日本文化に対する外国人の反応を翻訳してお届けしています。超訳で世界と繋がろう!

超訳コネクト
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/
海外反応系ブログ 最新記事




【更新再開】 ラーメン大好きなアメリカ人たちの、リアルな感想を聞いてみよう 【レビュー翻訳】

2017/03/29 12:00|日本の食事TB:0CM:26

170203_01.jpg


 お久しぶりです。また、毎週更新していきますね。どうぞ、よろしくお願い致します。

 さて、日本のラーメンが、アメリカでも東海岸や西海岸の大都市を中心に大人気になっているのは、皆様もすでにご存知のとおりです。では、ラーメンを食べたアメリカ人は具体的にラーメンのどこが好きで、どんな風に楽しんでいるのでしょうか?アメリカで営業中のラーメン店に対するレビューを翻訳して、ラーメン好きなアメリカ人のリアルな声を皆さんにお届けしようと思います。

 今回、レビュー翻訳したお店は、カリフォルニア州サンタクララで超人気のラーメン店「俺ん家ラーメン」です。
 
 サンタクララといえば、世界的に有名なIT企業のオフィスが立ち並ぶ、シリコンバレーを構成する街の一つです。シリコンバレーは高額所得者が多いため、物価が高いことでも有名ですね。こうした土地柄を反映してか、「俺ん家ラーメン」の料金も、とんこつラーメン一杯10.5ドル(約1,160円)と、少々お高めになっています。しかし、それでも連日長蛇の列ができるほど高い人気を誇るのが、このお店のスゴいところです。レビューサイトYelpに投稿された「俺ん家ラーメン」のレビュー数も4,482件(2017年3月28日現在)と、凄まじい数です。レビューの内訳は下図のようになっています。


170203_02b.jpg


↓では、ラーメン好きアメリカ人のリアルな声をお聞き下さい。  翻訳元: yelp







● 女性 カリフォルニア州 サンノゼ
評価:★★★★★

 俺ん家ラーメンには30回以上通いましたが、レビューを書くのは今回が初めてです。ようやく私は、自分がラーメン中毒になっていることを受け入れられるようになりました。そう、私は問題を抱えています。ですが、この中毒症状と、どうにかうまく折り合えるようにもなりましたので、この件をオープンにしたいと思います。

 私が、この天国から来た食べ物と初めて出会ったのは、2010年12月の寒い日のことでした。それ以来、私は俺ん家ラーメンに行くのを止められなくなりました。3日連続で通ったこともあります。最初は付き合ってくれた仲の良い友人たちも、さすがに飽きて、もう一緒に行ってくれなくなりました。そこで、私は一緒に俺ん家ラーメンに行ってくれる人を見つけるために、アドレス帳を漁り、しばらく会ってない人にまで連絡を取るようになりました。ついに一人でカウンターに座ってラーメンを食べている自分の姿に気づいた時、私は自分が問題を抱えていることを自覚したんです。どうにか、今の状態から抜け出そうと決心しました。
 
 それから今日までの1ヶ月間、誇りと共にお伝えしますが、私は一度も俺ん家ラーメンに行ってません。この俺ん家ラーメンと呼ばれるドラッグについて警告を発すると共に、同じ症状に苦しむ他の皆さんに、私の経験を参考にして頂ければと思って、この文章を書きました。しかし、リスクを承知で、あえて行ってみようという方は、どうかラーメン以外に唐揚げも注文して下さい。そして、スパイシーオレンジソースも追加しましょう。
 
 ここが最高のラーメンハウスであること、それ自体は間違いないのです。






170203_07.jpg





● 男性 カリフォルニア州 サンノゼ
評価:★★★★★

 僕が日本のラーメンにハマってしまったのは、比較的最近のことだ。今は週に2回か、少なくとも1回はラーメンを食べないと死んでしまう。少々大げさに聞こえるかもしれないが、これは事実だ。俺ん家ラーメンにはオープン当初から通っているが、いまだに、ここに行くのを止められない。

 待ち時間が長いから、俺ん家ラーメンには、左隣の店を買い取ってもらって、もっと店のスペースを広げてほしいと、切に願う。ラーメンのスープの香りが漂う店の前で、30分から1時間待つのは辛いんだよね。右隣には子供向けの教育施設があるんだが、これも買い取って、さらに店を広くしてもらいたい。子供たちには申し訳ないが、うん、君らなら、どこでだって学べるはずだ。ラーメンを楽しむ事の方が、優先順位は明らかに上のはずだからね。


170203_11.jpg


 この店では3種類のラーメンを選べる。塩ラーメン、しょうゆラーメン、そして俺ん家ラーメン(とんこつ)だ。僕が一番好きなのは、もちろん、俺ん家ラーメンだ。皆が言っている通り、味わいのバランスの良さが群を抜いているからね。みんなが知っている普通のとんこつスープと比べて、濃厚さは弱めだが、味わいにはしっかりとした深みがある。注文する時に、スープを「脂肪分少なめで」と頼むこともできる。スープは事前に作られているはずだから、実際に脂肪分が少なめになっているかどうかは分からない。だけど、それがどうしたっていうんだい? そんなふうに注文することで、とんこつラーメンを食べる時の罪悪感が薄れるんだから、それでいいじゃないか。それに、カロリーを減らした代わりに、前菜として唐揚げを頼んでも良いんじゃないか?という気持ちにもなれるしね。普通、何も対策を取らず、ただ豚の脂肪とフライドチキン風の料理を一緒に食べようなんていう気にはならないだろう?
 
 塩ラーメンと醤油ラーメンも素晴らしいよ。少し軽めの味が良いな、と思う時に注文するといいね。サイドメニューだって、ラーメンと同様に美味しいよ。僕が頼んだことのあるものは、鶏の唐揚げ、じゃがいものコロッケ、ゲソ唐揚げ、フレンチフライなどだ。絶対に注文するべきなのは、鶏の唐揚げだね。衣の食感が、実に素晴らしいんだ。油っこすぎることも、重すぎることもないしね。じゃがいものコロッケには、野菜が色々入っているんだけど、そのおかげで、あれほど良い味になってるんじゃないかなあと思うよ。それから、ラーメンに入っているのと同じクラック(麻薬)も混ぜ込んであるんじゃないかな。いや、これはジョークだから。


170203_03.jpg


 ゲソ唐揚げを好まない人は多いようだけど、僕は大好きだ。完璧なまで柔らかく仕上がっているし、ソースがピリッとした刺激も加えてくれる。フレンチフライには、日本のマヨネーズがたっぷりかかっていて、「踊る魚のフレーク」として有名なカツオ節もたっぷりまぶしてある。もし興味があるなら、このフレンチフライも試してほしい。僕はそれほどでもないけれど、僕の友達は相当ハマっているね。
 
 ラーメンの料金が高いと文句を言う人も多いけれど、僕としてはリーズナブルだと思うよ。他のラーメン店、例えば「ハル」や「カタナヤ」、「サンタラーメン」なんかも同じような価格帯だし、追加料金を払わなければ玉子を入れてくれないところだってあるじゃないか。一風堂(ニューヨーク)なんて、ラーメン1杯15ドル(約1,660円)もする上に、大陸を横断しない限りは、ありつくことすら出来ないわけだしね。

 ただ、待ち時間が長いのは確かだから、退屈しのぎのためにiPhoneやiPad、ゴシップ雑誌などは持っていった方がいいね。僕が列に並んでいるのを見かけたら、声をかけてくれよ。どのメニューが好きか、どの店員が魅力的か等々、色々議論しようぜ。それから、僕は数え切れないほどこの店に通ったわけだけど、サービスは常に素晴らしかったよ。料理が5つ星なのはもちろんだけど、サービスだって5つ星だ。これ以上は望めないほどだね。

P.S. もし金曜の午後8時頃、この店に行って、順番待ちのリストに僕の名前が無かったら、書き込んでおいてくれると助かるね。頼んだよ!






170203_04.jpg




● 男性 カリフォルニア州 サンノゼ
評価:★★★★★

 こんな風に言わなきゃならないのはイヤなんだが、また日本人に感心させられてしまったよ!真面目な話、僕はこの店を愛してる。そして、店中に貼られている見事なビールのポスターもね!

 本題に入ろう。この店には親友のライアンと来た。僕らは二人とも、ちょっとラーメンでも食べてみようかという気分だったから…。いや、素直にラーメン最高と思ってたから、と言うべきかな。僕らが店に近づくと、そこにはたくさんの人が順番待ちをしていた。その時は気付かなかったが、長時間待つ人のために、順番待ちのリストがあった。ここに自分の名前を書き込んでおけば良かったようだ。その後、僕らの前の行列は少しずつ減っていき、どうにか店に入れた時は、感極まって、ライアンとお互いに潤んだ目で見つめ合ったものだ。
 
 店に入って気づいたんだが、ここは店とお客との関係が最高に素晴らしい。僕がこれまで経験した中でも一番だ。「お客へのサービス」じゃなくて、「お客との関係」と表現したのは、単にサービスが良いということだけじゃなくて、彼らがシンプルかつプロフェッショナルな客との繋がりを持とうと、真剣に努力している事が分かったからだ。具体的に、どうやっているのかって? 彼らは、実に見事に客のレベルに合わせているんだ。決して、客を見下したりしないし、紙とペンを手にしながらイヤミったらしい事を言ったりもしない。客の目線まで降りてきた上で、客が何を求めているかをシンプルに聞き出している。そのやり方があまりに見事だったので、僕は本当に驚かされたというわけだ。

 さて、ラーメン中毒者の僕が頼んだのは、当然ながら大盛りの俺ん家ラーメンだ。これが、実に美味かった!スープは、僕がコショウをかけすぎてしまったにもかかわらず、完全無欠に近い味だ。そして半熟卵は、控えめに言っても、とびきり上出来だ。そして料金は、こちらの受け取ったものと比べれば、格安と言っていいだろう。素晴らしい雰囲気、客への尊敬を込めた最上のサービス、ずば抜けて旨いラーメン、そして、楽しいポスターと比べればね!






170203_05.jpg




● 男性 カリフォルニア州モントレー
評価:★★★★★

 ああ、俺ん家ラーメンの半熟煮卵よ、どうして今まで君に巡り合えなかったんだろう?ラーメンの丼に入っているこの煮玉子のおかげで、僕が今まで食べてきた茹で玉子は、どれも怠惰なコックによる失敗作だった事に気づかされてしまったよ。

 僕がこの店に来たのは、友人が書いたレビューを読んだからだ。彼のレビューには、「オーガズム」という言葉が記されていた。そんなわけで、僕は、期待をふくらませて俺ん家ラーメンの店に行った。僕と連れが注文したのは俺ん家ラーメンとサッポロビール。そのラーメンは、僕の大きすぎる期待にも、見事に応えてくれた。本当に、とってもとっても美味しかったんだよ。次に行くときは、他のメニューにも挑戦してみたいね。もちろん、美味しいラーメンも、もっとたくさん食べるつもりだよ。俺ん家ラーメンは、待たされただけの価値が十分ある店だった。これ以上、言葉を重ねても、ただただ退屈なだけだと思う。やっぱり、実際に食べてみなきゃね。

 僕はモンタナで生まれ育ち、ラーメンは山ほど食べてきた。モンタナがどこにあって、周囲からどれほど隔絶された場所であるかを知ってる人なら、どうやって、僕がラーメンにありつけたのか、疑問に思うかも知れないね。そう、残念ながら、モンタナ時代の僕にとって、ラーメンといえば、「トップラーメン」(インスタントラーメン)のバラエティパックだった。僕らは、これに茹で卵を乗せ(ああ、あの当時、半熟煮玉子があればなあ)、そして、冷蔵庫にあるランチミートや刻んだホットドッグなどを放り込んで食べていたものだ。それを考えれば、今は本当に恵まれているね。
 
 こんな風に食べ物の選択肢が限られていたモンタナ時代を過ごした僕にとっては、ほぼすべてのラーメン店が5つ星だ。だから、決してラーメン通ぶるつもりはない。ただ、ここyelp上で尊敬を集めている多くの友達も、この俺ん家ラーメンには5つ星をつけているんだ。僕も凄く満足できた。僕の方からも5つ星を捧げるよ!






170203_06.jpg





● 男性 カリフォルニア州 サンノゼ
評価:★★★★

 店に入った僕は、カウンターの端の席に座った。厨房が見える最高の場所だ。ネットで事前にメニューを読んでいたので、何を注文するかは、すでに決めていたから問題ない。しかし、オーダーを取りに来る前の店員同士の会話を聞いていると、あるスゴい事に気づいた。なんと、彼らは皆日本語をしゃべっていたんだ。日本語だって! おいおい、本気かよ?僕はとても感動した。どうしてかって?僕がこれまで行ったことのある日本料理店のほとんどは、韓国人が経営していた店だったからだ。別に韓国人に反感を抱いているわけじゃない。僕は、ここが本物の日本人が経営している店であることに、ただ驚いたんだ。

 店員1がオーダーを取りに来た。その数秒後には店員2が「注文はお済みですか?」と聞きに来る。次に店員3、彼女は耳の後ろにハートのタトゥーをしている美しい日本のレディーだったが、彼女が同じように聞きにきたところで、僕が頼んだ唐揚げ(フライドチキン)が運ばれてきた。続いて、タコ焼き(オクトパス・ボール)、そして玉子を追加した俺ん家ラーメン大盛りの順番で運ばれてきた。特に唐揚げが来るのは凄く早かった。そして凄く美味い。


170203_08.jpg

 
 この料理にソースは付いてこないが、レモンスライスやスパイシーな唐辛子などが付いてくるので問題はない。ただ、その唐揚げも、たった3つでは前菜として十分な量とまでは言えない。そこへ運ばれてきたのがタコ焼きだ。僕はこの料理が大好きなので、何も考えず、ホイホイと口の中に放り込む。出来たてでアツアツの料理を、そんな急いで食べちゃダメだと言う人もいるだろうが、僕は気にしない。いつだって素晴らしい味がする料理だからね。これにはソースがかかっていて、何かを削ったものがまぶされている。1人前の量は6個なので、これだけで満足できる量じゃないけど、さっきの唐揚げに加えて、このタコ焼きを食べたことで、少しずつ空腹も満たされてくる。さあ、ここで、ようやくラーメンだ。

 アニメファンならおなじみの「ナルト」に出てくる、あの料理だ。ようやく実物を見ることができた。ここは時間をかけて、ゆっくり味わおうと思う。スープはかなり脂肪分が多く、脂っこいのが一目瞭然だが、味わいは深い。具として入っているのは、豚肉のスライスやタケノコ、海藻、恐ろしく柔らかい玉子(僕は追加注文したので、3つある)、そして筋が多い繊維質で茶色のなにかだ。僕の好きなフォーとは違って、具は、かなりあっさりしている。結局、このラーメンで最高に素晴らしいのはスープと麺のバランスなんだと思った。麺は腰があって、僕好みだ。僕の隣には年配の男性が座っていたんだが、彼の注文したのは、僕と同じラーメンで、僕より7分ほど早く食べ始めていた。ふと気づくと、僕がほとんどラーメンを食べ尽くしていたのに、隣の彼はまた玉子すら食べていないという状態だった。どうやら、僕は3~4分で、ほぼ平らげてしまっていたようだ。もう空腹ではなくなったけど、満腹というほどでもなかったかな。

 帰りに日本語で女性店員にお礼でも言おうかと思っていたけれど、彼女は僕に英語で話しかけてきたので、残念ながら、僕の国際通ぶりをアピールすることはできなかった。まとめると、この店は素晴らしい。ただ、待ち時間が長いのは困るね。料理は待つだけの価値があるものだったけど、待ち時間そのものには、なんの価値もないんだから。

 




170203_09.jpg




● 男性 カリフォルニア州 サンタクララ
評価:★★

 非常に美味しいラーメンだということは認めよう。でも、待ち時間の長さは論外だ。僕らは何度かここで夕食をとったが、待ち時間は45分から1時間半もかかってしまう。ああ、もちろん、人気のあるレストランなら待ち時間が長いのは当然だ。でも、空いている席がいくつかあるのに待たされたことだってあるんだよ。それに、ここはサウスベイだ。同じくらい美味いラーメン屋は他にもある(例えばKotetsuやSantoukaだ)。だから、何も考えずここの列に並ぶという、まるでレミングねずみのような行動は取るべきじゃないと思うね。




● 女性 カリフォルニア州 オークランド
評価:★★★★★

 ボーイフレンドと私、それに友人2人も加わって、4人でサンフランシスコから俺ん家ラーメンまで行くことにしました。この段階で、友人達は、車で45分もかかることを分かっていません。途中でそのことに気づいた友人達は、案の定、文句を言い始めました。到着したのは午後7時頃で、お店は満員です。お腹をすかせた友人たちは、行列に並ぶ必要があることを知って、さらに不機嫌になりました。ただし、待ち時間はそれほど長くなかったので、比較的すぐにお店に入ることが出来ました。ようやく席に着き、ラーメンが運ばれてきた時、

友人1「これだけ待たされたんだから、それだけの価値があることを願うよ。」
友人2「あれだけ長くドライブしたんだから、美味いものだといいんだけど。」
私「黙って食べなさい。フフフ。」

 友人1が、まずスープから飲み始めています。彼の目がみるみる輝き出したのを、私は見逃しませんでした。友人2は、すでに一心不乱にラーメンを食べています。私は二人に向かって「どう?待っただけの値打ちはあったかしら?」と問いかけてみました。友人1は「ちょっと待って。麺の方も食べさせて。」と言い、友人2は返事をせず、こちらを見ようとさえせず、ただただラーメンを食べることに没頭しています。

 結局、二人とも大満足してくれました。友人1は持ち帰り用のメニューはないかと店員さんに聞いていましたが、残念ながら、このお店に、お持ち帰り用のラーメンはありません。つまり、もう一度味わいたければ、もう一度、ここに来るしかないってことなのよ!そして、今日の教訓は「二度と私を疑ったりしてはダメ」ってこと。分かった?ハッハッハ!






170203_10.jpg




● 男性 カリフォルニア州ミルピタス
評価:★★★★★

 俺ん家ラーメンは、最高のラーメンだ。疑う人たちは周りの誰かに聞いて回るといいよ。僕は、yelpでやたら褒められているこの店に、ついに行ってきた。20~30分は待たされるという話だったから、この店に行ったのは平日だ。俺ん家ラーメンのそばまで来て、その立地に驚いた。ちょっと買い手を見つけるのも難しそうなほど古臭いショッピングセンターの中にあったからだ。俺ん家ラーメンは、その安っぽい建物の真中あたりにあるんだが、その周りだけは活気があった。旨いラーメンで乾いた口を潤そうとして押し寄せてきた、たくさんの人々が並んでいたからだ。

 僕は自分の順番が来るまで、ジッと待ち続けた。20~30分くらいだろうか、いや、40~45分くらいだったかもしれない。だからと言って、旨いものを作ってくれる店に文句は言えないし、旨いものを期待して並んでいる人たちにも、彼らが悪いことをしてるわけじゃないから、何も言えない。これまで色んな店に行ったもんだが、ラーメンを食べるために30~40分も行列しなきゃならない店は初めてだ。並んでいる人たちの話し声が耳に入ってくる。みんな、自分がいかにここのラーメンを食べたがっているかを語っていた。「あの玉子を食べるのが待ちきれないよ。」とか「半熟の黄身が口の中にあふれる瞬間が最高だね。」、あるいは「ここの麺は手打ちで、作りたてのものを出してくれるんだよ。」といった話だ。それを聞いていると、こちらの期待も高まってくる。僕は早く自分の順番が来ることを願った。そして、ついに僕達の番だ。ようやく店に入って席に座ることができた。
 
 俺ん家ラーメンの中はとても清潔で、日本スタイルの内装だ。サービスもかなり良くて、店員はフレンドリーだった。まずは、前菜として鶏の唐揚げを頼むことにする。すごく腹が減ってたし、それにyelpでおすすめメニューとして紹介されてたからね。この鶏の唐揚げは、本当に旨い!外側は上品でサクッとしているんだが、中は見事にジューシーだった。テーブルにあった唐辛子のパウダーを振りかけると、さらに旨く感じた。

 そしてラーメンだが、ここに来るのは初めてだから、皆がお勧めしていたとんこつラーメンを頼んでみる。注文してからラーメンが届くまでは、とてもスピーディだ。さあ、ようやく待ちかねたラーメンの登場だ。ただ、最初に目の前のラーメンを見た時は、「こんなものの為に長い間待たされたのか?単なる麺の入ったボウルに見えるんだが?」と、そんな風に感じた。でも、食べてみると、まるっきり印象は変わった。Yelpに書かれていた「ヨダレが出るほど美味しいスープ」、「完璧に調理された玉子」といった内容が、全部事実だったことをハッキリ実感できたんだ。ラーメンを全て平らげる頃には、yelpで友だちになった女性が書いていた「このラーメンはクラック(麻薬)よ!」という言葉まで真実であることが実感できた。誰に何を言われようとも、必ずまたここに戻ってきて、このラーメンを食べたいと思う。ここの玉子は本当に最高だったから、次回は玉子をもう一つ追加しよう。

 この店には、待たされるだけの値打ちがある。激賞されるだけの値打ちがある。そして、yelpの友人達の言葉にも、信ずるだけの値打ちが確かにあった。






170203_13.jpg




● 男性 カリフォルニア州 サンフランシスコ
評価:★★★★★

 私はいつの日かサウスベイで最高の、いや、アメリカで最高のラーメンハウスに出会いたいと願い続けてきた。そして、俺ん家ラーメンこそが、その店なのだ。ここはまさに、子供の頃から私が夢に見続けてきたレストランだ。今や十分な大人になった私だが、この店より深く敬意を払われるべき店は他にないと思う。Yelpが6点満点であれば、喜んで俺ん家ラーメンに6つ星を進呈したい。まさに伝説的なレストランだった。では、この見事なレストランで体験したことをお話しさせていただこう。

 午後8時、私は友人達と共に俺ん家ラーメンに到着した。店内の活気ある雰囲気は、店の外にも伝わってきた。そして、よだれの出そうなラーメンの良い香りが漂ってくる。何もかも理想的に見えた。空腹感が増してくる。店内に入ると、木製の椅子、木製のテーブルが置かれ、日本式に美しく飾られていた。中世の日本に足を踏み入れたかのようだ。そして、従業員はすべて日本人だ。その全員が「イラッシャイマセ!」と出迎えてくれた。非常に歓迎されているようだ。私は、自分が村を守ったラストサムライで、腕には奪い返した姫を抱き、もう片方の手には敵の血がついた刀を持ち、悠然と帰ってきたかのような気持ちになった。
 
 席が空くのを店内で待っていると、ラーメンの美味しそうな香りが、もう鼻に染み込んでくるかのようだ。突如、店内の照明が消えた。「停電か?おいおい頼むよ、こっちは腹ペコなんだけどな…。」と困惑していると、カチッと音がして、すぐに明かりがついた。明るくなると、ニコニコと笑った日本人従業員たち大勢が、あるお客たちを取り囲んでいる。友人と私は驚いた。すると「ヘーピ・バーフデイ・トゥー・ユー」と、従業員一同による手拍子つきのサプライズ・バースデーソングが始まったのだ。残念ながら、発音やアクセントは酷いものだったが、これまで見たことがないほどエネルギッシュな歌いっぷりでもあった。100%のジャパニーズアクセントだが、100%心を込めて歌っている。

 実に素晴らしかった。お客たちは、たちまち魅了されてしまったし、それは私も同じだった。まだ肝心のラーメンを一口も食べてない段階ではあったが、私は友人に「この店は5つ星、いや6つ星だぞ。」と囁いた。店内では、皆がスタンディングオベーションしている。映画やビデオゲーム、アニメなどではよくお目にかかる光景だったが、実際に体験するのは初めてだ。貴重な体験ができた。私は、この時すでに、この店の魅力に引き込まれていたようだ。

 さて、従業員一同によるパフォーマンスから10分後、我々は席に着くことができた。メニューを眺めた私は「ナルト:魚肉」と書かれているのを発見した。さらに、「メンマ:タケノコ」の記述も。そう、私は大のナルト(アニメ)ファンなのだ!ナルトとメンマが実際にあるなんて…。もはや現実のこととは思えなかった。私のアニメライフとリアルライフがシンクロし始めたのだ…。ナルトオタクなら御存知の通り、主人公のうずまきナルトは、大のラーメンファンだ。そして、メンマという登場人物もいる。ナルトとメンマがメニューに載っていると気づいた時、私の顔は、瞬時に満面の笑みに変わった。そして、俺ん家ラーメンを注文し、ナルトとメンマも追加した。いや、むしろ、これを追加しない理由があるだろうか?

 ラーメンが運ばれてきた。見た目は完璧だ。実に絵になる。アニメで見た通りだ。麺以外に、薄切りの豚肉、中が半熟の玉子、海藻、そしてナルトとメンマが盛り付けられている。見ているだけでは我慢できなくなったので、大声で「イカデキマス!(原文ママ)」と叫んでから、私はラーメンを食べ始めた。味の良さは、見た目の良さをはるかに上回っていた。なんとも完璧なスープだ。決して濃すぎず、薄すぎず、見事なバランスの良さで、麺との相性もバッチリだ。そして、色んな味わいが凝縮されている。不要な要素がどこにもない。ウェブサイトで読んだ通りで、全く誇張がない。ここのシェフが刀鍛冶なら、素晴らしい名刀を作り出したに違いない。このラーメンは、私が過去に経験した中で、最も味わい深い料理と言っていいだろう。実に美味かった。

 ラーメンを味わっている15分間は、誰もが沈黙していた。頭を上げて話をする気になどならなかった。それほど美味かったのだ。そして、ラーメンが全て私の胃に移動し切った時、ちょうど私は満腹になっていた。デザートを食べる余地など、どこにも残ってない。量のバランスまでもが絶妙だ。私は感心した。ダイエットを休んだ甲斐があったというものだ。たった10.5ドル(約1,160円)+サイドメニュー代だけでここまで満足できるとは、実に素晴らしい料理だ。


170203_12.jpg

 
 俺ん家ラーメンは、料理の美味しさ、バランスの良さ、店員の愛想の良さ、食べ終えた後の幸福感など、レストランに求める要素を全て満たしてくれた。そして、店全体で歓迎してくれた時、日本語のアクセントで心を込めてハッピーバースデーを歌ってくれた時、泣くほど美味しいラーメンを食べた時、それら全ての瞬間を楽しませてもらった。実に素晴らしい、実にフレンドリーなレストランだ。あれほど人気があって、あれほど長い行列ができるのも無理はない。私は、この店にすっかり心を奪われてしまった。間違いなく、いつかまた足を運ぶことになるだろう。正直に言えば、すでに今の段階で、もう行きたくてたまらないのだが…。


(翻訳終わり)

みんみんのとろけるチャーシュー300g
みんみんのとろけるチャーシュー300g

\ 1,198(2017/3/14現在の価格)

おすすめ度の平均: 4.5
5とても美味しかったので即リピしました!!
5とろけるチャーシュー
5味は最高級!!
4本格的ではあります
4こういう味が近くのスーパーにもあればいいのに…



管理人より:最後まで読んで下さった皆さん、ありがとうございました。そして、コメントを投稿して下さった皆さんも、ありがとうございます。前回の更新は4年前だったのに、覚えて下さった方もいらして、驚きました。また来週4月6日(木曜日)に新しい記事をアップします。ツイッターで更新情報をお知らせしていますので、よかったらフォローして下さいね。↓





Twitterで更新情報をお届けしています。



コメント
面白かった。また、映画のレビューなんかも頼むよ!
No Name #-|2017/03/29(水) 12:44 [ 編集 ]
以前と同じ雰囲気で嬉しかったです。ジブリ映画のレビュー翻訳も、お願いしますね。
No Name #-|2017/03/29(水) 12:58 [ 編集 ]
ナルト経由でラーメン好きになる外国人って、やっぱり多いんだね。
No Name #-|2017/03/29(水) 14:34 [ 編集 ]
面白かったラーメンはもはや日本の料理やね
(可能ならスマホ用のページを作ってほしいです)
No Name #-|2017/03/29(水) 15:14 [ 編集 ]
スマホのページあったわすまんな
No Name #-|2017/03/29(水) 15:15 [ 編集 ]
「いかできます」に和んだわーw
No Name #-|2017/03/29(水) 15:37 [ 編集 ]
これを待ってたんだよ!
面白かった。
名無し #-|2017/03/29(水) 17:54 [ 編集 ]
他の海外反応系にくらべて、
読み応えあるのと訳が丁寧、誤変換が無いのが良い
No Name #-|2017/03/29(水) 20:54 [ 編集 ]
海外のレビューやっぱり面白いw
翻訳ありがとうございます
No Name #-|2017/03/29(水) 23:19 [ 編集 ]
いきなりの再開びっくりしたーwww
楽しませてもらってます!
No Name #-|2017/03/29(水) 23:53 [ 編集 ]
日本語が変なサイトやまともな訳が少ないサイトが多い中、凄く充実した読む価値ありの内容。
   #-|2017/03/30(木) 05:54 [ 編集 ]
文才溢れるレビューだなコリャ
名無しさん@Pmagazine #-|2017/03/30(木) 19:08 [ 編集 ]
翻訳とはこのくらいしっかりされてるもののほうが面白いわ
管理人さん乙です
No Name #-|2017/03/30(木) 21:40 [ 編集 ]
前に更新されたのいつだったかな、と思ったら4年ぶりか
相変わらず読み応えのある翻訳で面白かった。今度は長く続けてくれることを期待している。
頑張ってくれ
No Name #-|2017/03/30(木) 22:07 [ 編集 ]
外人は皆小説家志望のようだな
No Name #-|2017/03/31(金) 07:53 [ 編集 ]
そうそう、ここのこういう翻訳が見たかったんだよ…

それはそれとして、
「イカデキマス!」が面白かった
実際に声に出すと、外国人の日本語発音でイタダキマスって言ってる感じに聞こえるんだこれ
ナルトのファンだって言ってるから、アニメでの発音を真似た上で独自に日本語に変換した結果なのかな?
No Name #-|2017/03/31(金) 23:16 [ 編集 ]
文才あるな〜〜

原文&翻訳。

ラーメン嫌いな自分でも食べたくなる!!
うぇrちゅい #-|2017/04/01(土) 16:06 [ 編集 ]
いいエントリーですね。このところ安易な翻訳サイトも多い中、ちゃんと自分の記事にしたいものを丁寧に作ってる感じがします。
無理のないペースで更新していただけたらと思います。
No Name #-|2017/04/04(火) 05:08 [ 編集 ]
もう4年も前になるのですか!戻ってきてくれて嬉しい限りです。
ここの翻訳は読むのが本当に楽しかったの。
No Name #-|2017/04/04(火) 09:27 [ 編集 ]
おいらのおんぼろパソコンの15インチスクエアモニターだと画面が全部表示できません^^;
名無しさん@Pmagazine #-|2017/04/04(火) 11:41 [ 編集 ]
> おいらのおんぼろパソコンの15インチスクエアモニターだと画面が全部表示できません^^;

少々、幅を狭くしてみたのですが、いかがでしょうか? ただ、今の私の知識では、これ以上、狭くすることはできませんので、まだダメなら申し訳ありません…。
超訳コネクト管理人 #-|2017/04/04(火) 14:24 [ 編集 ]
再開おめでとうございます!
ブクマしておいてよかった!
No Name #-|2017/04/04(火) 16:13 [ 編集 ]
ホントにアメリカ人のラーメンレビューは面白すぎる!
サイコーです!
あー文章のくせにこの夜食テロっぷりよ
管理人さん、本当にありがとうございました!ヽ(`Д´)ノ
hk #-|2017/04/08(土) 23:07 [ 編集 ]
待ってました!再開うれしいです!
No Name #-|2017/04/11(火) 12:47 [ 編集 ]
ここのファンはオレだけじゃなかったんだな。
4年間、ときどき覗いて「最後の更新」にワクワクしてたよ。
No Name #-|2017/04/13(木) 07:08 [ 編集 ]
「イカデキマス!(原文ママ)」
声出して笑ってしまった
No Name #-|2017/04/18(火) 16:53 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://chouyakuc.blog134.fc2.com/tb.php/177-c3bb44dc





次回更新


次回更新は2017年4月28日です

カテゴリ一覧

サイト内検索


人気記事

ジブリ関係の人気記事

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

外国人の疑問 「日本人は、なぜNoと言わないの?」 海外の反応 Apr 21, 2017
米テキサスで日本人がオープンしたラーメン店が超人気。お客さんの声を翻訳しました。 【海外の反応】 Apr 14, 2017
【海外の反応】 カナダで日本式の居酒屋(大声接客)が大人気。カナダ人の感想を聞いてみよう! 【レビュー翻訳】 Apr 11, 2017
【海外の反応】 「七人の侍」を海外の人々はどう観たか? 【レビュー翻訳】 Apr 06, 2017
【更新再開】 ラーメン大好きなアメリカ人たちの、リアルな感想を聞いてみよう 【レビュー翻訳】 Mar 29, 2017
海外の反応ブログ「超訳コネクト」 更新再開します Mar 28, 2017

お知らせ



相互リンク・RSS募集中です!

詳しくはこちらへ↓
 このブログについて

管理人への連絡ご希望の方はこちらの
メールフォーム
からお願い致します。




_

リンク

このブログをリンクに追加する

逆アクセスランキング

RSSリンクの表示

QRコード

QR

 |  日本の食事 | 日本製品 | 日本文化 | スタジオジブリ関連 | 日本の映像作品 | 日本の観光地・宿泊施設 | 日本人アスリート | ゲーム:任天堂 | ゲーム:ソニー | ゲーム:他ハード | ゲーム業界 | 未分類 | 当ブログについて | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 超訳コネクト
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
アクセスランキング