観た。私は、2人の小さな子どもたちの父親だ。映画を見終えた後、彼らの部屋に行き、眠っていた子どもたちにキスして、「愛しているよ。」とささやいた。こんなことになったのは、何年ぶりだろう。観たのは2日前なのに、まだ頭から離れない。長い時間をかけて、この映画について妻とも話し合ったし、ネットで調べたりもした。個人レベルで、映画から、ここまで強い影響を受けたのは初めてのことだ。

「火垂るの墓」の製作者や、この物語そのものについて調べていくうちに分かったのだが、この作品には、象徴的、文化的な意味を持つ要素も表現されていたようだ。西洋人である私には理解しにくいものもあったので、この点についてはコメントを控えようと思う。
 
 この映画に込められた戦争に関するメッセージの中に、「最も苦しむのは最も弱い人々だ」というものがある。ルワンダやソマリア、スーダン、バルカン半島など、戦争によって傷ついた地域の報道に接するたびに、以前より、心を痛めるようになった。さらに、我がアメリカが、そうした他国の戦争に関心を払っていないように見えることも、困ったものだ。

 私も5歳の息子と2歳の娘の父親だから、親として、私の子どもたちが、誰からも助けてもらえない状況に置かれるかもしれないということを想像すると、とても恐ろしい。そして、清太と節子が味わったような苦しみを、他の誰にも味わってもらいたくない。しかし、今も、現にこうした人々がいるのだということを知ってもらいたいし、精神的な苦痛や飢えに関することも含めて、彼らに助けの手を差し伸べたい。

 私は子供の頃、第二次世界大戦に関する本を沢山読んでいたから、我々の国が日本の複数の都市を爆撃したこと、海軍機が小さな町に機銃掃射を浴びせたことなどは、知識として知っていた。この映画は、その歴史が現実のものだったということを、実にリアルに見せてくれた。福音主義のキリスト教徒として、我々が、善良な人々に対して、いかに残酷なことをやったのか、どれほど多くのものを破壊したのかということを、改めて強く認識させられた。

 この映画に対するロジャー・エバートのレビューも読んだ。そして、過去最高の戦争映画の一つであるという、彼の言葉に同意する。私個人も強い衝撃を受けた。娘を見るたびに、節子のことを思い出さずにはいられない。彼女の美しさ、悲しさ、そして無垢さを。この映画を観て頂きたい。ただし、一人で観てはいけない。子供向けのものではないことも覚えておいてもらいたい。これは、単なるカトゥーン以上のものだ。



170727_11.jpg




● 「偉大な傑作アニメーションの一つ」 アメリカ
  評価:無し

 5歳の頃、僕は大好きなカトゥーンを観るため、毎朝、早起きしていた。ある日、僕はいつもより、かなり早く起きてしまった。午前3時頃だったはずだ。それでも、僕はいつもどおりテレビを観ることにした。何も映っていなかったので、チャンネルを変えて、普段とは別のチャンネルの番組を見ることにした。そのチャンネルを数分観続けた後、始まったのが「火垂るの墓」だ。

 その当時の僕には観たこともないような、シリアスなアニメ映画だった。最初に映ったのは2人の幽霊だ。なんとも平和そうな姿だったことを記憶している。少々奇妙には感じたが、怖い映画のようだとは感じなかった。
 
 しかし、そのすぐ後で恐ろしいシーンが映った。爆弾が投下され、建物は破壊され、混乱の中で人々はむごい死を遂げていった。少年と彼の妹も混乱に巻き込まれ、命からがら逃げ出す。兄妹のお互いに対する愛情、特に少年が妹を思いやる姿に、僕は涙を流した。同時に、人々がお互いを気遣い合う姿にも印象づけられた。そんな映画は観たことがなかった。愛情と絶望が同時に描かれた作品に、幼い僕はショックを受けた。

 物語はその後も続き、兄妹に課せられた試練はどんどん過酷になっていく。映画の終盤では、僕は息をするのも難しいくらいになっていた。子供だった僕にとって、この映画は本当に強い衝撃だった。心が深く傷ついたようにすら感じた。映画を観終えた僕は、泣きながら眠りについた。再び目覚めた時、僕は夢でも見ていたんじゃないかと思った。

 あの頃より成長した今でも、「火垂るの墓」のように、強く恐れ、同時に愛した映画というものを経験したことはない。そもそも、こんな映画が他に存在するのだろうか?幼かった僕は、この映画を怖がりつつも、内心では、もっと映画の内容について深く知りたいとも感じていた。あれから13年が経過した。あの頃より、もっと深い内容が理解できるようにもなった。

 この映画は、あれ以来、観ていない。でも、まだ鮮明に覚えている。音楽も映像も、その時の気持ちも…。僕はこの映画を忘れることができない。もう一度観ようと決意して、手に取る日は来るのだろうか?必ず来ると思う。再び観たその時に、自分がこの映画からどんなメッセージを受け取るのか、それは必ず確かめておかなければならないと感じるからだ。



(翻訳終わり)



管理人より:宮﨑駿監督の著書「出発点」に、「火垂るの墓」について書かれた文章(P.270)がありますので、以下に一部引用します。

 空襲で家と母を失い、飢えと栄養失調で死んだ四歳と十四歳の兄妹の二人の幽霊が、なぜ母の幽霊と出会わないのか。母と二人は別々な世界に行ったのか。生に執着し、恨みを残して死んだのなら、二人の幽霊は死ぬ寸前の飢餓の姿であるはずなのに、なぜ肉体的に何も損ぜられていない姿をしているのか。

 コプトの修道士たちが、この世との絆を断ってナイルを西へ渡ったように、あの二人は生きながら異界へ行ったのだ。二人が移り住む防空壕は、砂漠の僧窟がそうであるように、二人が生きたまま選んだ墓穴なのだ。兄の甲斐性なしを指摘する者がいるが、彼の意志は強固だ。その意志は生命を守るためではなく、妹の無垢なるものを守るために働いたのだ。

 二人の最大の悲劇は、生命を失ったところにはない。コプトの修道士のように、魂の帰るべき天上を持たないところにある。あるいは、母親のように灰になって土に化していくこともできないところにある。しかし、二人は幸福な道行きの瞬間の姿のまま、あそこにいる。兄にとって、妹はマリアなのだろうか。二人の絆だけで完結した世界に、もはや死の苦しみもなく、微笑みあい、漂っている。

「火垂るの墓」は反戦映画ではない。生命の尊さを訴えた映画でもない。帰るべき所のない死を描いた、恐ろしい映画なのだと思う。

(引用終わり)


過去の映像作品レビュー翻訳記事を、以下に一部ご紹介します。興味のある方は御覧ください。なお、次回の更新は来週8月4日(金)です。


「七人の侍」を海外の人々はどう観たか?
「もののけ姫」 米アマゾン・レビューの翻訳
「君の名は。」を観た海外の人々は何を感じたか?





↑ランキングに参加しました。記事を気に入って下さった方、クリックして頂けると嬉しいです!





Twitterで更新情報をお届けしています。
海外反応系ブログ 最新記事



 ■ 人気記事
5 「君の名は。」を観た海外の人々は何を感じたか? 5 「天空の城ラピュタ」を観た海外の人々は何を感じた?
5 米西海岸で「カレーハウスCoCo壱番屋」が人気店に。 ココイチにハマったアメリカ人の声を聞こう! 5 米テキサスで日本人がオープンしたラーメン店が超人気。お客さんの声を翻訳しました。
5 「火垂るの墓」を観た海外の人々は何を感じたか? 5 1991年発売のカシオ製腕時計「F-91W」が、米アマゾンのベストセラーに!海外からの熱い声をお聞き下さい。


コメント
ご苦労様です。
投稿文の多くが 心をどのように打たれたかもそこそこに、
戦争とは云々~と あさっての方向に飛ぶ理由が
まるで摑めないまま読み終えたのですが、しばし考えてみて、
殆どのアメリカ人は 止むに止まれぬ必要もないのに 趣味やボランティア活動のように
戦争に主体的に参加できる おかしい人なのだという感想を覚えました。
No Name #-|2017/07/28(金) 16:28 [ 編集 ]
最近お隣の国が創った軍艦島っていう映画についてもレビューしてやってくれ
火病るからw
No Name #-|2017/07/28(金) 16:29 [ 編集 ]
ご苦労も何も、これただの転載だろ。。。
元記事はだいぶ前からある
No Name #-|2017/07/28(金) 16:48 [ 編集 ]
協調性が大事って映画
No Name #-|2017/07/28(金) 16:51 [ 編集 ]
俺はこの作品は悲し過ぎてトラウマになるからみないほうがいいと思う



No Name #-|2017/07/28(金) 16:52 [ 編集 ]
>兄の甲斐性なしを指摘する者がいるが、彼の意志は強固だ。その意志は生命を守るためではなく、妹の無垢なるものを守るために働いたのだ。

この宮崎監督の、映画評は初めて読みました
紹介していただいてありがとうございます
素晴らしい批評だと思います

妹の無垢なるものを守ったからこの傑作が生まれたのですが、少年の行動や意思が当時の誇りの高く、たとえ飢え死にしても尊厳を守ろうとする古風な日本人像を反映してるのかもわかりません

名無しさん #-|2017/07/28(金) 16:54 [ 編集 ]
見るべきはアニメ映画としての技術や演出であって
戦争の悲惨さや、兄妹の絆ではない
無数にある人類の戦争の記録は無視しておいて、火垂るの墓1つを見て涙するなんて見当違い甚だしい
No Name #-|2017/07/28(金) 16:56 [ 編集 ]
もう一回観たいんだけど、なかなか踏ん切りがつかないw
ブルーレイも買ったし一応手元にもっているw
No Name #-|2017/07/28(金) 16:58 [ 編集 ]
>ご苦労も何も、これただの転載だろ

翻訳だつーの
名無しさん #-|2017/07/28(金) 16:59 [ 編集 ]
その昔ジブリのDVDを買い揃える時に火垂るの墓だけは迷いに迷った
傑作には違いないが気軽に見れるものではないから…結局買ったけどね
No Name #-|2017/07/28(金) 17:02 [ 編集 ]
どこかの反日戦争映画とはわけが違う
No Name #-|2017/07/28(金) 17:17 [ 編集 ]
見るべきは戦時下の日常とあっけない死であって、
アニメ映画としての技術や演出ではない
無数にある人類の戦争の記録を無視なんてしてないのに、火垂るの墓を批判するなんて見当違い甚だしい
No Name #-|2017/07/28(金) 17:21 [ 編集 ]
なんか二回わざわざ書き直して二回とも「見当違いな」投稿してる人いるね


No Name #-|2017/07/28(金) 17:31 [ 編集 ]
今現在、シリアでコプト教徒が置かれている状況を鑑みれば、生き馬の目を抜く国際社会の中で、魂の美しさだけ追いかけていてもどうしようもないってことが良く分かる。
戦争が終わり成人するまで辛抱する忍耐力や、スイカの1つも盗んで生き延びる狡猾さがなきゃ、やっぱり駄目なんだと思う。
No Name #-|2017/07/28(金) 17:44 [ 編集 ]
この作品嫌い
なんでそんなに絶賛されてるのか全然理解できない
名無しさん #-|2017/07/28(金) 17:45 [ 編集 ]
>アメリカ海軍の航空機は、川に向かって走る子どもたちに機銃掃射を浴びせたらしい。

住んでいた場所が違うけど。自分の親父80歳も子供の時に機銃掃射を受けてる。
それで同級生が死んでるって。うちの親父は怪我で済んだけど。
当時は、医者も薬も不足して、簡単に治療できずに完治するのが大変だったそうだ。
ほんと、戦勝国って日本兵ばかりを言うけど。
日本へ来て、爆撃や機銃掃射で女子供に被害を与えた歴史も、
その戦勝率に入れているわけだから、きちんと世界に発表しろ!と言いたいわ。
No Name #-|2017/07/28(金) 17:50 [ 編集 ]
宮崎駿は共産党系労働組合の書記長
No Name #-|2017/07/28(金) 17:57 [ 編集 ]
>ご苦労も何も、これただの転載だろ

火垂るの墓の翻訳をしているサイトは他にあるが、ここと同じレビューはないよ。
No Name #-|2017/07/28(金) 17:58 [ 編集 ]
超訳コネクトさんの翻訳文は大好きです。
ゆっくりでも、ずっと続けて欲しいブログです。
No Name #-|2017/07/28(金) 18:01 [ 編集 ]
>飢えと栄養失調で死んだ四歳と十四歳の兄妹の二人の幽霊が、なぜ母の幽霊と出会わないのか。
主に兄妹二人で展開していた話に母親までついて来たら蛇足だし、「母親と再会してめでたしめでたし」じゃ駅の隅でぼろぼろになって死んだ印象も薄れるからだと思う。
名無しさん@Pmagazine #-|2017/07/28(金) 18:05 [ 編集 ]
大人になった今なら、
この作品と向き合うことができるだろうか?
No Name #-|2017/07/28(金) 18:10 [ 編集 ]
宮崎駿の批評を見て、やっぱこの人好きになれないと思ったわ
No Name #-|2017/07/28(金) 18:11 [ 編集 ]
終戦記念日にTVで放送してほしい作品
原作者の野坂昭如は好きじゃなかったけど自身の戦時下の体験が影響しているんだとすれば叩く気も失せる
高畑勲は他の作品は「太陽の王子ホルス」もよかった
きっと「かぐやの物語」も素晴らしいんだろうなと思う
彼がまた宮崎氏のプロデューサーや監督として作品を作る日が来ることを願っている
個人的に311と815は日本国民の鎮魂の日だと思っている
特に815はお盆と重なっていることに運命を感じる
この作品に関しては身近に小さな子供がいた家庭の人間すべてを打ちのめさずにはおかないだろう
No Name #-|2017/07/28(金) 18:18 [ 編集 ]
コプト修道士たちが~からの下りが凄く宮崎っぽいよね
世界観だけ無駄に広げてそれ自体はたいした意味を持たないという
風呂敷広げるのは非常に見事だが畳むのはへったくそという短いながらも宮崎作品を具現化してる文章だ
   #-|2017/07/28(金) 18:20 [ 編集 ]
はだしのゲンの反応あったら見たいです。(既出だったらすみません)
名無しさん #-|2017/07/28(金) 18:38 [ 編集 ]
>5歳の頃、僕は大好きなカトゥーンを観るため~
このレビュー内容で18歳とは……彼は素晴らしい文才を持ってるね
というか海外のレビューって基本的にしっかり書いてあって読み応えがある気がする
ひるがえって、日本のアマゾンレビューは……
No Name #-|2017/07/28(金) 18:41 [ 編集 ]
いまだに見る決心がつかない
名無しさん@Pmagazine #-|2017/07/28(金) 18:59 [ 編集 ]
30年前に映画館で観たけど、幼児の観客が「あの子のほっぺたに付いてる赤い丸いのは何?」って親に訊いていたのが聞こえてきて和んだ。
普段なら「漫符だよ!ほっぺが赤いという記号的表現っ!そのくらい解れよ!」とl心の中で怒るところだったが、そのときは全くそんな感じにならなかった。
No Name #-|2017/07/28(金) 19:26 [ 編集 ]
公開当時まだ完成してなくて毎週差し替えてたんだよな
名無しさん@Pmagazine #-|2017/07/28(金) 19:32 [ 編集 ]
管理人さんの翻訳を補足しとくと、低評価コメントをつけてる人の半分くらいは映画の内容とは関係のないディスクの仕様や配送についての問題へのクレーム

次に多いのは、子供や孫のために購入したのに内容がショッキングで悲惨すぎて子供向けには適当でなかったと言う人

過大評価だ!ゴミだ!と否定的なコメントしてる人が4~5人いるが、うち2人は否定的なコメントと言うよりもスパムに近い
1人は英語版の声優の選定が許せない、と言う英語版の否定
名無しさん #-|2017/07/28(金) 19:40 [ 編集 ]
>>住んでいた場所が違うけど。自分の親父80歳も子供の時に機銃掃射を受けてる。

自分の知りあいの九州住んでたおじいさん(当時小学生くらい)も機銃掃射受けたって言ってたわ
地面に突っ伏して助かったって。
あと、うちの田舎じゃ朝の通勤列車(軍人なんか乗ってない)が機銃掃射受けて地獄の有様だったらしい
この手の事件は枚挙にいとまがない、どうも米軍は日本全国で民間人を狙った爆撃以外に機銃掃射もやってたみたいだね
それにしても当時小学生くらいだった子供に、よくまぁ航空機から機銃を撃てると思う
鬼畜米英って言葉は決して間違いじゃないんだよね。
  #-|2017/07/28(金) 19:42 [ 編集 ]
まあ、どんな国でも、戦争って、鬼にならなきゃできないよ
No Name #-|2017/07/28(金) 19:56 [ 編集 ]
5歳で観たらトラウマなるわなww
そういう俺は7歳だったけども
No Name #-|2017/07/28(金) 20:00 [ 編集 ]
現実では親戚の家を出なくても妹は死んだ、
親戚は何もせず、兄一人で妹の火葬の手配をした、
死ぬとわかっていたら家を出た、あれをしてやりたかった、これをしてやりたかった、良い兄になりたかった、妹と一緒に死んでやりたかった、
そういう残された家族の悲しい願望を綺麗な自然の中に描いたアニメ
戦争は実際の時代的な背景で戦争がテーマではない
No Name #-|2017/07/28(金) 20:00 [ 編集 ]
清太を敵視することで作品から受けるダメージを軽減させようとしてたけどさ
そうだよね、問題はそこじゃないんだよね
No Name #-|2017/07/28(金) 20:05 [ 編集 ]
蛍の墓ってちゃんと見たことないから、宮崎駿の批評がいまいち理解出来ない自分w
肉体と幽霊の下りはそういうシーンがあったっけ?っていうw
ただかなり詩的な批評のように自分は感じた。特に最後の一文。話を畳めないと言ってる人に同意する部分もなきにしもあらずだが、漫画のナウシカとかはそうじゃないからね。
通りすがり #-|2017/07/28(金) 20:23 [ 編集 ]
ダメだ!
この映画は思い出しただけでも涙が溢れてしまう..
二度と見たくはないが、人生で一度は必ず見るべき映画。
No Name #-|2017/07/28(金) 20:58 [ 編集 ]
主人公の少年(のちの野坂昭如)が死ぬ以外は、
ほぼ実話なことを海外の人は知らないんだね。
No Name #bmDtFExw|2017/07/28(金) 21:12 [ 編集 ]
TV二回目の視聴率が初回20%の半分だったという
観たくない気持ちはわかる
No Name #-|2017/07/28(金) 21:31 [ 編集 ]
観てくれって言ってるくせに、おもっきりネタバレで「あらすじ」全部言ってしまってる人がいるなwアホなのかw
774@本舗 #-|2017/07/28(金) 21:54 [ 編集 ]
今日、ドラえもんで泣いたとこだw

戦争はダメっていう反戦イメージを植えつけるよりも
やはり、大事なものを守る強い心を育てなければいけないなと思ったよ
「国の為に戦えますか」というどこかの記事を思い出した
名無しさん@Pmagazine #-|2017/07/28(金) 22:03 [ 編集 ]
原作の本はもう少しリアルでグロい
飢餓で死ぬときは尻も痩せるとか書かれてる

そして、野坂が自分の妹に行った事もあとがきで書かれていてそれはもっと救いがたい
No Name #-|2017/07/28(金) 22:22 [ 編集 ]
セツ子殺しの真犯人はお兄ちゃんで、原作者なんだよ。
ななし #-|2017/07/28(金) 22:25 [ 編集 ]
外人さんの感想文は「独特」の読みごたえがあるね。

日本のネットで「動物の鳴き声」みたいな「感想」ばかり見慣れていると、余計にそう感じるのだろうか。
No Name #-|2017/07/28(金) 22:50 [ 編集 ]
現代の東京の町並みと二人が遊ぶシーンが重なった瞬間は、本当に複雑な気持ちになった。
今の世の中が、当時の犠牲の上に成り立っている事が実感できるシーンだったわ。

それにかこつけて、未だに日本に悪のイメージを押し付けているアメリカ・イギリスのプロパガンダの残滓について批判しようと思ったんだけど、この映画はそういうモノすら通り越して純粋に戦争と命の悲惨さを描いている映画だから、相応しいコメントではないなと思って止めたわ。
名無しさん@Pmagazine #9DD8ZWDM|2017/07/28(金) 22:57 [ 編集 ]
まあ、何回も見たけどね、確かに傑作
しかも、世界的に見てもこれ程心臓えぐる作品ってのは、ま、無いな

だからさ、どうして?日本国政府として、中東にこれを強制的に押し付けて見せられないの?
いろいろ難しいのは解るけどさ、ちっとは強引に働けよと思うわ
なんせ、自国の歴史の一部分なんだし、堂々と胸張って押し付けろと思うわい
それが出来なくて、どうして、先人が国を信じてアジアの解放の為にも苦しい戦いを戦い抜いたのに
継承すら出来んのかよ?、今の政府はさ
出来ねえんなら、欺瞞の政府って事だ
名無しさん@Pmagazine #-|2017/07/28(金) 22:57 [ 編集 ]
稲田さんに見せたい。
No Name #-|2017/07/28(金) 23:20 [ 編集 ]
13歳で甲斐性なんて求められてもね。
もし自分が幼い妹がいる13歳だったら?もっと簡単にひどい結末になると思う。妹がウザくなっておばの家に置いて自分は逃走して挙句に死んだりしてそうw
大人目線で清太は もっと上手くやれたのではという感想を聞くのは本当に嫌になるな。みんながみんなそんなに立派で聡い面倒見のいい13歳だったのかよ。
名無しさん@Pmagazine #-|2017/07/28(金) 23:36 [ 編集 ]
テレビで放映されたら必ず観るようにしてるから
(戦争ダメ絶対!という気持ちを新たにするため)
数えきれないくらい観たことあるのに
未だに毎回必ず泣けるのが凄いと思う
  #-|2017/07/28(金) 23:56 [ 編集 ]
三宮に駅に行く度に兄ちゃんが餓死した場所とダブる。
今は駅もきれいになったけど、阪神淡路大震災前はなんか当時とかぶる感じがしたよ。

駅員がドロップ缶を草むらへ投げすて、そこから蛍が飛び散り節子が伸び上がる…美しい描写だと毎回感心する
その後空襲のシーンになるとその先はもう見ないねw
名無しさん@Pmagazine #-|2017/07/29(土) 01:17 [ 編集 ]
おばの家を出たのも、子供の判断力なら仕方ない。
自分が耐えられないと感じるような場所に、ウザがられている妹だけ残して自分だけ逃げるなんて出来ないだろう。
大人になるまでのほんの数年は、子供にとっては永遠に感じられるほど物凄く長い。
当時の子供達も生まれた時から悲惨な時代に育ったわけじゃない。
戦争が始まるまでは、ごく普通の平和な家庭で育っていたはずだ。
むしろ戦後の何もない時代に育った世代の人達よりも、戦前はイケイケの時代だった。
昔の子供だったら耐えられるわけでもない、今の時代の子供と変わらない。
親戚の家で嫌々育てられる空気に耐えられなくて、家出するのは全く不思議じゃない。
No Name #-|2017/07/29(土) 01:21 [ 編集 ]
この兄弟が丘の上に座って、現在の発展した日本を観る場面がある。成仏が何かも分からず、まだ成仏していなかったのかもしれない。電車に乗ってお母さんの所に行くのか、今もまだその辺りで蛍と共に漂い続けているのか。よく分からない。

戦争は非情なものだ。戦争は決して無くならない。敵が攻め込んできたら、憲法があろうか無かろうが、そんなものは無視して戦うしかない。本来比べるようなものではないが、家族や知人が殺され、国を奪われるより、憲法など無視して戦う方が余程理に適っている。しかし、一方でこの兄弟が見せてくれるイノセントなものを無くしてしまったら戦う意味もなくなってしまう。非情な戦争とイノセントなものは、ある意味で共犯関係にあるとも言える。
芸ニューの名無し #-|2017/07/29(土) 03:04 [ 編集 ]
宮崎監督…、なんという救いのない解釈をするんだ…。
No Name #-|2017/07/29(土) 21:22 [ 編集 ]
海外のコメントを読むだけで泣けてくる俺は一体(泣・・・・
No Name #o8W6TmNQ|2017/07/29(土) 22:44 [ 編集 ]
この兄妹は戦後に死んだはずなのに、死後の世界でも空爆が続いているのは何とも救われない話だと思った。
ラストに現代の神戸が出てくるが、あれは空爆と同じで現実ではなく、あの兄妹の霊の精神世界なのかも
知れないな。
No Name #TYQG4Gb6|2017/07/29(土) 23:17 [ 編集 ]
このお兄ちゃんは 甘やかされて育ったのだろうなと

KYなのかなと 冷めた感想でした

すまん
No Name #-|2017/07/29(土) 23:24 [ 編集 ]
火垂るの墓は小学生時分にアニメ絵本みたいなので清太たちのお母さんが燃えてるシーン見てからトラウマになって以降見る気が起きない。
No Name #-|2017/07/29(土) 23:35 [ 編集 ]
いつも楽しんで見ています。
今回の「蛍の墓」はレビュー良い悪い、うんぬよりも戦争のダメージを思い出したくない自分が受けたくないから見るのを躊躇していました。
見てよかった。
今は忘れないようにしようという気持ちでいっぱいです。
今の日本(未来)を見る2人の眼差しの映像にただただ、あった事と今の幸せを忘れない事を気付かされました。

No Name #-|2017/07/30(日) 00:02 [ 編集 ]
おばさんに共感するってならわかるけど
おばさんが絶対に正しいわって頑なに考えてるのって日本社会がいかにブラックか考えさせられるよな
No Name #-|2017/07/30(日) 03:08 [ 編集 ]
原作者は優しい兄でいられなかったから、あの時こうあれたらという願望を散りばめて書かれた話なんだよね。

戦争反対とか日本人の誇りとかそういうのじゃなく。
自分の腕の中で死んでいった妹への後悔と懺悔の物語

何かとてつもなく辛い状況に置かれても、物語の清太のように大事な人の為に奔走できる人でありたい

名無しさん@Pmagazine #-|2017/07/30(日) 04:35 [ 編集 ]
この作品は一回見たら十分で、その後二度と見たいと思わない傑作だと思う。
名無しさん #-|2017/07/30(日) 12:09 [ 編集 ]
清太が家を出たのだって子供らしい強情さのせいだろう
この強情さが招いた結末ともいえるけど、子供だからどうしようもなかった
状況を考えれば、おばさんだって悪くない

この映画は誰が悪いとも描いていなくて
ただただ哀しい悲惨な戦争というものを描いている
No Name #-|2017/07/30(日) 13:21 [ 編集 ]
>おばさんが絶対に正しいわって頑なに考えてるのって日本社会がいかにブラックか考えさせられるよな

誰がそんなこと言ってんだよ?おばさんの考えが絶対に正しいって言ってる日本人のコメント引っ張ってこいよ
名無しさん@Pmagazine #-|2017/07/30(日) 13:46 [ 編集 ]
翻訳ありがとうこざいます
最後の駿の評見て泣いちゃったよ…

戦争の記録云々言ってる人いるけど
優れた観察者の目を通すことによって、ショッキングな現実をただ映すよりフィクションの方が大きな影響を持つことが普通にある
そして高畑監督の残酷なほど細やかで中立的な視点は、日本人以外の人々の心にも清太と節子を刻み込む
まごうことなく人間を描いているからだと思うよ
他人事だと思わせない筆力だからこそそれが出来る
当事者でないと考えたとき、簡単に人間は加害者になるからね

敗戦を経験した日本がすべきなのはアメリカを責めることじゃなく、戦争を減らすべきだと思う人々を増やしていくことなんだろうと思う
この救いの無い、素晴らしい映画はうってつけの作品だ
No Name #-|2017/07/31(月) 22:04 [ 編集 ]
大人目線というか神の目線で登場人物の言動を叩いて悦に入るって流れは
この作品に限らず昨今流行ってるからなあ…
作品の感想以前に国語の授業をちゃんと受けてないというレベルの妄言なんて
あまり気にする事は無いかと
No Name #-|2017/07/31(月) 23:22 [ 編集 ]
実際に民間人や民家に機銃掃射をしてるガンカメラの映像は動画サイトで沢山流れてる
当然子供とかへの機銃掃射映像は隠してるか棄ててるだろうけど、実際に亡くなってる人もいるから間違いではなく事実だ
No Name #-|2017/08/01(火) 13:14 [ 編集 ]
この作品を人に勧める奴って鬼だな。俺なら「気分悪くなるから見るべきではない」って言うわ。
これはな、日本人を戦争アレルギーに洗脳する目的で左巻き連中が作ったトラウマアニメだぞ。
俺がガキの頃は、毎年のように地上波で放送していたけど、やっぱりテレビ局って特定の思想集団に乗っ取られているんだなって感じたわ。
   #-|2017/08/01(火) 19:26 [ 編集 ]
東京大虐殺だけじゃ飽き足らず、広島長崎に核まで落とした米。
名無しさん@Pmagazine #-|2017/08/02(水) 20:51 [ 編集 ]
私はこの映画を絶対に見ない。予告編で泣いてしまうのに 本篇を見れば当然号泣しなければならない。だから評論だけ読む。
カゴメ #IQO4fSoM|2017/08/04(金) 00:40 [ 編集 ]
「見る踏ん切りがつかない」「見たくない」って※を散見するけれど
おそらく、見ておいた方がいいと思います
作品に込められたものは「説明しきれないことだから、形にしてみました」
そういう種類のことだと思います

名無しさん #-|2017/08/04(金) 21:49 [ 編集 ]
「叔母さんの対応」について、肯定や否定が多いけど…よく考えると日本人の
性質って…どちらかというと人の顔色を気にする・他所様に迷惑を掛けてはいけない・
己の恥を世間に見せてはいけないというような風潮ないですか?

清太と節子にしても、叔母さんの家を出たのは、お金のこともあるでしょうが
節子がなじめず内向的になった事や、叔母さん一家の情勢空気(?)も幼いながら
清太は感じることがあって家を出たんだと思う。

また叔母さんの対応にしても、戦時中自分の子だけではなく、甥や姪に
我が子と同じような…其れ相応な対応なんて…今現在に置き換えても…普通の
人でもなかなか出来る訳でもなく、ついグチや鬱憤が出てきても決して
おかしくないですよね。

肯定否定、それぞれ意見がありますが…当時の戦時中の日本人の性格や性質を理解し
知るべきではないでしょうか。
No Name #-|2017/08/05(土) 00:55 [ 編集 ]
久し振りに観たいという気持ちが湧いてくるけれど、
それを考えるだけで涙が滲んでしまう。
もう長いこと観ていないのに、場面場面が昨日の事のように
脳裏に浮かぶ。
本当にトラウマになってしまっている。
でもいつかはもう一度・・・
No Name #-|2017/08/05(土) 15:26 [ 編集 ]
うちのばあちゃんも、畑仕事に行く時は白いシャツ着たら撃たれるからダメなんだって言ってたよ。
昔からアメ公は民間人殺しまくってた。
もふぅ #-|2017/08/13(日) 20:39 [ 編集 ]
非戦闘員への攻撃は、当時としてもれっきとした国際法違反。
戦争だから鬼にならないとというコメントは的外れだし、
アメリカ軍はベトナムでも同様の虐殺を行ってそれは世界に
報道されアメリカ国内の反戦運動が激化した。
No Name #-|2017/08/15(火) 13:09 [ 編集 ]
原作って、たった30ページにも満たない短編だったのか
高畑勲って天才だな
No Name #-|2017/08/15(火) 13:33 [ 編集 ]
紅の豚まではジブリ作品が好きだったが、もののけ姫で愛想が尽きた。
昔のジブリに戻ってほしい
No Name #-|2017/08/16(水) 20:28 [ 編集 ]
紅の豚まではジブリ作品が好きだったが、もののけ姫で愛想が尽きた。
昔のジブリに戻ってほしい
No Name #-|2017/08/16(水) 21:29 [ 編集 ]
もののけ姫までが最高だろ、なにぬかしてんだ
No Name #-|2017/08/17(木) 06:52 [ 編集 ]
千と千尋まで
No Name #-|2017/09/16(土) 10:39 [ 編集 ]
心打つレビューを翻訳していただきありがとうございます。
No Name #-|2017/09/26(火) 18:40 [ 編集 ]
宮﨑駿のレビュー、衒学的で頭いい事言ってそうだけど何かその例えピンと来ない
そもそも何で西洋的というかキリスト教的価値観を比喩に使ったのかも微妙だし
あとやっぱり少女の純真無垢さが好きなんだな…
No Name #-|2017/10/14(土) 11:29 [ 編集 ]
子供のころにみてトラウマだから未だにちゃんと見たことないし悲し過ぎるからみる気にならんなあ
No Name #-|2017/10/21(土) 21:16 [ 編集 ]
みんな純粋だよな
清太がバカすぎてイライラするだけだわ
No Name #-|2017/11/16(木) 10:19 [ 編集 ]
当時、となりのトトロと同時上映され、トトロでみんながニコニコエンディングを迎えた後に 火垂るの墓が上映され子供に一緒に付いていったお母さま方がボロボロに泣いて 子供たちが???になったという逸話がありますね…
凄い作品だけど二度と見たくない作品… 昔見た「禁じられた遊び」を思い出す(ふるwwww) 
名無しk #-|2017/12/22(金) 18:31 [ 編集 ]
よく言われるが、清太の甲斐性無しを批判してる奴は同レベルの子供

原作者曰くネグレクトがテーマで
子供はこうして間違えるから大人が必要だと言う話だとか
戦時中の人間からしたらネグレクトの状況として戦後が身近だったみたい

また、現代人には特別な悲劇に見えて反戦テーマを見出すだけで
作者世代にとってはありふれた幼少期の状況なので
そんな大それたテーマになるような特別な状況を描いたつもりはないらしい
No Name #-|2018/01/13(土) 02:23 [ 編集 ]
戦争=絶対ダメ。この考えは思考を停止させるよ。一国で戦争は出来ないんだよ?仕掛けてくる奴がいることをどう思ってんの?自分から戦争を起こすのはダメって言うんならわかるけど、日本は仕掛けないよ?領土を奪おうとしてくる中国、ミサイルで脅しをかけて理不尽を通す北、日本を乗っ取ろうと卑しい画策ばかりの韓国をどう思ってんの?力を持たなきゃ、野蛮なアホ共の餌食のなるだけ。言葉の通じない獣に裸で友好を示しても食い殺されるだけなんですけど?綺麗ごとを言いたい人はぜひ、中韓北に行って言葉の限り「戦争反対!!」を叫んで来てください!
在を滅ぼしたい日本人 #-|2018/01/19(金) 17:16 [ 編集 ]
この作品は1回観たら2回目見る気にならない
せつ子が不憫で胸が締め付けられる、そして涙する
この原作を野坂昭如が書いたのが信じられない
彼の幼少期の経験がバックボーンにあるのだが興味のある人は
ググって欲しい
名無しさん@Pmagazine #-|2018/01/22(月) 05:43 [ 編集 ]
宮崎駿の著者からの引用の最後の文が一番恐ろしいわ。
No Name #-|2018/03/02(金) 02:18 [ 編集 ]
初めまして。
宮崎監督の評文の抜き書きは、もしかして僕が以前youtubeのコメントで紹介したものじゃないかと思いました。引用箇所が同じだったもので。もちろん偶然かもしれませんし、正直どちらでもいいんです。
ただ、おそらく世間ではほとんど知られていないこの恐るべき評文が、こうやって皆さんの目に触れるのはうれしい。
No Name #8iCOsRG2|2018/04/10(火) 14:24 [ 編集 ]
これ見たら日本人って冷たいな、大人って冷たいって思うよね。そう思わせるようにつくってるなと、大人になって観て感じた。そこが残念。
No Name #-|2018/04/14(土) 12:35 [ 編集 ]
初見は公開翌年のテレビ放送だったが映画を見て初めて泣いたな。
悟られないように泣いてた姉を茶化して誤摩化した記憶がある。
あの頃のお盆は終戦ドラマや残留孤児の尋ね人みたいな放送もあって今よりずっと昔戦争があった事を意識させられていた。
宮崎駿も気付いているがこの映画は悲しいだけの反戦ドラマじゃない事が大人になってわかって高畑勲が恐ろしくなった。
No Name #-|2018/04/24(火) 18:11 [ 編集 ]
何度も見返した外人って凄いなって思う
私は二度と見る気がしない
トラウマだよ
名無し #-|2018/06/08(金) 17:09 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/tb.php/196-e6225e01

次回更新


次回更新は2018年6月22日(金)です

人気記事

サイト内検索


最新記事一覧

アメリカのシェフたちを驚愕させたメイド・イン・ジャパンの包丁「旬」。その驚くべき切れ味とは?【海外の反応・レビュー翻訳】 Jun 15, 2018
「ポッキーがやめらない。違法にすべきだ!」日本のお菓子にハマったアメリカ人たちの色々な声を翻訳しました 【海外の反応・レビュー翻訳】 Jun 01, 2018
海外「ウルトラマンこそ本物のヒーローだ!」初代ウルトラマンを懐かしむ米国人の声を集めました。【海外の反応・レビュー翻訳】 May 25, 2018
外国人の疑問「日本語と中国語では、どちらのほうが難しいの?」【海外の反応】 May 11, 2018
日本語の難易度はどの程度?外国人たちが日本語学習にかけた時間の長さについて語り合う 【海外の反応】 Apr 27, 2018
「これなしの生活は考えられない!」 世界シェアNo.1のサロンパスはアメリカでも人気商品だった! 【海外の反応・レビュー翻訳】 Apr 13, 2018
G-SHOCKを愛用する米国人たちの声を聞いてみよう! 【海外の反応・レビュー翻訳】 Apr 06, 2018
全米をヤケドさせた? 象印製水筒の保温力に驚くアメリカ人続出! 【海外の反応・レビュー翻訳】 Mar 30, 2018
海外の人々は、映画「バトル・ロワイアル」を観て何を感じたのか 【海外の反応・レビュー翻訳】 Mar 16, 2018
「これなしでは暮らせない…。」 足を温める使い捨てカイロが海外で大人気!【海外の反応・レビュー翻訳】 Mar 09, 2018

カテゴリ一覧

お知らせ



相互リンク・RSS募集中です!

詳しくはこちらへ↓
 このブログについて

管理人への連絡ご希望の方はこちらの
メールフォーム
からお願い致します。




_

リンク

このブログをリンクに追加する

逆アクセスランキング

RSSリンクの表示

QRコード

QR


 |  日本の食事 | 日本製品 | 日本文化 | スタジオジブリ関連 | 日本の映像作品 | 日本の観光地・宿泊施設 | 日本人アスリート | ゲーム:任天堂 | ゲーム:ソニー | ゲーム:他ハード | ゲーム業界 | 未分類 | 当ブログについて | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 超訳コネクト
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
アクセスランキング